2024年07月17日 23:01最新の情報です

温度センサーK熱電対vsPT100

温度センサーK熱電対vsPT100

豆温度など高温を測定する温度センサーについて

温度センサーK熱電対vsPT100の記事です。フジローヤル焙煎機の記事ではセンサー、ギーセンの記事ではプローブと書いていますが、どちらも温度センサーであることに変わりはないです。富士珈機で使われているK熱電対(K-type thermocouple)とギーセンのPT100プローブは、温度計測に使用される2つの一般的なセンサーで、それぞれ異なる原理と特性を持っています。

K熱電対(富士珈機)

  • K熱電対は、2つの異なる金属(一般的にはニッケルクロム合金とニッケルアルミ合金)の接合点に発生する熱電効果を利用して温度を測定します。
  • K熱電対は広い温度範囲(-200°Cから1,370°Cまで)で使用でき、耐久性があります。
  • K熱電対は非常に高い測定精度を持ち、産業および実験環境で使用されます。
  • K熱電対は柔軟性があり、さまざまな形状のプローブに組み込むことができます。

PT100プローブ(ギーセン)

    • PT100プローブは、白金(Pt)の抵抗変化を利用して温度を測定します。
    • PT100プローブは、温度に応じて変化するプラチナの抵抗値を測定し、それによって温度を計算します。
    • PT100プローブは広い温度範囲(-200°Cから850°Cまで)で使用できます。
    • PT100プローブは非常に高い測定精度を持ち、科学研究や産業プロセス制御などの要求の厳しいアプリケーションで使用されます。
    • PT100プローブは直線状の形状をしており、一定の長さの細いプラチナワイヤで構成されています。

したがって、K熱電対は熱電効果を利用して温度を計測し、広い温度範囲で使用できます。一方、PT100プローブはプラチナの抵抗変化を利用して温度を計測し、高い測定精度を持ちます。どちらのセンサーも異なるアプリケーションで使用され、測定範囲や精度の要件に応じて選択されます。

フジとギーセンの豆温度計測まとめ

両方の焙煎機を使っている立場から、生豆に熱を加えての化学変化温度帯を考慮しての正確性ではPT100のギーセンに軍配が上がります。ギーセンではほぼ正確にファーストクラック温度帯が一致します。当店の焙煎教室は専門性の高い内容となっております。

フジ↓
アドバンス焙煎教室

ギーセン↓
ギーセンPT100

PT100プローブはプラチナの抵抗変化を利用して温度を計測するため、非常に高い精度を実現できます。PT100プローブは0.1°Cから0.2°Cの精度を持つことができます。また、PT100プローブは国際規格(IEC 60751)に基づいて製造され、測定の信頼性と一貫性を確保するためにキャリブレーションが行われます。

一方、K熱電対も高い測定精度を持ちますが、PT100プローブよりも精度が若干低いです。K熱電対の測定精度は、1°Cから2°C程度です。ただし、温度範囲やアプリケーションによっては、K熱電対の精度が十分な場合もあります。

したがって、一般的な要求に基づいて精度を比較すると、PT100プローブの方がより正確な温度計測が可能です。ただし、具体的な使用状況や要件によっては、K熱電対でも十分な精度が得られる場合があります。

焙煎教室

error: ザグリ珈琲店のサイト文章は保護されていますのでコピーはできません