SOLDOUT!

焙煎機入れ替え検討中につきこのナナハン焙煎機(半熱風式/都市ガス/東日本50hz仕様)をお譲りします。一番重要かと思われる分解掃除の仕方などもレクチャーします。東日本地域で都市ガスが使え、引き取りに来てくれる方限定。故障や不具合、目立つような傷もなく定期的にメンテナンスしてきた外観も内部も綺麗なマシンで塗装のハゲやすいパーツは剥離剤にて綺麗に金属表面仕上げにしてます。

焙煎機はメンテナンスが一番重要です。使い方や分解清掃がわからないと取り扱いの難しい商品のため焙煎指導と分解清掃+詳しい使い方必須でお譲りします。購入後掃除もせずに詰まらせて故障したら中古品が原因だとされるのを防ぐため徹底的に指導します。

750焙煎機図面
焙煎機は設置場所も重要かと思われます。製造元である東京産機(*)の図面に底面ゴム足の位置を実測て追記した紙資料があります。この焙煎機は土台の金属部分が頑丈に作ってありますが最低限ゴム足が乗らないと設置は不可能かと思われます。確実な設置場所の確保のため当店独自の図面です。

繰り返しますが東日本で都市ガス仕様、引き取り限定です。宅急便での送付は不可です。不明点は直接電話または来店してお問い合わせください。興味のある方はお店にいらしていただき実機をご覧になることをお勧めいたします。

ナナハン焙煎機分解
中古品のためメーカーや販売店の一年保証が付いているわけではありません。販売元によると十年使っても壊れないとのことでしたが自分でメンテナンスできるようになれば安心です。このように分解清掃の仕方を徹底的にレクチャーします(所要時間約半日)。

ナナハン焙煎機の釜
釜の内部はこのような構造です。

ナナハン焙煎機のサイクロン内部
サイクロンの内部は特に汚れやすいです。定期的に内部清掃が必須です。

ナナハン焙煎機の釜の蓋
使用していると塗装がハゲたりスレが出てきます。塗装ハゲが起きやすいパーツは剥離剤にて剥がし金属剥き出し仕様にしています。

ナナハン焙煎機の配管
排気管周りもメンテナンス時にどうしても塗装がハゲてしまいますので金属剥き出し仕様にしました。

ナナハン焙煎機
本来はマットブラック塗装ですが鉄のピカピカ仕上げで精悍な顔つき。他のナナハン焙煎機と差別化をはかりたい方に。

ナナハン焙煎機
隅々までメンテナンス清掃しベストコンディションにてお譲りいたします。興味のある方はメールまたは電話にてお願い致します。ただいま検討者が何人かいらっしゃいますが次点候補にて登録致します。

*東京産機とは昭和初期からコーヒー豆焙煎機を作っている由緒ある焙煎機メーカーです。富士珈機とは双璧を成す珈琲機械の製造会社でかつて台湾が日本領だった頃にはNIITAKA(台湾で一番高い山で富士山よりも高い3952m)印として知られた焙煎機でした。2013年に富士珈機の子会社に。