手回しコーヒーミルの電動化

インパクトドライバでコーヒーミル

コーヒー豆を挽く時に皆さんは何をお使いですか?全国の手回しミル愛好家に朗報です。

家庭用だとおそらく手回し式を使っている方が多いかとは思いますが、手回し式は時間がかかるし手が疲れますね。当店でも当初は手回し式にしようか悩みましたがさすがに店では物理的に無理だろうと電動式ミルを使っていますが、難点は冬の今の時期静電気で挽いた豆が散らかってしまうこと。もし停電が起きたら使えなくなることetc..

そこで以前から考えていた手回し式コーヒーミルの電動化を実行。

目的は

・電気のないところでも使える
・手が疲れない
・静電気が起きない

ハリオセラミックコーヒーミル・スケルトン
↑格好はいまいちですがプライベートでも使っているハリオセラミックコーヒーミル・スケルトン手回し式がベストかなとチョイス。しかも新型は豆の飛び散り防止のフタが付いてます。手回し式ですが臼部分がセラミック製なので高速回転でも熱を持たずコーヒー豆に影響を与えません。で本体も丸洗い可。

ハリオセラミックコーヒーミル・スケルトン
↑手回しのハンドルは外します。


↑ハンドルを外した状態。このネジにちょうど合うナットを付けるのです。M6というナットです。

M6ナットとワッシャー類、EHX-10B
↑M6規格の六角ナットとスプリングワッシャー、ワッシャー類。あとはインパクトドライバ用のヘクスセッターという工具を用意。M6のナットを回すための部品です。

コーヒーミルにナット取り付け
↑ミルのネジにナットを取り付けます。しっかり締めるにはレンチやペンチなどの工具が必要かと思います。

コーヒーミルにナット取り付け
↑取り付け完了。ワッシャーとスプリングワッシャーは無くても大丈夫ですがあったほうがぐらつかない。

インパクトドライバでコーヒーミル
↑こんな具合に手動式ミルにヘクスセッターがジョイントされます。

インパクトドライバにヘクスセッター
↑インパクトドライバにヘクスセッター。この製品はナットを回す内部に小さなボールが付いているのでセットする時にカチッとしっかりハマります。付いてない商品もありますが付いてなくてもさほど影響はないです。

インパクトドライバでコーヒーミル
↑インパクトドライバでコーヒーミル完成。


↑こんな感じです。インパクトドライバの無骨なデザインとちょうどバランスが良い。簡単に取り付け&取り外しができるのがミソ。

動画です。

 

手回しコーヒーミルを電動化

↑手回しミルは他の機種でも可能です。手回しハンドルがネジ式でM6などのナットが付けられる製品でないと難しいです。ミルによっては平形だったり、六角形以外だったりします。

製作秘話:当初ラチェット式ドライバで試作していましたがジョイント部分外すのが手間でしたのでインパクトドライバに変更。ホームセンターであらゆる部品を物色してこのパーツの組み合わせがコスト的にもコンパクトさ的にもベストといったところでしょうか。手回し式ミルも一応全ての製品を手にとって調べましたがハリオのセラミックコーヒーミル・スケルトンがベストでした。

阿佐ヶ谷カフェ「ザグリ」店内改装中

阿佐ヶ谷カフェ「ザグリ」の棚

阿佐ヶ谷カフェ「ザグリ」は全てDIYで作りましたが、店内の壁や天井、床は特殊塗料で真っ白に塗ってます。写真スタジオのように定期的に塗らないと汚れが目立ちます。開店してから5回目の床面全塗装。

阿佐ヶ谷カフェ「ザグリ」店内
店内床は艶消し白。白ホリの写真スタジオのように真っ白に仕上げました。

阿佐ヶ谷カフェ「ザグリ」店内
カウンター上天井位置から撮影。床が綺麗。ゴミ一つ落ちていても目立つので常に掃除しています。

阿佐ヶ谷カフェ「ザグリ」のトイレ
キッチンやトイレは艶ありの白塗装で水はけをよくしています。真っ白なのでゴミが見つけやすく掃除がしやすい。

阿佐ヶ谷大雪
東京は珍しく大雪でした。店の前の通りも相当積もりました。

阿佐ヶ谷カフェ「ザグリ」の棚
店内の棚を撤去する予定です。こんな感じで様々なオブジェ的なものが並んでました。

阿佐ヶ谷カフェ「ザグリ」の棚
3日かけて並んでいる機材や書物を撤去。シンプルに盆栽と活版機のみ。

亀のしめ飾り製作中

亀のしめ飾り

正月に向けて亀のしめ飾りの販売を始めました。稲わらの調達やら準備日数を含めると結構な期間がかかっています。指の先位のミニ亀と手のひらからはみ出る位の2種類。

特にミニサイズの方はミドリガメ程度の小ささですのでお供え餅の上に置いたりするのを想定しています。青藁をベースに組み上げています↓。
亀のしめ飾り

数年前地方の農家で作られた亀のしめ飾りを入手する機会がありその精巧な作りから何年もディスプレイとして大切に飾っておいたことがあります。残念ながらその時の造作はなくなってしまったので思い出しながらの製作です↓。
亀のしめ飾り

稲わらは丁寧にパーツごとに分解↓。
稲わら

縄綯いは基本的に右回りで作っています。結構チカラのいる作業です↓。
縄綯い

分解した稲穂と完成した亀のしめ飾り。一体一体手間暇かかっていますが来年の世界平和と幸福祈願を心を込めて組み上げています↓。
亀のしめ飾り

黄金色の稲穂↓。

稲穂

古い日本の伝統工芸の本には草鞋など藁で丁寧に作られた工芸品や民芸品が紹介されていたりしますので店内で並べてディスプレイ↓。

亀のしめ飾り

製作にあたっては、地方の他の職人さんの作った亀のしめ飾りもいくつか入手しました。職人さんはみなさん高齢者ばかりだと聞きます。どれも個性があって興味深いですが、おそらく途絶えてしまう技術でしょうから後世に残すべく真剣に取り組んでおります。当店のしめ飾りは組紐作家の手によるものです。

小さな活版印刷機ローラーベアリング化

小さな活版印刷機改造

学研大人の科学付録「小さな活版印刷機」改造化第二弾です。回らないローラーに不満を感じている人も多いかと思います。そこでローラーをベアリング化することを思いつきました。ベアリングとは、ひと昔前に流行ったハンドスピナーの中に入っている部品のことで中に小さい玉がいっぱい入っていてコロコロ転がってくれます。ベアリングを使うことによって驚くほど滑らかな回転性能が手に入るはずです。

用意する材料はいづれも東急ハンズなどホームセンターで入手可能です。12mm外径1mmtアルミパイプ、6mm外径の鉄軸、内径6mm外径10mmのマイクロベアリング2個、6mm内径アルミストッパー2個、その他板鉛を用意↓。
小さな活版印刷機改造

6mm外径の鉄軸をセットしたところ。これは真鍮でも銅でもステンレスでも良いですが鉄が最適。アルミだと軽すぎるので不適↓。
小さな活版印刷機改造

パーツを仮組みしたところ↓。
小さな活版印刷機改造

仮にセットしたところ。しかしこのままでは赤丸部分のアルミストッパー部品が厚みがありすぎるため本体アーム可動部分に干渉して動かなくなってしまいます↓。
小さな活版印刷機改造

干渉回避のためアルミストッパーは可能な限り薄くなるようヤスリで削ります↓。
小さな活版印刷機改造

イモネジ部分際極限まで薄く削ったストッパー↓。
小さな活版印刷機改造

これが問題の可動干渉部分です。ここまで削ってようやく干渉しなくなりました。0.1ミリ単位の加工精度が要求されます↓。
小さな活版印刷機改造


金属部品カット寸法(精度は重要)

軸やローラーは正確に切らないと駄目です。1ミリでも狂うと動きに影響が出ますので繊細な工作が必要となります。最初適当に作業して失敗しました。導き出した寸法は軸長123mm、アルミローラー長99mm、軸内部には板鉛を巻き、ベアリングが埋没するのを防ぐのと同時にローラー全体の重量アップ。参考までに以下に寸法を記します↓。
小さな活版印刷機改造

完成したマイクロベアリング入りのローラー軸。ストッパーは4ミリ幅まで削ってます。計画通りスムーズに回転してくれます。そして金属はやっぱりいい。オリジナルのプラ製軸に比べてまるで別物です↓。
小さな活版印刷機改造

ローラー軸をセットしたところ。鉛を内蔵しているため適度な重量感もありアルミむき出しのこのままでもスムーズに転がります。前回の記事で書いたバネの強化は必要なくなりました。また、アルミ表面には薄ゴムを貼りますのでインク伸ばし用途としては完璧な仕事をしてくれるはずです↓。
小さな活版印刷機改造

ローラーのアルミ表面に両面テープで薄ゴム(0.5mm厚)を貼って完成。さらに滑らかに回転するようになりだいぶ本物に近づきました。本物はインク伸ばし盤は金属ですしローラーは重量感のあるゴムですのでいくらおもちゃとはいえこのあたりだけでも多少値段は高くなっても良いのでしっかり作って欲しかったです↓。
小さな活版印刷機改造

ゴムは貼ってませんが動いている様子は動画でどうぞ。オリジナルに比べて相当安定した回転になっているのがわかると思います!

ベアリングや軸、アルミパイプなどのパーツ類はいずれも2-300円で買えますが、金属を切ったり、削ったりするには工具が必要です。

前回の改造で使った材料、鉛台座(81mmx111mmx10mm厚)は2,000円位、銅板(100mmx10mmx3mm)は1,200円位、鉄板は300円程度です。

完成した実物は店舗に飾ってあります。結局本体の金額以上の材料費がかかってしまいましたが実際操作してみると違いがわかります。改造に興味のある方はぜひいらしてくださいね。店主がいればコツとか共有できるかもしれません。

活版の大変さ、インクの後始末の大変さ、ある程度の操作方法と構造が理解できた方、希望があればアダナのテキンを使ったワークショップも随時開催中!

小さな活版印刷機改造

大人の科学「小さな活版印刷機」

学研の大人の科学の付録「小さな活版印刷機」を買いました。当初ネットで買おうとしましたがどこも売り切れということで諦めていましたが発売日に近所の本屋で普通に買えました。早速箱を開けたところプラモデル的な感じでした。ちなみに学研の商品を手にするのは小学校の頃の科学と学習以来何十年ぶりかです↓。
大人の科学「小さな活版印刷機」

組み立ては簡単で30分ほどで完了。本物のADANAの活版機と並べるとわかりますがかなり小さい↓。 大人の科学「小さな活版印刷機」

試し刷りしてみましたがやはり本物には敵わず満足な仕上がりは得られませんでした。まず素材がプラスチックで軽すぎるため活版に最低限必要な印圧がかけられませんしインクローラーの辺りが本物に比べてお粗末。また軽すぎるため印刷するとき手で抑えなくてはならず残念な感じです。付録だし値段的なことも考えると、「活版というのはこんなに大変なんだよ」というのを流行りだのなんだのでカッパンカッパンと騒ぐ人向けの啓蒙品として捉えると納得がいきます。


少しでも使えるようにするため改造することにしました。主な改造点は3点です。

1)重量の改造
2)印圧に影響を及ぼすチェース(版部分)の改造
3)インクローラー版の改造

 

まずは(1)の重量です。見た目だけでも重そうな雰囲気を目指し、「塗るだけで金属のような質感」に仕上がる塗料で塗りました。ご覧の通りチープだったプラスチックがまるで本物の鉄のよう↓。大人の科学「小さな活版印刷機」

重厚感は見た目だけにとどまりません。厚さ10mmの鉛に台座を用意。ドリルで螺子孔をあけました↓。
大人の科学「小さな活版印刷機」

四隅を台座に螺子止め。鉄風塗料の見た目の重量感も合間ってこれだけでもずっしり重く高級感も出てきました↓。
大人の科学「小さな活版印刷機」

次に(2)の、印圧をかけるためチェース部分は3mm厚の銅板で作ることにしました。最終的にはレーザー彫刻機で版を作ります。レーザー機用のシリコン版と合わせてちょうど5.5mmの高さになる計算です↓。
大人の科学「小さな活版印刷機」

丸ノコで銅板をカット。小さいので結構大変でした↓。
大人の科学「小さな活版印刷機」

(3)のインクローラー板部分は1mm厚鉄板で作ります。これも丸ノコでカット。店舗を大工工事した時の工具ですが大活躍で、木材でも金属でもバリバリ切れます↓。
大人の科学「小さな活版印刷機」

角のバリをヤスリで削って表面をサンドペーパーで研磨↓。
大人の科学「小さな活版印刷機」

コンパウンドで仕上げ研磨↓。
大人の科学「小さな活版印刷機」

チェース部分とインクローラー台にセットして完成。ローラー台の鉄板の角は時間をかけて丁寧に丸く削ります。またローラーが下から上がってくる時に妨げにならないよう斜め45度に滑らかに仕上げなければなりません。ここまで削るには割と根気がいるでしょう↓。
大人の科学「小さな活版印刷機」

ローラー部分は鉄板の上でインクを伸ばしてくれる予定ですが根本的に小さいのとバネが弱いのか思うようなローラーの滑らかさは得られませんでした。さらなる改造が必要か?↓。
大人の科学「小さな活版印刷機」

重量は1587gですから1.5KGオーバー!ものすごい重量感で高級1眼レフよりも重い↓。
大人の科学「小さな活版印刷機」

オリジナルの状態に比べるとまるで別物。この純銅の輝きと鉄のローラー版、そして鉄風塗料。高級感溢れるミニ活版機の誕生です↓。
大人の科学「小さな活版印刷機」

本物の活版機と銅板印刷機に挟まれてディスプレイ。印刷機もカメラも金属製品ですのでこれでようやく釣り合いが取れた気がします↓。
大人の科学「小さな活版印刷機」

12/19:ベアリング化に続く

木工造作&ブックカフェ

脚立製作中

店内脚立製作中です。

カスタム脚立の完成↓。
脚立

店の前に置きました↓。
脚立

壁の本棚も製作しました↓。
壁の本棚

木工細工で使う螺子はいろんなサイズを使うため効率よく収納↓。
螺子セット

こういう具合に壁に本棚を作りました↓。
壁の本棚

文字の本を置いてみました↓。
タイポグラフィ本棚

狭いながらも500冊以上の本を収容することができました。ほとんどすべて文字に関するタイポグラフィ書籍です。ネットでは公開しませんが超稀少な文化財級の古書もたくさんあります。専用の脚立(有料)を使って閲覧可能なブックカフェでもあります。閲覧希望者は店内で申し出てください。

窓ガラスほぼ完成

ゴムパッキン

カフェの入口を作り始めて1ヶ月近く経ちました。試行錯誤の上ようやく完成に近づきつつある窓ガラス。ガラスや扉は専門業者に頼るのが一般的ですが全部自作中です。強化ガラス発注しいろんな鉄材を使って取り付け中。

13mm角1.6mm厚のスモール角材を刻んで窓フレームを作り、隙き間はゴムを切って貼り付け。

窓一つづつ採寸し、0.5〜2mm単位の誤差を修正しながら採寸↓。
窓採寸

鉄材はそれぞれの窓枠に合わせて0.1mm単位でカット↓。
鉄材切り出し

切り出した鉄材に孔を空けるためポンチで刻印↓。
ポンチで印付け

窓フレームが徐々に出来つつあります↓。
窓フレーム製作中

内側から留めるための平鋼 4.5×25を大量発注。窓枠に合わせて切ってとりつけます↓。
平鋼 4.5x25

高い位置の取り付けも大変ですが低い位置もなかなか大変です↓。
窓枠取り付け中

ガラス窓を作るという最大の難関でしたがほぼ完成です。だいぶおしゃれになってきました!

引き戸の窓ガラス製作

1.6mm厚みの13mm角鉄材

引き戸の窓ガラスの製作ですが、その前に窓枠を作ります。1.6mm厚みの13mm角鉄材を鉄材屋さんから大量発注しました。

電ノコに金属カット用刃を試したりしましたが一番正確に45度の角度で切れたのがベルトソーでした↓。
鉄材をベルトソーでカット

細かい木工作業で大活躍しているバンドソー(ベルトソー)ですが、刃を変えれば鉄材やガラスも切れるという高性能機種です。ベルトソーは比較して買うまで1ヶ月以上も悩みましたがこの機械にして正解でした↓。

45度の角度はこの電ノコ用ガイドをバンドソーに使用↓。

45度にカットした鉄材にネジ用の孔開け、サラ螺子用に円錐ドリルで研磨↓。
鉄材にネジ用孔開け

窓枠の辺に合わせて切り口をディスクグラインダで寸法調整↓。
グラインダーで研磨

こんな具合に鉄材を加工して窓枠として取り付け。微調整が大変でした。何時間もかかってます。これをあと6箇所作る必要があります↓。
鉄材の窓枠

内側から見た図。ここにガラスをはめ込み、内側からなんらかの方法で枠付け。しかし同じ鉄材だとガラスとのスペースが狭すぎてネジ孔にドリルが入らず割ってしまう可能性あり。どうすれば良いか悩み中↓。
窓枠鉄材

大阪のガラス工場から注文していた5mm厚の強化ガラス。ウェブ上でリアルタイムに見積もりと納期、注文ができるのでガラス発注では一番便利でした。以前一度試しに素のガラスを頼んだのですが試験取り付け中に割れてしまったので強化加工でないと危険と判断し、強化ガラスを同じ寸法で7枚発注↓。
強化ガラス

ガラスの辺には専用のスポンジを貼りました。こんな便利な部材は普通の店では売っておらず建材屋さんで発見↓。
ガラスガード

内側からどう留めるかの課題を残したまま今日の作業終了。今回の店作りでは窓ガラス工事が一番大変かもしれない。普通は専門の業者に頼むところなんでしょうがここまで全行程自力でやってきたなら窓も自分で作らないと気が済みません。まず鉄材を正確に伐ることが難しいけど鉄材カットのコツをつかんだので大丈夫です。続く。

引き戸に戸車追加

戸袋カット

戸袋の隙間が空きすぎていて若干建て付けが良くなかったので作り直し中です。天地40mmカット作業。

長尺ですがコンパクトな充電ノコギリのおかげで正確にカット可能。昔の電ノコは死ぬほど恐ろしい全力回転ですが最新型充電ノコは負荷がかかるとストップしたりで安全で取り回しがラク。加工するのが楽しくなるほど高機能。

そして引き戸の開閉をスムーズにするため天面だけでなく、側面にも戸車を増設↓。
戸車追加

溝彫り作業でトリマ大活躍。このトリマもドリルとは桁違いの回転で危険なマシンですがソフトスタートと回転速度変更機能のおかげでラクに精密造作が可能↓。

戸袋部分に側面の戸車が当たるようにし、開閉をスムーズに↓。
戸袋の戸車

以前、柱に取り付けた戸車が小さすぎたので取り替え↓。
柱の戸車

あと、何気にものすごく大変だったのは引き戸の床面レール加工。タイル床面にどうやって固定するか悩んでいました。引き戸用ステンレスレールに空いている孔は3mm位しかないのですがコンクリート用ネジは規定では3.4mmが最小。ここ1ヶ月ほどホームセンターで2回聞いても担当者はわからず仕舞いで建材専門店で聞いたところコンクリ用のネジは3.4mm径が最小なので、ステンレス引き戸レールの孔をドリルで広げているとのこと。なんと不便な仕様なんでしょう。仕方がないので釘をコンクリボンドで埋め込み、レールに沿ってサンダーで研磨するという自己流の細工にしました。下方向にしか負荷はかからないはずなのでこれで完璧です↓。
引き戸レール

戸車を大量に取り付けたことによって適度な重量感のあるスムーズな引き戸が完成。エントランスは重要です。開け閉めの心地よさを追求しています。摩擦部分には最上級の潤滑オイルをつけます。