組紐の高台製作その二

組紐の高台

組紐の高台が完成しました。ホゾ加工やザグリ加工が予想以上に大変でしたが無事完了。

組紐の高台
下から見上げるとこういう作りになっています。

組紐の高台
上から見るとこんな感じ。

楔
ホゾ加工の繋ぎ目はそのままだとぐらつくので楔で留めます。5mm厚の桜材を切り出します。

楔
切り出した楔はヤスリで角を丸めます。

ホゾ穴加工
刃先3mmの鑿でホゾ穴加工。

楔加工
ホゾ加工を楔で留めるテスト材料。

ホゾ加工を楔で留める
楔加工試作。

ホゾ部分を楔で留める
本体部材を楔で留める。

組紐の高台
脚部分、柱部分などのホゾ加工接続部分は全て楔にて留めます。高台で組紐を組む時は糸を竹箆で打ち付ける作業を繰り返します。このため骨組みが振動で緩まないようにしっかりと楔で留める必要があるのです。

組紐の高台
レールにかまして横に這わす簗材。

組紐の高台
楔で留めているだけなので特別な工具を使わずともこのように分解、持ち運びが可能です。

高台本体はこれで完成。ほぞ加工など初めての木工でしたが試行錯誤の上できました。次はレールに乗せる細かい駒(汽車)を作る作業です。20個必要なため細かい作業が延々と続きます。

組紐の高台製作その一

ザグリ作業の完了した木材

当店では組紐を組んでいます。組紐の台は何種類かありまして、これまで丸台や角台にて組んでいましたが今後は高台にての製作もする予定で台そのものを自作することにしました。

製作をはじめてから半年が経過し、だんだん形になってきましたので木を切り出して製作している過程を紹介します。店舗のような大きな造作は大まかな部分もありましたがこの作業はかなりの精密加工が要求されました。

組紐の高台の材料
まずは40mm角の杉材を必要な寸法分電ノコで伐り揃えました。

組紐の高台の設計図
組紐の高台の設計図は手書きのメモです。この設計図に沿って木材を切り出しました。

トリマーでのザグリ作業
台のレール部分をかなり長い範囲に渡ってザグる作業はトリマーを使用。まっすぐ彫るために作業台に金折れや木材を組み合わせて1メートル位のガイドを作り正確にトリマーを動かしました。刃先がちょっとでもずれてしまうと失敗なのと木屑の出る量がすごいのと超高速回転のトリマーの爆音で簡単そうに見えますが実は過酷です。

トリマーでの溝彫り
彫った溝の縁は鑿で整えます。

ザグリ作業の完了した木材
レールを彫った木材。

次は各木材の接続部分の細工です。単純に螺子や釘で組み付ければ楽なのですが完成予定の高台は1mほどの立方体とかなり大型でスペースをとります。また、移動する必要性も考慮してコンパクトに分解組み立てができる構造が望ましいため、ホゾ穴での接続用細工です。

ほぞ穴の墨付け
ほぞ穴の墨付けをする必要があるのですが接続箇所がたくさんあり、同じ寸法で一つ一つ木材に印を付けるのは大変なのと0.5mmの狂いも許されないのでトレーシングペーパーにプリントしてスプレーノリで貼り付けました。

マルチツールでほぞ穴加工
ホゾ穴加工はトリマーではなくマルチツールを使いました。ただ、マルチツール自体も水平垂直に精密に動かすのは至難の技なので、水平垂直にスライドする専用の治具を作りました。木材や金折れを工夫し、0.3mm厚のアルミ板をスペーサーとして精度の高い加工を実現しましたがマルチツールの高速振動する刃先にアルミ板が負けてしまい表面がざらついてしまった。鉄か銅にすれば良かったのだろうと反省。

ホゾ穴加工
マルチツールで溝を貫通させたあと、鑿で彫っていきます。

ホゾ穴加工
ホゾ穴が完全に空いたら精密ヤスリにて内面を整えます。

ホゾ穴加工
正方形のホゾ穴はまずはボール盤でザグリ加工。このボール版は小型で静音、正確に垂直に穴を空けることができます。以前使っていたボール盤は狂いが激しくて使い物になりませんでした。

ホゾ穴加工
そして鑿で彫って正方形にザグリ加工。

ホゾ穴加工用治具
ほぞ部分も専用の治具を作りました。これで水平垂直を正確に伐ることができます。

ホゾ加工
角材の真ん中に1cmほどのホゾを作るため9分割にカット。

ホゾ加工
水平に伐ったあと、垂直にノコギリを当てます。

ホゾ加工
こんな具合に豆腐を伐る要領でカット。

ホゾ加工
ホゾ加工完了。

ホゾ加工
長方形の部分のホゾも同じ治具にて細工。

ホゾ加工
全く同じホゾ加工の完成。

ホゾ穴とホゾ加工
仮組み。こんな具合にホゾとホゾ穴での接続です。

高台の木材加工
高台に必要な材料切り出しが完成。材料と治具です。

組紐の高台
高台の上部分はこんな感じになります。

今後はニスを塗って細かい調整作業と組み立てです。

2018年11月のゆうやけ市

阿佐ヶ谷ゆうやけ市

阿佐ヶ谷名物、秋のゆうやけ市2018が11月11日開かれました。ゆうやけ市は年に2回、秋と五月頃に開かれます。このイベントはJR阿佐ヶ谷駅北口から5〜6分歩いて阿佐谷商和会を抜けた松山通り商店街で開かれます。

前回春は雨でしたが今回の秋のゆうやけ市は快晴で穏やかな天気に恵まれました。カフェ「ザグリ」はこの地に店を出して2年が経ち、ゆうやけ市は4度目の出店になります。
2018年秋のゆうやけ市「ザグリ」店舗
普段は閉まっている扉ですがこの日は全開になります。出店メニューは綿あめとチーズお菓子の創作メニュー、グリッチーズ。

2018年秋のゆうやけ市ぐるぐる回る綿あめ機
綿あめ機はザラメを熱して高速回転した金属製の皿の隙間から遠心力を使って細い糸状になった飴を綿のように噴出して作り出す構造になっています。ぐるぐる回転するこの円盤が命なのです。いつもは途中焦げ付いて悲惨な状態になってしまいます。今回は金属部分をピッカピカにコンパウンドで磨いて準備。

2018年秋のゆうやけ市「ザグリ」店舗わたあめ
コーラの新味も登場。味によって色も違います。

2018年秋のゆうやけ市わたあめ
これはラムネ味。このラムネ味は形が作りやすい方です。指先で割り箸をくるくる回して形を作ります。毎日やってれば上手になるんでしょうけどたまにしかやらないので綺麗な形にするのが難しい。

2018年秋のゆうやけ市ねぶた
毎回青森で作られたという本物のねぶたのハリボテが練り歩きお祭り騒ぎです。

2018年秋のゆうやけ市「ザグリ」店舗
今回はわたあめ機をだいぶチューニングしたおかげで4時間回しっぱなしで稼働。今までですと途中機械を掃除のため休めなければならなかったのですがチューニング効果絶大で生産性が上がりました!

阿佐ヶ谷カフェ「ザグリ」綿飴機
イベントが終わったら綿飴機は分解して皿の掃除し半年後の次回2019年春のゆうやけ市に備えて準備万端。目の細かいヤスリとコンパウンドでピカピカに磨き上げます。綿飴機はモーター部分が轆轤のように回転してくれるおかげで磨きやすい。

阿佐ヶ谷カフェ「ザグリ」の珈琲グッズ集

コーヒーは飲むのが好きですが美味しく淹れるための工夫をしています。過去に作った珈琲グッズを紹介します。

手回し式コーヒーミル電動化

手回し式コーヒーミル電動化&微粉除去

コーヒーミル&微粉除去のアイデア

原始的にコーヒー豆を挽く

タカヒロ雫改造湯温計付き珈琲ケトル
湯温計付き珈琲ケトル

浄水器への水圧計や時計、温度計の追加改造など。
基盤剥き出しのLED時計

希望があれば販売することも可能です。ネットや電話でのお問い合わせはお断りします。直接来店してお問い合わせください。

LINEスタンプ作りました!

LINEスタンプ

お店のLINEアカウントを開設したので合わせてLINEスタンプを作りました。

自家焙煎の珈琲店らしく珈琲豆で作りました。以前から焙煎しながらいろんな珈琲豆があるなーと並べて顔にして遊んでました。紙を丸くカットしてその上に豆を配置。
ザグリのLINEスタンプ

豆を傾けるといろんな表情を見せてくれるのです。でれっとした様子。
ザグリのLINEスタンプ

吊り目にすると怒った顔。唇や目っぽい豆が結構あるのです。
ザグリのLINEスタンプ

眉毛を付けて黄色い紙にしたり。ニヤついてる様子。よく見ると歯らしきものも見えます。
ザグリのLINEスタンプ

蛍光マーカーで頬を染めたり。白目を向いて照れている様子。
ザグリのLINEスタンプ

LINEスタンプショップで「珈琲豆男」で検索すると出てきます。なんと40種類もの微妙な表情。ぜひ使いこなしてください。

ザグリのLINEスタンプ

お店のLINEアカウントも開設しました!

@zaguri

で探してみてください。

 

 

葡萄づくしのかき氷【期間・数量限定】

葡萄づくしのかき氷

巨峰のかき氷がバージョンアップしました。その名も「葡萄尽くしかき氷」。

山梨の葡萄畑直送の新鮮な葡萄たち。それも最上級の葡萄ばかり。シャインマスカット、ピオーネ、甲斐路、巨峰の4種類の粒が入ります↓。
シャインマスカット、ピオーネ、甲斐路、巨峰

巨峰はかき氷の中に埋めます↓。
巨峰

シャインマスカットは皮ごと食べることができます。このように氷の側面に埋めます↓。
シャインマスカット

葡萄尽くしのかき氷
都内でこれだけの葡萄を買うとなるとこの粒の量でも相当な値段になりますが、当店ではサービス価格での提供です。

※9/1〜4までの限定でした。今後は巨峰のかき氷になります。

阿佐ヶ谷「ザグリ」の地図

焙煎機のメンテナンス

焙煎機排気管

焙煎機を設置して10ヶ月経ちまして、最近排気管の調子が良くないので分解清掃することにしました。その前に事前準備としてアルミフレキパイプを買いにひたちなかのジョイフル本田へ。店を作る時も何度か行きましたが何でも揃ってます。家が建てられる材料はほぼ全部揃っています。

アルミフレキパイプも全口径揃っていたのでありがたい。予備に3本買いました↓。
アルミフレキパイプ

排気管周りをバラしモーターのファンを開けたところこんな状態。これでは排気が詰まるわけですね↓。
焙煎機モーター

ダンパーのパイプも全部バラし↓。
焙煎機ダンパー

ついでに塗装を全部剥がしました。釜から直接つなぐ部分の詰まりがひどかったので内部をテフロン加工しました。油がこびりつかずサラサラになる予定です↓。
焙煎機ダンパー

サイクロン部材のパイプなども全部バラし研磨加工。少しづつ作業しましたので1週間位かかりました。油汚れがひどかったのを全部剥がしてヤスリとコンパウンドで磨き上げるという結構大変な作業でした↓。
焙煎機サイクロンの分解
焙煎機サイクロンの分解

サイクロン内部が結構油汚れがつきやすいので内面を徹底的に磨き上げテフロン加工仕上げ。これで汚れがつきにくくなるはずです↓。
焙煎機サイクロン内部

ブロアモーターのフィンもこんなに綺麗。フィンの羽を一枚一枚磨いたりかなり大変な作業でした↓。
焙煎機モーターファン

アルミフレキパイプを通し、換気扇に接続。換気扇の汚れもひどかったので羽もテフロン加工しました↓。
焙煎機排気管

ダンパーは黒だったのが銀になりました↓。
焙煎機ダンパー

これで焙煎作業がはかどります。油汚れがつきにくくなりチャフが軽快に飛んでくれる予定です。

甘い桃のかき氷

かき氷メニュー

8月に入りまして桃のかき氷登場です。

山梨の実家から大量に届いた桃。店主の実家は代々、桃や葡萄などの果樹園農家を営んでおります↓。
山梨の桃「川中島」

桃は8月の今頃が一番甘くなる時期です。試しに糖度を測ってみました。個体にもよりますがなんと19.7度もありました!。他の個体も17,18オーバーがいくつか。一般的に甘いとされる桃の糖度は15程度です↓。
桃の糖度19.7

削っている最中。この中には生桃果肉や桃を絞ったソースが詰まって層をなしています↓。
桃のかき氷

生桃練乳かき氷の黒板書きました↓。
かき氷の黒板

たて看板も新しく書き換えました↓。
ザグリの看板

外に貼るメニューはポラロイド写真風↓。
かき氷のメニュー

天然氷の日はこんなメニューです↓。
かき氷メニュー

春にこんな花をつけたのが夏には美味しい桃になります↓。
山梨の春の桃の花

春の山梨はまさしく桃源郷。どこまでも続く桃の花畑↓。
春の山梨

8月18日:追伸
その後、糖度22.1度という個体出現!今夏最高記録↓。
糖度22度オーバーの桃

阿佐ヶ谷「ザグリ」の地図

限定・天然氷のかき氷

東京、阿佐ヶ谷の天然氷のかき氷

昨日初めて天然氷でかき氷を作りました。東京近郊のかき氷店はいくつか回りましたが、天然氷で出す店はそれほど多くはなく、純氷と並行してメニュー化する店もあります。当店は普段は氷屋さんの純氷です。

天然氷を入り口に表示。当店のかき氷は基本的に10層構造でソースと氷を交互に積み上げるため大量に氷を使うのが特徴です。半貫目で約5杯分しか削れません↓。
東京、阿佐ヶ谷の天然氷のかき氷

ポスター的なメニューは写真用紙に印刷↓。
東京、阿佐ヶ谷の天然氷のかき氷

天然氷の蔵元へ伺った時の記録をコンパクトにまとめメニュー化。話すと長くなりすぎるので要約してお客様へ提示↓。
東京、阿佐ヶ谷の天然氷のかき氷

予想よりも早く売り切れそうです↓。
東京、阿佐ヶ谷の天然氷のかき氷

天然氷には氷が育つ方向が現れる「目」があります。線が付いているのがわかるでしょうか?↓
東京、阿佐ヶ谷の天然氷のかき氷

この個体はちょっと斜めに線が入っています↓。
東京、阿佐ヶ谷の天然氷のかき氷

線の方向を横にして削ります↓。
東京、阿佐ヶ谷の天然氷のかき氷

新たにグレープフルーツかき氷がメニュー化。丸ごと果実から贅沢に作ります。グレープフルーツは水っぽいためなかなか味が決まらず、去年から試作していましたがなんども失敗を重ねてようやく完成。自家干しピールも埋まってます↓。
グレープフルーツかき氷

阿佐ヶ谷「ザグリ」の地図