*写真は、店主が手作りした組紐の高台。

ザグリとは?

東京都杉並区阿佐ヶ谷のカフェ「ザグリ珈琲」個人店です。珈琲好きが高じて2016年に店を作り5年目を迎えました。解体から大工工事、配管工事、棚やガラス窓、扉など細かいところまで全部自分で作ってますが人に話すと信じてもらえないほどの独自の意匠を凝らした内装になっています。きちんと記録として残す目的で造作過程はほぼBLOGで全公開してますのでDIYに興味のある方はぜひご覧ください。コンビニには並んでいないような専門性の高いDIY雑誌などからも取材を受けてます。

2021年初夏、入口周りの大幅な改造工事を行いました。
入口扉改装工事完了

店名のザグリ(坐繰り/座繰り)とは、座って繭から糸をたぐりながら糸枠に巻き取ること、木製の歯車の付いた道具のことをさします。また、木材などを貫通させずに穴を空けることもザグリと云ひます。自分の手で何かものを作るという意味をこめて「ザグリ」と名付けました。

ZAGURI

店の設計

店舗自体店主が設計し、大工仕事も全て自身で造作。2016年からのBLOG記事に全てのDIY造作記録しています。

ZAGURI店内図面
店内写真(チタニウムブロンプトン)
7坪の小さな店舗です。

作者について

店長

組紐作家/トートバッグや洋服、仕覆などの製作、焙煎、お菓子作り担当。
組紐の座繰


店主

ただたんにコーヒーが好きなデザイナー/文字関連著者/元はグラフィックデザイナーです。WEBは90年代初期よりデザイン構築しています。今ご覧になっているWEB SITEはWordpressにて全て自身で制作、SEO及びMEO対策は多くのサイトでの実証実績があり、文字、デザイン関連、Joomla!CMS(Contents Management System)などの著書を持ち会員制サイトでは定評があります。珍しいところでは企業のプロダクト製品表示用コーポレートフォントなども手がけ人的時間コストの大幅な削減にも寄与しています。応用としては自店のコーヒー豆袋をオリジナルフォントで判子化しており数十種類の珈琲豆銘柄を販売時にスタンプで選別、テイクアウトカップも連動しています。

90〜00年代までデザイン製作会社などでデザイナー・会社役員、専門学校講師などを経て、大企業のサイトや有名ブランドサイト、ポータルサイトのデザインなどを手がけ、デザインやパッケージなどいくつかのアワード受賞歴があります。00年代WEBの分業化に疑問を感じ、全てワンストップで自己完結するCMS開発型に特化し、2010年に一人でできるワークスタイルにシフトしました。当サイトは基本的に全てi-phoneで編集、日本語WEBフォントプラグインは独自開発でこれまで数多くのWPサイトに導入されています。このようなサイトを必要とする方、WEBサイト構築デザイン承りますので店頭で直接ご相談ください。SEOも含めた提案が可能です。令和三年現在文字の本を執筆するつもりでしたが珈琲に専念したいため先延ばし中。

店主が運営するデザインサイト
フォントグラフィック