2024年07月17日 21:14最新の情報です

珈琲かき氷/2024

珈琲かき氷/2024

LEDでLight Upされた宝石のような美しい氷。初雪手回し型、鋼の刃にこだわって削っています。アラビカ種とロブスタ種のコーヒー豆を冷たい氷用に配合しザグリ珈琲にしかできないコーヒーシロップを創り出しています。珈琲の応用編としてのメニューです。

かき氷POP

夏限定の珈琲かき氷

当店はかき氷屋ではありません!。自家焙煎珈琲豆店であるザグリ珈琲にしかできないかき氷です。完全予約制とさせていただきます。

予約方法

店内でご予約ください。2024年夏の当店のお客様専用価格は2,000円です。普段から当店で珈琲の利用のあるお客様はインスタメッセージやメールでその旨お伝えください。
当店初めてのお客様はかき氷ページ(3,000円/コーヒー付き)でご予約ください。

お一人様、または二人限定です

ザグリ珈琲かき氷
席が限られています。グループや大人数不可。氷を緩めるためのベストなタイミングが必要です。手回し式で一つ一つ丁寧にじっくり削りますので多少お時間かかります。お二人様の場合提供時間にズレが生じますのでご了承ください。お席の滞在時間は1時間単位ですがアフターで珈琲やコーヒー豆の注文をされる場合は延長可、席の移動をお願いする場合がございます。冷たいかき氷を食した後の世界最高ランクのコーヒーは格別です。大陸別、品種別、精製別に分類したホットコーヒーをお楽しみください!

以下、お断り事項です↓。
・一見で突然来店し予約だけしていくお客様(かき氷マニア向けではなく珈琲好きのお客様向けです)。
・食べるのではなくかき氷SNS投稿目的の方(撮影ばかりしていると融けます)。
・当店のレシピ以外の注文不可(ラムレーズンを退ける、ミルクソースを加減など)。
・ラムレーズンはマイヤーズラムリキュールに漬け込んでいますのでアルコールが含まれます。よってお車の運転の方はご利用できません。お子様も不可です。

かき氷で最も重要なポイント

「氷をかく」という語源。平安時代の古よりかき氷は存在していたらしいです。氷をかく(削る)という部分に重きを置くべき。刃が良ければ天然氷でも純氷でも大した差はありません、と断言できます。
かき氷機の刃
研ぎ澄ませた鋭利な鋼の刃が氷を削ります。京都産の天然砥石で店主自ら研いでいます。
かき氷機の刃

かき氷機をバラし、常に最高の状態を維持。異次元の氷削能力を誇る昭和時代のアナログ機にこだわります。電動ではないため一日の削る量に限りがあります。
かき氷機のメンテナンス

当店では電動ステンレス刃ではなく、あくまで手回しと鋼の刃にこだわります。研いだ刃先の状態は常に顕微鏡でチェック。
かき氷機の鋼の刃

インスタの投稿を見る

ソースは珈琲豆を品種ごとに最適に配合比率を変え、氷に合うよう調合しています。豆自体かなりの量、珈琲3杯の分量の豆と自家製オリジナルミルクソース、ラムレーズンをアクセントに、多層構造でソースの重みで氷が沈まない程度に削っています。フワフワに削りすぎるとNGなためある程度の厚みを持たせています。

創作一例↓。

初めてのお客様はこちらよりご予約ください。

error: ザグリ珈琲店のサイト文章は保護されていますのでコピーはできません