自家焙煎珈琲とコーヒー豆販売

タグ: レタリング

オーダースタンプ

オーダースタンプ

当店はカフェですが、オーダースタンプなどの文字を主体としたカスタム製品を作っています。本日はそのオーダースタンプの使用事例などを紹介いたします。

市ヶ谷に今年できたスイーツのお店、「TAMAGOCOCCO」さんから依頼を受けてスタンプを作りました。ロゴは既にあるとのこと、住所情報や電話などを配置して意匠化しました。
オーダースタンプ
完成したのはこのように3cm角のゴム印。正確にはシリコン製レーザー彫刻スタンプ。

オーダースタンプデザイン
内容を元に30mm角の中に配置してデザインしました。

オーダースタンプの文字
スタンプは非常に小さな文字で作ります。画数によっては漢字は潰れてしまうためこのように簡略化します。

オーダースタンプ用フォント
読める範囲にて略字化。フォントはオリジナルで作っているFGミライゴシックベース。通常、スタンプを作る際は手描きあるいは既存のフォントをライセンスをクリアした上で製品化しますが、当店は文字そのものからレタリング&フォント化しているため独自の微細で繊細なオーダースタンプを作ることが可能です。

オーダースタンプ印影
英文字で1mm、漢字で約2mmという小ささ。

オーダースタンプでコーヒー豆パッケージ
これは当店での使用事例。コーヒー豆の茶袋に店名情報などをスタンプ。

オーダースタンプでショッピングバッグ
コーヒー豆などの商品を入れるショッピングバッグにスタンプ。

コールドドリンクにオーダースタンプ
なぜ、30mm角なのかという実例。アイスコーヒーなどのコールドドリンク類のテイクアウトカップにスタンプ。市販の40mm角丸型シールにちょうど収まるサイズなのです。

スリーブにスタンプ
ホットコーヒーなどのテイクアウトカップのスリーブにスタンプ。

ショップカードにオーダースタンプ
厚紙に押印してショップカードとして。

名刺にオーダースタンプ
ボードにスタンプして名刺代わりにも。

丸い紙にオーダースタンプ
黒い厚紙を丸くカットして白インクでスタンプ。

オーダースタンプでショップカード
地図を彫ってショップカードとして。

領収書印としてオーダースタンプ
なぜ、30mm角なのかという実例。市販の領収書全てにちょうどバランスよく押せます。

以上、パッケージの印刷代、カード類、領収書にも使えることを考えると恐ろしくコスパ高し。

オーダースタンプ事例
オーダースタンプは文字だけでなくイラストなども可能です。

オーダースタンプ印影
この細かさをご覧ください。文字の画数と骨格の太さ、紙の繊維、表面の状態、インクの種類、ゴムの圧力、日々の使用用途と印影を考慮するとほぼ限界かもしれません。

当店は多くの文字遺産資料を保有しています。パソコンのパの字やワープロも存在しない昭和初期頃には既に紙への印字の限界まで挑戦した超絶職人が幾人も存在していました。マッチ箱の大きさに百人一首を全文字書かれた印刷物もあります。そうした資料をリスペクトしつつも現代の技術を融合させた商品がオーダースタンプです。
謄写版
この画像は水谷清照発行の頁の一部、小針美男作の美しく微細な2mm角本文組手描き文字はとても人間技とは思えない芸術作品。昭和20年代。昔は上手に文字が書けないとデザイナーになれなかったのです!

オーダースタンプの価格や注文方法などはオーダースタンプページをご覧ください。

ポスカで手描き看板レタリング

ポスカで手描き看板

今までチョークで看板描いてましたが手軽に書き換えられる反面、雨が降ると消えてしまうという弱点があります。そこで今回よりポスカで描くことにしました。

ポスカで手描き看板レタリング
ステンシル型の文字です。自作のFGゼロラバウルフォントがベースです。

ポスカで手描き看板レタリング
細かい字も手描き。FGゼロラバウルフォントで。住所地名は1932年まで使われていた東京都が都になる前の市のさらに前の府時代です。「多」などは当時の謄写版時代の「ヨタ」型。

ポスカで手描き看板レタリング
縦型の看板完成。背後にある資料は昭和17〜19年にかけての戦時中の日本政府内閣印刷局発行のプロパガンダ写真誌。表4広告には「ぜひ回覧してください」との記述があるのでいずれネットにアップします。

ポスカで手描き看板レタリング
「カフェザグリ」のカタカナは今このサイトにプラグインで表示させているフォントです。

ポスカで手描き看板レタリング
ポスカよりも細いボールペン型の白インクで斜線柄レタリング。

ポスカで手描き看板レタリング
セリフ(爪)装飾中。手描きのテイストが出るようあえて不揃いです。

ポスカで手描き看板レタリング
ディセンダーやアセンダーラインも描き加えてみました。タイポグラフィの基本です。このカタカナは日本語でありながら欧文のような構造を持つ特殊フォントです。基本デザインは大正時代に考案され、昭和初期の当店蔵書資料に使われているのが散見できます。

ポスカで手描き看板レタリング
立て看板完成。

Webfont by fontgraphic & Design by zaguricoffee

ページ上に戻る