パーツ類の見直し中です。Cレコードのエアロデザインでまとめようとも考えましたが、この車体のベースとなったモールトンFは60年代のデザインです。

そこで同時代のパーツもミックスすることにしました。まずは重要な部群であるブレーキ 。センター止めの60年代スーパーレコードです。
スーパーレコード

フレームやフロントフォークのデザインにはこのブレーキがぴったりです。今まで付けていた90年代ののっぺりしたダブルピポットデザインがどうしても違和感があったため解決。
スーパーレコードフロントブレーキ

そのままでは取り付け不可能なため、6mmアルミシムを介して接続。センターピポットの動くズレも全くなく固定されます。デザインも合います。
スーパーレコード

ブレーキレバーはリデアのアルミ軽量タイプを肉抜き加工しました。
リデアブレーキレバー

シフト台座はポールの黒をアルマイト剥がし&ポリッシュ。ステムはNITTO NJS競輪用。
リデア

色を剥がしたポール台座の止めネジはチタンです。自転車は細部のパーツまで気を使わないとなりません。

ポールの台座

加工前のパーツ。
リデア

パイプユニッシュなどに浸してアルマイト剥がし。
アルマイト剥がし

剥がして黒ずみをサンポール剥がし。
アルマイト剥がし

レバーに孔開け加工後、研磨ポリッシュ。
ポリッシュ

かなり重くはなりますがデザイン優先でcレコシートポストにブルックススワロー。シートクランプは元のデザインよりもかなりカッコよくなったと思います。わずかに見えるシムも黒を剥がしてポリッシュしたためバッチリ合います。

シートポスト

リア変速機はスーパーレコード50thが微妙に低速側がスポークに当たる問題が出ました。

スーパーレコード50th

そこでさらに2世代前のヌーボレコードに。あたりの問題もなく、50thよりもわずかに軽量になり10速も完璧にカバー。雰囲気も合ってます。

ヌーボレコード

肉抜きクランク

続く。

ページ上に戻る