ザグリ珈琲焙煎

自家焙煎珈琲とコーヒー豆販売

ザグリ珈琲の著作

新著作書籍のご紹介

新しく著作の本が発売されましたので紹介します。自家焙煎コーヒーの店ではありますが、今までにデザインに関する著作がいくつかあります。

翔泳社からこのたび「デザイン3000」という本が出ました。10何年か前に出版された「レイアウトデザインのアイデア集」というデザイナー向けの本の中身を強化した内容です。
デザイン3000

主にこんな具合に誌面レイアウトサンプルを並べています。これは実際に作った人にしかわからないかと思いますが一面一面をきちんとデザイン的に精査して内容を想定したつくりでして簡単に見えますがかなり手の込んだ内容です。
デザイン3000

20年以上前から主にデザインや文字に関する本をいくつか書いています。デザイナーでもありますので基本的には自分でイラストレーターやフォトショップ、インデザインなどを使ってDTPデータまで作ります。これらは自分の手元にある著作です。この他にもフォント本などがありましたが紛失したのがあるため紹介できません↓。
ザグリ珈琲の著作

これは2004年に出した「ヘルベチカの本」。世界中で使われていてMACなどのパソコンにも入っている書体について書いた本です↓。
ヘルベチカの本

延々とヘルベチカ書体についての解剖論的な内容で書いてます↓。
The Helvetica book

前述の「デザイン3000」の元となった本。パラパラめくるだけでアイデアが湧き上がるデザイナー向けの内容でして好評で何回も増刷されたようです↓。
レイアウトデザインのアイデア集

中身は延々とレイアウトサンプルなどを配置しています。特に文章はなくイラストレータでの絵柄だけです↓。
レイアウトデザインのアイデア集

10年以上前に書いた、というか作った「和文フリーフォント集」。文字の本としては日本で最も売れた本になります。表紙はこの本を購入するような読者が作りがちなゆるーいデザイン↓。
和文フリーフォント集

フォントサンプルの使い方事例とフォントデータのCD-ROM収録です。一部のフォントは自分で作っています↓。
和文フリーフォント集

数年前に出した「ジュームラ デザインブック」。CMSという管理画面による編集操作でWEBサイトを作るハウツー本です。「Joomla!」CMSは会員登録が可能なオープンソースプログラムです。今までにいくつかのサイトを構築していましたが数十万人規模の会員数も管理していまして大変便利なシステムです。もしそうしたサイトがご希望でしたらご相談ください↓。
ジュームラ デザインブック

設定の仕方などを解説。執筆当時のソースのバージョンは古いですが今でも基本は同じです↓。
ジュームラ デザインブック

和文フリーフォント集が好評で第二弾も作りました。「続・和文フリーフォント集」この本では7割位は自分で作ったフォントの収録。表紙をはじめ全てCGで自分で合成しています↓。
続・和文フリーフォント集

航空機の窓から撮った写真と模型の組み合わせでフォトショップで合成。まるで本物が飛んでいるような画像。一ページ一ページを何日もかけて作っていたのでできるまでに10ヶ月だったか半年だったかかかりました↓。
ゼロ戦

こちらは本ではありませんがCD-ROMのフォントパッケージ↓。
明治教科書明朝

主に明治時代の教科書に使われていた活字などをベースに新たに現代に甦らせたフォントです。ザグリ珈琲でも販売していますので必要な方はお声がけください↓。
明治教科書明朝

その他現在、新たに文字の本を作る予定で進行中ですが他の業務が忙しくてなかなか手をつけられていません。

ザグリ珈琲のグラインダー

マールクーニック珈琲グラインダーのカスタマイズ

キングオブグラインダー「ドイツ製マールクーニックEK43S」を当店独自にカスタマイズ中です。今や何処の焙煎珈琲店でも目にするお馴染みな珈琲ミルです。

EK43Sの塗装剥離
まずは、この衝撃的な画像から。高価な(みるっこ10台分)珈琲グラインダーを惜しげも無くこんな状態にしてしまいました。業務用剥離剤で塗装を剥離。

フロントダイヤル部分も分解し、文字盤部分はマスキングした上でベゼルを剥離&ポリッシュ。ルーターは歯科技工士御用達レベルの高性能マシンで、刃物用の研磨剤を使っています。
EK43Sグラインダーのカスタマイズ

2019年からこれまで、富士珈機R-440やナイスカットミルなど国産の珈琲グラインダーの改造で試してきまして今回、ドイツ製の世界最高峰グラインダーカスタマイズに着手したわけです。富士珈機製の改造ブログはアーカイブをご覧ください。
マールクーニックEK43S改造

動画にてアップしました。マールクーニックEK43は元々は穀物用のミルでしたが何年か前のバリスタ大会で世界チャンピョンが使用したことから注目され、今では世界中ほとんどの有名珈琲焙煎店やチェーン店でも目にし日本でもよく見かけるようになったマシンです。しかしほとんどノーマルの黒か銅色のままでワンパターンでつまらないです。


海外ではお店オリジナルに美しくカスタマイズしているのを目にしたところから、当店でも独自のMAHLKONIG EK43S改造化に着手した次第でしてまだ途中段階です。

富士ローヤルR-101メンテナンス

フジローヤルメンテナンス

導入して一年のフジロイヤルR-101焙煎機。半年前に一度軽く分解して掃除しました。今回はかなりの大掛かりな分解清掃です。掃除している状況はあまりにも悲惨なため綺麗な写真しか掲載していません。

まずはダンパーを取り外し。ダンパー内部はさほど汚れてはいませんでしたが入念に掃除。
フジR-101ダンパー

クーリング皿はかなり汚れがこびりつき悲惨な状態でしたが掃除して綺麗に。
フジロイヤルクーリング掃除

釜の上部分のダンパーネジは今回初めて外しました。何もありませんでした。
フジローヤルR-101釜

ステンレス製の配管内部。スムーズな排気を実現するために完璧に綺麗に磨きあげました。美しく鈍い光を放つ配管内部はピッカピカ。
フジローヤル配管

富士珈機R-101釜内部。
富士珈機R-101釜

富士珈機R-101分解の様子。
富士珈機R-101分解

当店では豆本来の味わいを極限まで引き出すため常にクリーンでサラサラな焙煎機内部の配管風流状態を保ちます。

 

 

ギーセンW1A

ギーセン焙煎機始動

導入が決まってから約4ヶ月かかりましたがようやく新しい焙煎機が動くようになりました。何年か前に触ったことのあるオランダ製の焙煎機械、GIESEN W1Aです。タッチパネルで操作するそれは当時は使いこなせそうもなかったので国産のアナログ機で4年練習してからのタイミングでした。

図面を元に設置スペースの確保と架台の造作から始まりました。
ギーセンW1A図面

本体重量が150kgと小型の割には重いです。富士1kg機の倍はあります。焙煎豆量が100gから?通常は釜の半分位が適量と言われてますので1,000gの間違い?と思われるかもしれませんが後ほど100g焙煎してみます。電気は230Vですので家庭用コンセントは使えません。
ギーセンW1Aスペック

架台を作るのに1820mmx910mmサイズ針葉樹構造用合板24mm厚を3枚使いました。この板が今ではなかなか入手しづらく確保するのに1ヶ月以上かかりました。
ギーセンW1A焙煎機台

以前のBLOGで書きましたので詳細は省きますが焙煎機は台が要。頑丈になおかつ移動がスムーズにできるように作らなければなりません。
ギーセンW1A台

焙煎機台はスペースも有効に使わなければなりません。豆は国ごとに細かく分類し、5kgの豆袋が16個収納し、ストレスなく取り出し可能。収納豆や焙煎機台、昇圧機も含めて約300kgの重量に耐えられ、一人で移動できるように作りました。
ギーセンW1A台

200-240Vの純日本製小型昇圧機。これを使うと家庭用100Vコンセントでも230V機が動く魔法の箱です。エスプレッソマシンも主流は200V機ですので今ある100V機をバージョンアップする際はこれを使います。変圧機は構造から製造メーカーからあらゆる製品を調べつくしましたのでかなり詳しくなりました。国産の町工場製で、大陸製品をA×損で買って失敗した人が最初からこれを買っておけば良かったという優れた変圧器です。
200V小型変圧器

掌に乗るほどの小型ですがかなり重くて20kgはありそう。
昇圧機

こんな具合に焙煎機台の一番奥に収納できるようにスペースを作りました。配線が意外と邪魔になりますので取り回しも計算に入れてます。
小型昇圧機

設置から稼働まで日数がかかってしまった原因の一つであるガス。ガス管9.5mmだったのをガス施工会社に頼んで13mm管を増設してもらいましたがこれがかなり面倒で、焙煎機本体の仕様書や証明書も必要だったり想定外の障壁でした。その間に一部バラして塗装剥がし。フロントフェイスは全部黒塗装を剥がして金属剥き出し仕様に。
GIESEN W1A

剥がし終えた釜の蓋に合わせて様々な素材の六角ネジを発注。ブロンプトンやBSモールトン、ピストや小径車を散々軽量化改造していますのでネジは得意な分野です。ネジ専門店も回って計3回注文してありとあらゆる六角ネジを購入、おかげさまでこれまで異常にネジにものすごく詳しくなりました。GIESENのネジでお困りならぜひご相談ください。

車やバイクの塗装を剥がす業務用剥離剤を使って綺麗に剥がし終えた釜の蓋。このスチール素材に合わせるネジは3回換装、自転車のように軽さにこだわったチタン一択ではないので、形状、色ともベストなネジを選ぶことができました。チタンは色がほぼ選べません。
GIESEN釜

チャフコレクターのネジも純正ネジから雰囲気を合わせてスチール黒皮仕上げの六角ネジに。しかしいずれ本体の塗装も全部剥がす予定ですのでまた変えるかもしれません。GIESENサイドパネル

ロゴプレートの化粧ネジも純正がいまいちでしたのでシンプルなネジに。
GIESEN W1Aロゴプレート

さていよいよ試し焼きです。スペック通り100g焼いてみます。乳酸発酵系の特殊豆です。
GIESEN W1A100g焙煎

火力は最低出力である1%で焙煎。RORも常に表示されるので便利です。
ギーセンW1Aタッチパネル

1%でも火力は結構あります。
GIESEN W1A

約80gの豆が焼きあがりました。1ハゼが終わるか終わらないかのタイミングで取り出しましたが焼きムラもなく完了。ガス代を考えるとこんな少量ではまず焼かないですけど驚異的な性能です。富士の1kg機だとサンプルでよくもらう200g焙煎が苦手なのですがこれだとガンガンいけますね。火力は富士の2100kcalに対してW1は8000kcalありますので焙煎は全く別物です。しかも予熱がほぼ要りません。スイッチONでわずかな時間で焙煎スタート可能。
ギーセンW1A

ちなみにGIESENの最小モデルであるW1シリーズにはAUTO(ガス)、MANUAL(ガス)、ELECTORIC(電気)の3種類あります。当店のはW1Aでタッチパネルで制御します。ギーセンを購入の際、W1MにするかW1Aにするか迷うはずなので参考までに書いておきます。

 

W1Mは内圧調整や釜回転速度変更ができません。もし空気圧調整をしたければ空気圧を調整する装置アンダープレッシャーを別途オプションで付ける必要があります。釜回転数は変えれません。ちなみにギーセンジャパンのスペックページによると、

———–
W1A「パスカル単位での空気圧の調整、ドラム回転数の調整、火力のデジタル調整がAシリーズでは可能となっております。」
W1M「焙煎機の構造はAシリーズと同じですが、制御周りが異なっています。火力調整はメモリ付きのノブで可能です。空気圧の調整は出来ません。基本的に100%の風量での焙煎になります。ドラムの回転数は変更できません。クラシックなドラム焙煎機をイメージして頂ければと思います。」
———–

ということはW1Mは富士の3kg機的な仕様でしょうかね。金額も同程度です。

ちなみにギーセンは2021年8月に日本の代理店が変わりましてスペックなどがオープンになりました。
https://giesen.co.jp/products/giesenw1a

ちょうど良いタイミングで新しい代理店を通して設置することができ稼働までしっかりとフォローしていただきました。

フロントフェイスを金属剥き出し仕様にしたGIESEN W1A。いずれ本体全部色を剥がします。
ギーセンW1A

オランダGIESEN本社のW1Aユーチューブ動画↓。

 

GIESEN W1Aと富士1kg機やナナハン焙煎機とのスペックやコスト比較など、実際にそれぞれの機械を購入して豆を焙煎し続けてきた私だけがわかる一般的には知られることのない実戦的盛りだくさんな内容で開業者向け焙煎教室を行っています。とりあえずは初心者向け珈琲焙煎体験型カフェ教室に参加していただければニーズに合わせた講義内容で応相談。金額は店舗開業事業規模によって変動します。

珈琲焙煎体験型カフェ

FGUI源

文字を新しく作っています。

今、このサイトに表示させている文字はオリジナルで作っています。

FGUI源

お店のメニューなど印刷物での使用も考えてデザインしています。
FGUI源

画面で見てもプリントしても美しく読めるように細部にわたってデザインしています。

FGUI源

特にメニューを頻繁に作り変えていますが、数字が美しく簡単に揃うようにデザインしています。

FGUI源

WordPressタグクラウド表示の際も極小から大きな文字まで美しく表示されるようにしています。

FGUI源

スマートフォンで見た時も美しく読めるようにデザインしています。

FGUI源

WordPress管理画面での入力時にも読みやすくなるようにしています。

FGUI源

文字は専用のアプリケーションで作っています。

FGUI源

「ね、わ、れ」などは個性的なデザイン。

FGUI源

MACのインストール画面

FGUI源

座繰り器

組紐の取材されました

ラジオ番組で当店の組紐が紹介されました。
番組の中ではNAVIGATORのクリス智子さんが当店組紐作家「ひろ美」の組紐について、座繰りについて非常にわかりやすく紹介されていました。
白金のカーサデガスタさんでも組紐作品が見れるということもアナウンスしていただきました↓。
カーサデガスタヨット組紐
「座繰」は座るに繰り返すという漢字です↓。
座繰
番組内では斬新で見たことがない柄の組紐と紹介されていました。ゼブラ柄も紹介してくれていましたが、これは同じ組み柄で色違いの虎柄↓。
虎柄の組紐
クリス智子さんが「ザグリ」という言葉は初めて聞くということをおっしゃっていました。当店のお客様からもよくザグリの意味を聞かれるのでこの機会に「ざぐり」の名の由来について少し紹介します。
当店の公式ホームページABOUTでは、
「店名のザグリ(坐繰り/座繰り)とは、座って繭から糸をたぐりながら糸枠に巻き取ること、木製の歯車の付いた道具のことをさします。また、木材などを貫通させずに穴を空けることもザグリと云ひます。自分の手で何かものを作り出すという意味をこめて「ザグリ」と名付けました。」
当店保有の座繰り器
座繰り器
数年前、岡谷の市立岡谷蚕糸博物館に行きまして、「座繰り」の語源について調べたことがあります。それによると江戸時代の養蚕業では、鍋に煮た繭から手作業で絹糸を巻き取っていましたが、これに木製の歯車や滑車を付ける事によって高速化、効率化をはかれるようにした道具が座繰り器なのです。座繰り器は上州で18世紀に発明されました。写真は博物館内で写真撮影可とのことでしたのでお言葉に甘えて貴重な文化遺産類をスマホで撮らせていただきました。上州座繰り器↓。
上州座繰り器
富岡製糸場で有名な上州群馬県の座繰り器では歯車でしたがこれを滑車にして更に高速化したのが東北でポピュラーだったという奥州座繰り器↓。
奥州座繰り器
蚕蛾。こんな小さな生き物からシルク製品が生まれます。「ひろ美」の実家は農家です。子供の頃は養蚕もしていたので懐かしいです↓。
蚕
桑の葉を食べた蚕「カヒコ」が蛹化する時に繭を作り、成虫化した蛾はまた卵を産み循環する図↓。
養蚕
明治期から昭和30年代頃にかけて我が国の近代産業を支えた養蚕。横浜開港翌年の1860(万延元)年当時の日本の輸出品目は茶と生糸が主でしたがその66%が生糸でした。藩別の内わけは、奥州41%、上州20%、信州20%。1862(文久2)年には生糸の輸出比率は実に86%にものぼったということです。
手で座繰り器で取り出していた絹糸は次第に機械化が進み国内外の産業革命とともに自動化、大型化しました。写真は明治時代の自動繰糸機。基本は茹でた繭から糸を取り出す構造は手作業と変わりません↓。
繭
昭和30年代頃のニッサン自動車製の自動繰糸機。これだけ大型化が進んでも小さな繭から糸を取り出すという仕組みは変わりません↓。
自動繰糸機
単に高速化すればいいってもんじゃない発想の繰糸機の紹介文。クオリティを上げるために蚕が繭を吐くような5分の1の速度にして5倍の条数にしたという機構↓。
御法川式多条繰糸機
岡谷蚕糸博物館では機械自体が美しい筐体ばかりで見応えのある展示でした。年表なども充実し日本の養蚕業の歴史勉強が楽しめます。興味のある方はぜひ足を運んでみては↓。自動繰糸機
座繰り器年表↓。
座繰り器の歴史
木材などの素材に「貫通させずに孔を開けること」もザグリと呼びます。店内の木工作業にザグリ加工は欠かせません↓。
ザグリ作業
 
他に調べたところ海外では人名や苗字、イタリアのレストランやホテルなどに同名のZAGURIがあるようです。
 
 


ラジオ番組情報

https://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/passport/2103.html
番組名:「グッドネイバーズ」
放送局:J-WAVE(81.3)
ナビゲーター:クリス智子
放送時間:月曜日~木曜日 13時~16時
番組公式サイト
https://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/
特集コーナー:「森ビル TOKYO PASSPORT」
提供スポンサー:森ビル
時間:13時15分~13時25分
放送日:8月30日(月)https://zaguri.tokyo/wp-content/uploads/2021/09/kaiko.mov

ザグリ珈琲焙煎教室

【初体験】コーヒーの焙煎にチャレンジ!焙煎教室体験動画

東京は阿佐ヶ谷にあるザグリ珈琲のフジローヤル1kg半熱風焙煎機を使った誰でも気軽にできる初心者向け焙煎教室体験レッスンを紹介します。珈琲生豆の座学後、実際に業務用焙煎機を使用して焙煎します。日程、時間は予約制でご都合の良い日時を選べます。

アカネ科珈琲ツリーrubiaceaefamily
↑珈琲生豆の座学ではダイヤグラムなどを用いて国別、品種別の豆の紹介〜コーヒーの味は豆がほぼ全てであることの説明。料理のように職人の腕や調味料でなんとかなる世界ではありません。素材である豆で決まり、その豆の美味しさを焙煎で引き出し仕上げることがこの焙煎教室体験で学べます。

Historic Distribution of Arabica
↑Historic Distribution of Arabicaマップポスター。人類の歴史の中でアラビカ種のコーヒーがどのように伝わってきたかの図。以前は口頭だけで説明していましたがSCAのコーヒー世界地図を用いて一目でわかります。

ザグリ珈琲の本棚

ザグリ珈琲の本棚
↑日本で出版されている焙煎に関する本はほぼ全てコンプリートしています。その中から良書のみを店内本棚に選書。STANDART MAGAZINE全号、SCA資料など国外の焙煎関連書籍、江戸時代〜昭和期の貴重な日本の珈琲関連資料など。

ザグリ珈琲の焙煎教室基本原理
↑焙煎の基本原理など。

 

ザグリ珈琲の焙煎教室ドリッパー
↑焙煎教室後は自分で焼いた豆をマールクーニックカット刃または、富士珈機製グラインド刃業務用R-440or家庭用R-220でドリップ抽出。焙煎が体験できるだけではなく希望があればドリッパーやグラインダーも様々な機種で体験できます。国内外の代表的な円錐形ドリッパーのリブ形状を実際に観察しながらどのドリッパーがコーヒー抽出にどんな影響をもたらすか。豆、焙煎の次は、水、グラインド、ケトル、抽出、珈琲液、器、etc..ただの流行りや格好だけではなく珈琲の味やユーザーの抽出環境にフォーカスした内容です。

ザグリ珈琲の焙煎教室の使用機材フジローヤルR-101
↑このフジローヤルR-101焙煎機を使います。

焙煎教室感想
↑2021年8月参加者の感想1。

ザグリ珈琲の焙煎教室感想
↑2021年8月参加者の感想2。

ザグリ珈琲の焙煎教室感想
↑2021年8月参加者の感想3。

ザグリ珈琲の焙煎教室感想
↑2021年8月参加者の感想4。

初心者向け焙煎体験教室は当初1時間を予定していましたがドリップ教室も兼ねているととても60分では収まらずしばしばタイムオーバー。ですので1.5時間になりました。時間に余裕があれば2時間以上になる事も。

【初体験】コーヒーの焙煎にチャレンジ!

2021年8月10日、ヤッホーカレンさんが焙煎教室体験を動画にしてくださいました!

焙煎教室動画の中で水分量12%の500gの珈琲豆が焼くと2割ほど減って410g程度になると話しています。しかし500gx0.88で440gでは?こうした素朴な疑問も教室に参加すると納得できます。そしてそこからなぜ業務用でなければならないのかなどを誰にでもわかりやすく解説していきます。

東京杉並区は阿佐ヶ谷のカフェ「ザグリ珈琲」の珈琲豆焙煎体験教室レッスン

初心者向け珈琲豆焙煎体験教室レッスン

casadegazta

組紐の可能性

6月18日に白金に新しくオープンしたチーズアイスとチーズスイーツ専門店、「CASA DE GAZTA」カーサデガスタさんの店内に飾る組紐作品を作らせていただきました。日本の伝統工芸である「くみひも」の新たな可能性を感じられる素晴らしいお仕事をさせていただき大変感謝しております。

話をいただいたのは当店の組紐を購入されたお客様。何ヶ月か前、図面とイメージを元にスタート。
CASA DE GAZTA

出来上がり完成図のイメージイラスト。組み紐との関連が全く想像つきませんでしたが「ヨットのロープ結びを組紐で作ったら面白いのでは?」というクライアントさんの発案から全ては始まりました。
カーサデガスタ

オープン前に飾られる現場の下見。この金属枠内に取り付けられます。
カーサデガスタ店内

かなりの大作でしたのでオープンには間に合わなくても構わないとのことでしたが、寝る間を惜しんで完成させることができ、オープン前日の6月17日に設営。製作期間約1ヶ月。
カーサデガスタ

ヨットにまつわるロープ結びのくみひも作品が飾られています。組紐は写真では載せないのでぜひお店に直接行ってごらんください!

カーサデガスタのホームページ

チーズスイーツやアイス、紅茶がメインですがコーヒーもあります。珈琲豆は当店ザグリ珈琲が浅めに焙煎したエチオピア産ゲイシャをフレンチプレスで抽出します。


座繰ホームページ

電動グラインダー

珈琲グラインダーレストア5

長いこと続いている何台かのグラインダーレストア作業。ほぼ完成し、刃を新品に換えました。

左が今まで付いていた古い刃で右が新品のグラインド刃。形状や穴の位置、数も違いますが50年以上も前の機械の部品がいまだに入手できる。流石に業務用グラインダーです↓。
富士珈機グラインダーR-440の刃

銀色に鈍く輝く富士ローヤルR-440グラインダー。フロントダイヤルは比較的新し目の機種用に変換してあります↓。
R-440グラインダー

初期モデルである証、真鍮製の彫り込み銘板。後期モデルや現行型はアルミや印刷シールですが、この真鍮板は美しいです↓。
富士ローヤルR-440

電源ケーブルや細かいゴムブッシュ類、ネジなど変えられる部分は全て新品にしてます。背面の動力モーター刻印は真鍮製でTOSHIBAです。この時代のモーターは壊れないらしいです。いまだにパーフェクトに静かに回ります↓。
FUJI R-440

この個体の場合は刃を新品に交換するには内径やネジが異なり若干の加工が必要でした。動画にまとめてあります↓。

Page 1 of 13

Webfont by fontgraphic & Design by zaguricoffee

ページ上に戻る