チョークアート3

阿佐ヶ谷カフェ「ザグリ」の看板

店先の立て看板は毎回チョークで書いてますが雨が降ると消えてしまうので定期的に書き換えています。
阿佐ヶ谷カフェ「ザグリ」の看板

店のロゴ文字は気分によって変えています。欧文でありながら書道のテイストを持つ独自の書体になります。書いている様子を動画で撮ってみました↓。

店内ストリートビュー

謄写版資料

店内がストリートビューで見れるようになりました!

ストリートビュー専門の会社さんが撮影に来た時の様子を少し紹介します。
ストリートビュー撮影魚眼レンズ
円周魚眼のレンズで360度方向を撮影し、

ストリートビュー撮影
液晶モニタで確認。

ストリートビュー撮影機材
特殊な雲台を使うようです。

何日かかかる話でしたが撮影日が6/13で次の日には見れるようになってました。

阿佐ヶ谷のカフェ「ザグリ」のストリートビューを見る

近々、店内改装予定です。棚は廃止するため2018年6月の店内としてストリートビューに記録です。昭和初期〜戦後全盛だった謄写版資料で棚ディスプレイ。人間技とは思えない伝説の名人達の美しくも超絶精密な手書き文字資料で埋め尽くしています。

オーダースタンプ

オーダースタンプ

当店のメニューの一つである「オーダースタンプ」。これまでいくつか注文いただいてまして、基本的にはカタカナでの表記でしたが、この度漢字にも対応しました。

オーダースタンプ

3cm角のシリコンゴムにレーザーで彫刻しますが2ミリ程度の極小サイズの文字の漢字ともなると画数が多いのは物理的に限界があるため、避けてきましたが漢字そのものを簡略化して作ることにより綺麗にスタンプ表示可能です。

オーダースタンプ

高円寺の美容院さんから注文いただきました。「東京都」、「高」の漢字を簡略化し細かいサイズでの押印可能に。

 

オーダースタンプ

美容院の名刺代わりの他、領収書印やショップカードなどでの流用可。

簡略漢字フォント

スタンプ用のデータを詳細に作り込むことにより、下手な活版印刷よりも綺麗なゴム印ができます。フォントそのものから作っている当店独自の商品となっております。

料金のご案内

基本デザインはお任せであれば、

個人経営の店舗さんは1万円+税〜

法人は15,000+税〜

この商品は非常に細かい文字表現となりオリジナルフォントをベースにデザインしているため、持ち込みデザインには対応しておりません。その場合はお見積りとなります。

かき氷取材されました。

中部初雪にLED照明

今年もかき氷をメニュー化します。ソースを考え中でしたが先日CATVから取材されました。
かき氷取材

昨年は「いちご」「抹茶」「巨峰」のかき氷でしたが今年は自家焙煎も始めたので「珈琲」のかき氷です。
自家焙煎珈琲豆

自家焙煎珈琲豆のかき氷
しかし、なかなか思うようなコーヒー味の氷になりませんでしたが試行錯誤を繰り返しながらようやく完成。マンデリンの深煎り豆で作ってまして、しっかりとマンデリンの味がするかき氷になりました。他の品種でも作ろうかと思っています。

いちご
さぬきひめ
今の時期販売されているほぼ全てのいちごの品種を買いました。スカイベリー、とちおとめ、紅ほっぺ、あまおう、さぬきひめなど。

かき氷のいちごソース
じっくり煮詰めてソース作り。

いちごのかき氷
完成したいちごのかき氷。

中部初雪にLED照明
かき氷機は中部コーポレーションの初雪氷削機。1949年に発売されて以来の70年近くも製造されているという超ロングセラーな手動式機械。削り部分と氷部分にLED照明をつけました。鋼の刃は京都産天然砥石で丁寧に削っています。

中部初雪にLED照明
照明をつけることによって氷が宝石のように光輝きます!手回しかき氷機にLEDをつけるなんてうちの店だけでしょうね(笑。

ユーチューブ動画

ゆうやけ市/阿佐ヶ谷2018春

阿佐ヶ谷カフェザグリのゆうやけ市

2018年5月13日(日)は阿佐ヶ谷名物ゆうやけ市。早いもので開店してから一年半、ゆうやけ市参加は4回目になります。ただ天気予報は15時から雨ということだったので前日に塩化ビニールのシートカバーを作っておきました。

当店は年に2回のゆうやけ市の日は入り口前回オープンカフェ仕様になります。メニューはお祭り用の綿あめとグリッチーズメイン。手書き看板は前回はテーブルの前に置きましたが人で隠れてしまうのので今回はテントの軒先に吊るし往来の人からよく見えるようにしました。流石に綿あめもだいぶ慣れてきて綺麗に作れるようになりました。
阿佐ヶ谷カフェザグリのゆうやけ市

正確に天気予報通り15時には降り出した雨。2mx2mの大型ビニールシートのおかげで雨ニモ負ケズ頑張りましたが次第に本降りになってしまい、綿あめは物理的に作ることができなくなったのでお終い。次回の秋のゆうやけ市は晴れて欲しいですね。

珈琲イベントに参加

ノノワコーヒフェスティバルポスター

3月17日(土)、18日(日)、珈琲イベントに参加させていただきました。

JR中央線の東小金井駅にて開催された「nonowacoffeefestival(ノノワコーヒーフェスティバル)」です。主に武蔵野地区の自家焙煎珈琲店、20店ほどが参加しました。

ノノワコーヒーフェスティバルのチラシ

こうしたイベントに参加するのは初めてなため色々と珈琲器具を準備しました。寒いとコーヒーが冷えてしまうためウォーマーとか↓。

ノノワコーヒーフェスティバル

焙煎した珈琲豆を小分けにして販売しました↓。
nonowacoffeefestivalのzaguriブース

ブースの後ろは道路に面していて午前中は寒さでブルブル震えながらの参加↓。

ノノワコーヒーフェスティバル

道路から。東小金井は10年以上前に降りたことがありますが駅が高架化され、新しいテナントが何店も入っていて昔の面影がない。変電所と畑位しかなかったような駅の気がしますがまるで別世界でした↓。

ノノワコーヒーフェスティバル

珈琲のお湯はJET BOIL(ジェットボイル)で沸かしました。お湯沸かし専用のアウトドアシングルガスバーナー。ちょうど珈琲サーバー6杯分、700ccほどを90℃にて抽出。自作の湯温計付きタカヒロドリップポット雫が大活躍↓。

ノノワコーヒーフェスティバル

ノノワコーヒーフェスティバル

2日目はちょうど受付の前。キッチンカーでの参加店もありました。この場所は強風でディスプレイが全部吹っ飛ばされてしまい途中からテントに風避けを張っていただきました↓。

ノノワコーヒーフェスティバル

豆販売用のPOPは1日目よりも賑やか感を出しました。

ノノワコーヒーフェスティバル

初めての出店でしたので反省すべき課題がだいぶありましたが、中央線沿線の方々に阿佐ヶ谷カフェ「ザグリ」の珈琲を知っていただく良い機会だったかと思います。2日で200杯近くの珈琲を販売しましたがほとんどがなんとゲイシャでしたので美味だったかと思います。参加した他のカフェの人たちとも何人か知り合いになれました。

フェスティバルのサイトはこちら↓。
http://nonowacoffeefestival.com/

手回しコーヒーミルの電動化

インパクトドライバでコーヒーミル

コーヒー豆を挽く時に皆さんは何をお使いですか?全国の手回しミル愛好家に朗報です。

家庭用だとおそらく手回し式を使っている方が多いかとは思いますが、手回し式は時間がかかるし手が疲れますね。当店でも当初は手回し式にしようか悩みましたがさすがに店では物理的に無理だろうと電動式ミルを使っていますが、難点は冬の今の時期静電気で挽いた豆が散らかってしまうこと。もし停電が起きたら使えなくなることetc..

そこで以前から考えていた手回し式コーヒーミルの電動化を実行。

目的は

・電気のないところでも使える
・手が疲れない
・静電気が起きない

ハリオセラミックコーヒーミル・スケルトン
↑格好はいまいちですがプライベートでも使っているハリオセラミックコーヒーミル・スケルトン手回し式がベストかなとチョイス。しかも新型は豆の飛び散り防止のフタが付いてます。手回し式ですが臼部分がセラミック製なので高速回転でも熱を持たずコーヒー豆に影響を与えません。で本体も丸洗い可。

ハリオセラミックコーヒーミル・スケルトン
↑手回しのハンドルは外します。


↑ハンドルを外した状態。このネジにちょうど合うナットを付けるのです。M6というナットです。

M6ナットとワッシャー類、EHX-10B
↑M6規格の六角ナットとスプリングワッシャー、ワッシャー類。あとはインパクトドライバ用のヘクスセッターという工具を用意。M6のナットを回すための部品です。

コーヒーミルにナット取り付け
↑ミルのネジにナットを取り付けます。しっかり締めるにはレンチやペンチなどの工具が必要かと思います。

コーヒーミルにナット取り付け
↑取り付け完了。ワッシャーとスプリングワッシャーは無くても大丈夫ですがあったほうがぐらつかない。

インパクトドライバでコーヒーミル
↑こんな具合に手動式ミルにヘクスセッターがジョイントされます。

インパクトドライバにヘクスセッター
↑インパクトドライバにヘクスセッター。この製品はナットを回す内部に小さなボールが付いているのでセットする時にカチッとしっかりハマります。付いてない商品もありますが付いてなくてもさほど影響はないです。

インパクトドライバでコーヒーミル
↑インパクトドライバでコーヒーミル完成。


↑こんな感じです。インパクトドライバの無骨なデザインとちょうどバランスが良い。簡単に取り付け&取り外しができるのがミソ。

動画です。

 

手回しコーヒーミルを電動化

↑手回しミルは他の機種でも可能です。手回しハンドルがネジ式でM6などのナットが付けられる製品でないと難しいです。ミルによっては平形だったり、六角形以外だったりします。

製作秘話:当初ラチェット式ドライバで試作していましたがジョイント部分外すのが手間でしたのでインパクトドライバに変更。ホームセンターであらゆる部品を物色してこのパーツの組み合わせがコスト的にもコンパクトさ的にもベストといったところでしょうか。手回し式ミルも一応全ての製品を手にとって調べましたがハリオのセラミックコーヒーミル・スケルトンがベストでした。

冬限定伊予柑ピールチョコ

愛媛みかん

新しいメニューです。愛媛の伊予柑からピールを作りそれをベースにチョコをからめました。

伊予柑ピールチョコ

蜜柑と一口に言っても様々な種類があります。入手可能な蜜柑類を愛媛から全部取り寄せまして味見↓。

愛媛の蜜柑

切り口も色々↓。

蜜柑の切り口

使うのは蜜柑の実ではなく皮です。実が美味しい蜜柑は皮も美味しいです。細長く切った皮を茹でてアクを取り、煮詰めてから冬のよく晴れた日に丸2日天日干し。結局一番美味しかったのが伊予柑。こんな具合にチョコをからめました(天日干しの写真は撮り忘れたのでまたの機会にアップします)↓。

伊予柑ピールチョコ

大変な手間と時間がかかったスペシャルメニューですので美味しい伊予柑が手に入る今の時期限定です。

柑橘はチョコはよく合いますがコーヒーともよく合います。

インスタ9分割

インスタ9分割

カフェ「ザグリ」では開店当初からインスタを使っています。基本的には店内の内装やメニューなどをiPhoneで撮って投稿しますが、最近画面を9分割してアップしています。

インスタ9分割

当初、他の人が9分割してアップしているのを見てフォトショップでやってるのか結構大変そう、と思っていたら便利なアプリがありました。せっかくなので使い方を紹介したいと思います。

↓まずは分割したい写真を撮ります。
インスタ9分割

アプリはいくつかあるようですが「InstaGrid」というのをつかいました。アプリで写真を読み込むと自動的に分割されます。9分割以外に6分割、4分割も選べるようです。分割画像の下にある右矢印をクリックします↓。
インスタグリッド

すると投稿順の番号が表示されますので1番から押していきます↓。
インスタグリッド

「Instagramにコピー」を押せばあとは通常のインスタの投稿画面同様です。1番から9番まで間違わないようにアップしていきましょう↓。
InstaGrid

被写体によっては水平垂直がきちんと出るような調整をする必要があるので撮るときはその辺りも考慮した方がいいかもしれません。