阿佐ヶ谷カフェ「ザグリ」プレオープン

5ヶ月以上に渡る店舗工事が完了し、本日11月01日 11:01「ザグリ」がオープン。しかし、まだまだ造作する箇所があるのでプレオープンです。

木材と白を基調とした店内↓。
ザグリ店内

ローアングルにて撮影↓。
ザグリ店内ローアングル

入口。この造作が一番大変でした。ガラス窓は引き戸部分も含めて全部同寸法です。引き戸の転がり具合の調整に素人なりの工夫をしています。90mm角材も含めてガラスも鉄枠も全てネジ留め加工を施しているため外そうと思えば全部外せる構造となっています。ちなみに巣箱と間違えたのかミツバチが工事中ずーっと飛びまわってました↓。
入口

窓7カ所は全て外側13mm(厚み1.6mm)角スモール鉄骨材と内側25mm(厚み4.5mm)平鋼で5mm厚強化硝子でサンドイッチ構造。縦454mm×横460mmサイズでカットした硝子を辺のビス留めを同じ位置にし、窓にビスが映っているような造作をしました。この窓ガラスの工事が一番大変だったかもしれない。一度試作を割ってしまったので再度寸法を1〜2mmづつ小さく調整して発注↓。
窓ガラス

13mm(厚み1.6mm)角スモール鉄骨材を一本づつ切り出しポンチで印をつけてドリルでネジ孔空け↓。
13mm鉄骨角材

内側25mm(厚み4.5mm)平鋼をカットして造作↓。
平鋼

一つの窓あたり外側角材4本、内側鋼4本、一本あたりのネジ孔各4カ所、一つの窓あたり内外32本、計7カ所で合計224本ものビス留め。この間口の工事だけで1ヶ月もかかってしまいました↓。
鉄材カット

レジはいろいろな骨董品を考え中ですがこれは昭和初期頃の機械式。なんと電源使わないのに印字できるという斬新な機械です。ボタンを押すとチーンという音も出ます↓。
昭和時代のレジ

トレイなど細かい調度品も自作です。余った端材を使って無駄なく製作↓。
自作トレイ
自作トレイ

その他店内ほとんどの設備や細かい調度品が自作DIYです。長い月日がかかってしまいましたがまだまだこれから作りたいものがたくさんあるのでとりあえず暫定オープン。