カフェカウンター造作中

L字型ジョイント接続カウンター

注文していたカウンター材が届きました。

tamo1
5cm厚の重量級のタモ無垢材。一人では持ち上げることができないほどの重さ。たぶん7〜80kg位。

タモ無垢材図面引き
カウンター材のL字型ジョイントを自分で加工します。垂直直角に計って印を付けるための道具「シンワ測定 一発止型定規 アルミ 62113」。これはものすごく便利です。厚みのある木材にも正確に線が引けます。

タモ無垢材カウンターL字ジョイント部分
精密に木材にスミ入れ。

ザグリ
垂直に孔を空けるために「SK11(エスケー11) 垂直ドリルガイド DS-70
を使用した工作。こうした補助がないと人間の手ではドリルの回転に負けて曲がってしまうのです。

ザグリ加工
これだけの厚みのあるのタモ材は大変高価です。やり直しのきかない作業のため気を使います。

タモ材ザグリ
横孔空けは精度の要求される作業でしたが無事精密なザグリ孔空け成功です。50mmの半分の25mmの位置に横に貫通する全ネジを通して、両サイドからジョイントボルトで締めるための孔です。

L字型ジョイント接続
L字型ジョイント接続。何十KGもあるため大変な作業でしたが接続成功。ガッチり組まれました。

L字型ジョイント接続カウンター
仮設置完了。ブロック積みの土台にビクともしないどっしりとした作りのカウンターに。カフェっぽくなってきました。客席側からは見えない部分ですが、カウンターブロックの裏側も綺麗に左官仕上げしています。

カウンターの上に置いてありますがレベルを見るために非常に便利なメジャー「タジマ スラントレベルコンベ19 5.5m 19mm幅 メートル目盛 SLL19-55BL」コンパクトに水平も調べられるため大活躍です。

次は表面仕上げですが、続きは後日。

カフェエバーピュア浄水器仮付け

エバーピュア設置

エバーピュア浄水器
浄水器が届きました。カフェなどではよく見かける業務用の定番、エバーピュア社製ハイフローシステムです。浄水の先進国といわれるアメリカで、エバーピュアが誕生したのは1933年ですから80年以上の歴史のあるブランドです。

エバーピュア説明書
設置工事も自分でやることにしましたが説明書はこれだけ。呼水と給水が3/4というのがわかりました。20A規格です。

エバーピュア配管部品
ホームセンターに行って配管部品を揃えました。13Aのステンレス管やフレキチューブ、20Aを13Aに変換させるための異径接続部材やシールテープなどです。

エバーピュア部材
作業中。

配管
床のフレキチューブからの分岐。

配管立ち上げ
シンクからステン配管立ち上げ。

エバーピュア設置工事
設置中です。水漏れのないよう接続箇所のシーリングをしっかりやります。

エバーピュア通水
接続と設置が完了し通水。

エバーピュア設置
こんな感じで取り付け。ステン壁面に鏡像で映るようにしました。満水時16-7kg程度と相当な重量ですので絶対に外れないように支える造作を工夫しました。とりあえず浄水のみ出るようにしましたが今度は製氷機への通水です。

近日また続きます。

※阿佐ヶ谷カフェ「ザグリ」は店主DIYによる店舗です。水まわりやセメント工事、木工、鉄工含めて全て施工しています。

合羽橋

合羽橋

合羽橋にキッチンのカトラリー類を探しに。何ヶ月ぶりかです。

棚
タンブラーなどを試しに買っておいてみました。

ビーカー類
水や材料を計るためのビーカーなどをとりあえず揃えました。

カフェ本棚などの木工事着手

カウンターの本棚

カフェカウンターの収納棚や壁面の本棚、商品棚を作る行程に入りました。

ジョイフル本田
実家に帰ったついでにホームセンターに木材などを見に。東京のホームセンターに慣れている身からするとその品揃えと木材の巨大さにびっくりしました。

本棚考え中

本棚造作考え中
店の本棚、いわゆる本屋っぽい本棚にしたくないのでこの前からずっと考え中でしたが建築部材を使って骨組みを作る事にしました。2〜3mの板材に等間隔で金属製の足場金具で支える構造を考えています。

カウンター本棚造作中
カウンター下に小さなスペースがあるのですが、本棚作成中です。ダボ打ち。

カウンター棚
杉板材でちょうどA4サイズが入るような棚を作っています。

カウンターの本棚
ブロック塀でできたカウンターへの木材での造作ですので、隙間ができます。細かくパテ埋めして仕上げて行きます。

江戸時代の箪笥
あとは実家の倉庫で眠ってた江戸時代の箪笥などを引き取り。これは作っている店には全然雰囲気合わないんですが、もし使うとしたら和モダン的なテイストも検討中。それにしてもこの箪笥の意匠は素晴らしい。曾祖母が実家に嫁いできた時の嫁入り道具ということで140年位前の箪笥です。

カフェシンク類設置

立自在水栓

シンクや冷蔵庫、冷凍庫、製氷機などが搬入されました。

カウンター設計図
狭い厨房にぴったり入るか不安でしたがちゃんと図面サイズと実測値通りに収まる。

奥行き450mmタイプの厨房
奥行きが450mmのコンパクトな厨房設備です。

シンク
2槽シンクは、東京都の飲食店保健所の仕様に合わせて特注しました。立自在水栓3つを設置。奥行き450mmのタイプの既製品だとこの立自在水栓式はないのですが特別に作ってもらいました。

chubo3
食器を置いておくためのステンレス台も特注。シンクに合わせて蓋になるようにし、水切りの孔付き加工です。蛇口はレバー式で統一。

ホシザキ冷蔵庫
冷蔵庫類。

カフェカウンター天井吊り棚

カフェカウンター吊り棚

カウンターまわりのデザイン&造作中です。本番棚用に暫定木材で原寸大シュミレーション。

ザグリ中
木材をザグリました。

カウンター吊り棚
天井から垂直に取り付け。完全に固定はせず4つの支柱が全方向適度にしなるので耐震性考慮。板材は厚すぎず薄すぎず。

吊り棚
棚は3段。棚高さは無制限に調整可能、水平レベルが微調整可能でなおかつ取外しや棚追加が容易にできる構造にしました。

カフェ吊り棚
試しに珈琲器具類設置。エイブルコーン初期型&独自のドリップ台です。

カフェカウンター吊り棚
仮の吊り棚原寸大模型完成。

天井吊り棚製作、各種木材&サイズオーダー承ります。工事が特殊です。取り付け位置は高精度の造作が要求されますので製品のみの販売はしておりません。

都内近郊でこちらで施工可能なお客様を対象としています。

価格などメールでのお問い合わせは受け付けていません。直接来店なさるか、住所氏名連絡先電話番号を明記の上電話または郵送にてコンタクトください。来店なさる場合は店主不在ですと対応不可です。事前連絡をお願い致します。

完成品はプロダクト/設備ページに。防振装置付きになりました。

カフェカウンター設計中

カウンター材シュミレーション

カウンターを考え中です。カウンターというのは店の真ん中に位置するため店の顔とも云え、非常に重要な役割をはたすと考えます。大きな造作となるためやり直しが効かず機能的にもデザイン的にも失敗できません。カウンターなどの大型設備は通常は専門家に発注するところですがこれもカフェオーナーが自力で造作施工します。

50mm厚みタモ材
いろんな板材を見て回り、この木材が色あいや木目の感じがよさげです。厚みは50mmというのが空間全体のバランス的にベスト。

マホガニー
色の濃い木材サンプルも検討用に購入。

木材に印
木材はザグリで孔を空けてつなぎますが、練習のため50mm厚の端材でシュミレーションすることにしました。

ドリルに垂直ガイド
電動ドリルに垂直ガイドを取り付け。

ザグリで孔開け
ドリルにザグリ刃を取り付けて垂直に凹面を作ってます。ドリルでまっすぐ垂直に孔を空けるというのはドリルの回転の力も加わるため手作業では不可能です。そこでこうした矯正ガイドなどが役立つのです。

ジョイント加工
カウンターコーナー部分はL字型につなぎますのでこうした接続用の孔を空けます。

ジョイント金具
木材をつなぐ専用のジョイント金具です。ホームセンターでは売ってないのでネットで探して購入。しかし届いたものは通常のボルトになっていて、どう考えても物理的にもザグリ孔には入りませんのでボルトの頭をカットしました。

カウンター材ジョイント
カウンター材ジョイントの完成です。

カウンター材シュミレーション
L字ジョイントカウンター部分模型。相当重量のあるカウンター材を乗せるため、頑丈に積み上げたブロックが威力を発揮します。

これで本番用カウンター発注できます。2m超え50mm厚みの無垢の板材は非常に高価なため失敗は許されないので試作でした。

ベンチシート木造工事完成

ベンチシート完成

ベンチシート完成しました。

ベンチシート収納

ベンチシート収納
ベンチシート収納。普段の店舗運営ではあまり使わない主に工具や道具類が入ります。収容量はかなり大きいです。

ベンチシート完成
がっしりした作りの手作りベンチの完成です。元々カウンター材で使われていた頑丈な木材を流用しました。かなり重量のある板でしたので蝶番付けが苦労しました。蓋の開閉もスムーズ。

ベンチシート木造工事2

蝶番

収納付きベンチシート工事二日目。

リョービベルトサンダー
新兵器、リョービベルトサンダー。木の板の表面は普通のサンダーで平滑に削ることは困難ですのでいろいろ調べて、ベルトサンダーを購入。リョービ製。昔リョービは文字や釣り道具も作っていましたね。

ryobi2
ベンチの天板は、カウンター天板を流用。

ryobi3
電ノコでカット。電気ノコギリの作業は毎回命がけで怖いです。寸法を間違うとやり直しが効かず新品を調達しないとならないため念には念を入れてのスミ入れとカット作業。

リョービベルトサンダー
天板のニスの色がどうにも気に入らないので剥がします。ベルトサンダーは、木の板を平滑に削る道具。集塵が確実にできるとのことでこの機種を選択。確かに確実です。これまで、集塵の重要さを嫌というほど味わってきましたのでこのサンダーにして正解でした。木くずを漏れることなく集めてくれます。

ベンチの収納板製作。蝶番です。木とはいえ相当な重量がありますので頑丈な蝶番をホームセンターで何時間もシュミレーションして買いました。

ryobi6

ryobi7
最初失敗でした。微妙にずれてしまいやり直し。こういう扉的な稼働箇所の造作は0.1mm単位の精度が要求されるのですね。キリでネジ孔真ん中に孔を空けてから、ドリルで段階的に拡張して初めてネジを締めます。でないと微妙にずれてしまいます。木板が重すぎるので大変な重労働です。ようやくコツがつかめましたので今度は完璧です。

続く。

ベンチシート木造工事

収納付きベントシート

いよいよ木工事にとりかかることにしました。ベンチシートに着手。

収納付きベントシート
当初の設計よりベントシートの下は収納できるように考えてます。

収納付きベンチシート
コンクリートブロックで基礎を作り、その上に木の板を乗せ、中は木で作ります。

収納付きベンチシート

木工事
材料は、前テナントを解体した時の廃材です。ありもの材料から工夫して作らなくてはならないので特に図面も設計もありません。

木工事
適当に木をノコギリで切って取り付けながら様子を見ての作業。

コンクリボンド
コンクリートと木を接着するボンドなんてのがあるんですね。便利です。

収納付きベントシート
とりあえず基礎が完成しました。一番多きな工具箱が入る計算でしたがばっちりです。こういう木工作業は昔から得意です。

次はこの上に、座るための木の板を乗せる工事です。