明治教科書明朝2をデザイン中

明治教科書明朝欧文

当店はカフェですが、文字も作っています。現在新しい明朝体フォントを開発中です。昨年リリースした「FGP明治教科書明朝」の続編です。

欧文に特徴がありまして、一般的なアルファベットとは異なる骨格をデザインしました。特に大文字の「A」などはこれまでの欧文にはない風変わりな意匠となっています。

最終的にはパソコンやスマホでも表示できるようにフォント化するのですが、大元はこのように手書きのレタリングから始まります。この時点で可能な限り精密にレタリングします↓。
平仮名レタリング

レタリングした元画をさらにイラレでトレースしてベジェ化し、なんどもプリントしては検証します↓。
レタリング

明治教科書明朝は通常のテキスト入力で全ての漢字が旧漢字に変換するのが特徴です。一部変体仮名もありますが今回の続編ではさらに難解な変体仮名を盛り込みます。例えば「な」。これは元として参考にしている明治時代前半の教科書ですが現代人には読めない字多し↓。
異体字「な」

これは「ず」。「す」に濁点。元の漢字は「春」です。明治初期の教科書は小学校であってもこんな難解な平仮名が使われていました。一つの平仮名に対して複数の元漢字があるためいくつかのバリエーションが存在しました↓。
異体字「ず」

「し」と「じ」。濁点の有る無しで平仮名のデザインが異なる字などもあります↓。
「し」と「じ」

この時代の教科書の特徴として、合字。どうみても「を」にしか見えませんが実は「こと」↓。
こと

カギカッコみたいな記号は「こと」、モの左に縦線のあるのは「とも」と読みます↓。
こと、とも

これはインクの汚れにも見えますが、「とき」↓。
とき

これは明治初期の教科書の1ページ。明治教科書明朝2のカタカナは現代的ではなく明治期をイメージしたデザインです、横線が基本的には直線。例えば「ニ」などが漢数字の「二」と区別がつかなくなるのでこうしたデザインにはしないと思いますが、あえて明治初期の雰囲気を出すために↓。
明治時代の教科書

「ネ」は「子」が使われていましたが漢字のネ偏(示す偏)的なデザインにしました。「セ」は漢字の「色」の作り的に自己流デザインとして進めています↓。
明治教科書明朝2カタカナ

「FGP明治教科書明朝2」はこの夏リリース予定です。

店のマガジン作りました!

店の本作りました。A5版16頁ミシン製本オールカラー
タイトル:”ザグリマガジン”
サブタイトル:”阿佐ヶ谷にできた小さなカフェ「ザグリ」”
古くて新しい何だか懐かしいお店。

店もこの本も全てがDIY。全商品手作りオリジナルのカフェ。


阿佐ヶ谷カフェ「ザグリ」はカフェですが飲食以外のメニューがたくさんあります。グラフィックデザイン、オーダースタンプ、セミオーダートートバッグ、特殊名刺やカード類の製作、本の出版編集、撮影、ウェブデザイン、組紐,etc…。デザイン事務所や工房としても機能しています。今回店の紹介としてチラシを作ろうとしましたが、実際作り始めると内容がありすぎてとてもA4一枚では収まらなくなったためページもののちょっとした小冊子に。

内容を決めてからデザインして2日で製本まで。もともと何百頁ものの本を全行程自前で執筆から写真撮影&DTPデータ作成まで猛スピードで作ってしまう能力があるため16頁程度の内容なら一瞬でできます。ちなみに写真は全てi-Phone撮影です。

製本はミシン綴じ。糸色は赤、青、黄、黒と試しに色々作りました↓。
小冊子ミシン綴じ

トートバッグの頁。たくさんある自転車のうち一番のお気に入りBROMPTON(ブロンプトン)のカスタムなどもやろうと思っているので少し紹介。このBROMPTONは残っているのがフレームだけというフル改造車です。現在チタン化軽量中↓。
ザグリマガジン

フォントの頁。この小冊子自体全てオリジナルフォントです。他者(社)のフォントは一切使用しておりません。よほどのことがない限り自分のフォントしか使わないデザインを徹底的に何年も続けています。もちろんこのウェブサイトもオリジナルウェブフォント表示。Wordpressプラグインも自前開発↓。
ザグリマガジン「フォント」ページ

組紐の頁。最近アニメの影響なのか組紐がブームだそうです。しかし当店はすでに15年以上も組み続けています。時々組紐の講師の依頼など問い合わせありますが現実的なもののみとりあえず話だけは聞きます。簡易組紐ディスク盤を使っての問い合わせがありますが当店ではおこなっておりません。主に丸台を使っての製作がメインです↓。
ザグリマガジン「組紐のページ」

全部自前でプリント&製本。主に飲食以外の「フォント、スタンプオーダー、トートバッグ、組紐」を注文いただいたお客様などへ進呈する予定です↓。
ミシン綴じしたザグリマガジン

最近の流れとして、iphoneで撮る→インスタにフィルターかけてup→facebookにup→ホームページBLOGにupを全てiphoneで更新スタイルをとっています。