DJI SPARKでの北海道空撮

djispark空撮

店主はカメラが趣味の一つなのでアナログカメラからデジカメまで様々な機種を持っていますが、最近DJI製の最新コンパクトドローン「DJI SPARK」を手にしてからというもの、デジカメよりも完全にドローン空撮に興味が移ってしまいました。

 

これは実際手した人にしかわからないかと思いますが、空飛ぶデジカメor iPhoneと例えるのが一番適切でしょう。まずホバリングが安定しているので初心者でもコントロールしやすい。

djisparkのホバリング

動画はこちら。日本海の焼尻島に向かって飛ばして戻ってくる様子。

そして持ち運びがコンパクト。この写真は社外品のケースですが送信機と充電器、本体など全部詰め込んだ状態。充電池は5つ入りました。プロペラガードも入りますが、基本的に外で飛ばす分にはガードは必要ないかもしれません。iPhoneなどのスマホやタブレットをコントローラーに挟んで使っています。
djisparkセット

あとはドローンをコントロールするためのアプリが使いやすい。これは他のドローンにはない特徴かと思います。飛行履歴やどの場所で撮ったか、飛行禁止区域で飛ばそうとするとアラートが出て来たりとこれはもはやおもちゃではなくGPS付きの精密機械、高性能の無人飛行機かと思います。一度安い小型ドローンを買って失敗したのでこのDJIドローンの素晴らしさが身にしみてわかります。
djigo4

東京では飛ばせないなど制約も多いですがここまでよくできたドローンだとデジカメ以来の革命的な商品なのではと思います。今回DJI SPARKを持って北海道の旅に行って来ましたが完全に鳥の目線になれました。

機体のマイクロSDに録画した生HD動画を繋げてユーチューブにアップ、音はYOUTUBEの音源で尺と同じ長さのを適当に選曲。

北海道の牧草ロール。

北海道の向日葵畑。

北海道の丘。

軽い動画はインスタにもいくつかアップしています。DJI GO4というドローン用のアプリがこれがまたよくできていて撮ったその場で自動的に動画を作ってくれたりアナログで作り込んだり音をつけてくれたり思いのままで手軽にインスタなどのSNSにアップロード可能。このアプリはドローンの動画だけではなくiPhoneで撮った動画も編集できます。

———

9月12〜13日の北海道はあいにく3日間とも土砂降りの雨。時には集中豪雨でほとんど飛ばせない状況でしたが小雨の合間を見てフライト。主に観光客のいない場所を探して悪天候の中、旭川から稚内までの長距離ドライブでしたが、全く人がいない状況でしたので思いっきり飛ばせました。

次はどこかの紅葉を撮ってみたいです。

 

——————-

DJI SPARK

DJI SPARK

カメラは好きなのでアナログからデジカメまで様々な機種を持っています。撮りためた写真はこれまでに出版しているフォントの本のビジュアルや文字イメージ写真として使っています↓。和文フリーフォント集

山や牧場、海や街で主にキヤノンやSONYなどのフルサイズデジカメやiPhoneやiPadで撮ったりしていました。こうした山や田園風景などの写真を撮るのにフルサイズ用の広角レンズの新しいのを探しはじめていました↓。

和文フリーフォント集

高原の牧場の写真。これはマイクロフォーサーズで撮った画像↓。

和文フリーフォント集

 

しかし色々調べているうちにドローンの方が面白そうというのに気がつきまして、DJI SPARKという機種を買いました。一度安いミニドローンを買って操縦不能で墜落させたことがあるので安定性とアプリで定評のある、またカメラにスタビライザーがついているという理由でDJIに。動画の滑らかさでいうと3軸4KのMavic Proの方がいいというのは理解していますがもうすぐ新型のmavic pro platinumがリリース予定とのこと、それまでのつなぎと練習を兼ねて2軸ジンバルdji spark comboに。プロポ(コントローラー)が付いているのが魅力。飛ばすのも驚くほど簡単ですがアプリの設定や、バッテリーのファームウェアアップデートが最新でないとフライトしてくれないのが少し面倒。パケット代が心配です。

DJI SPARK

 

初フライトでテストを兼ねて信州方面へ。あいにく山は土砂降りの雨だったので麓に降りてきて田園風景を撮影。鳥瞰図動画が驚くほど簡単に撮れます↓。

DJI SPARK空撮

 

カメラを真下に向けることも可能↓。

DJI SPARK空撮

 

山梨リニア実験線にて。ここは店主の実家の果樹園付近。大変景色のいいところですが、リニアが開通する頃を見越してこうした公園が整備されているのかリニア見学の櫓までできていました。ドローンで見るとこんな具合に一望できます↓。

DJI SPARK空撮

リニア実験線。10年後に運用される頃には多分屋根は塞がれるのでしょうけど車体が見えるように透明のガラスかアクリルで作って欲しいですね↓。

DJI SPARK空撮

こんな具合に巨大な前方後円墓の頂上から撮っています。電池が切れそうになると自動的に離陸地点に戻ってきたり、ホバリングしてくれたり特別な操作スキル要らず。初めて触っても飛ばせるという驚異的な機種↓。

DJI SPARK空撮

インスタで動画見れます。

 

DJIの製品はOSMO MOBILEに続いて2台目ですが動画の編集も勝手に音楽入れたりアレンジしてくれたりとこんなに簡単でいいのかと思いました。思えば九十年代に初めてデジカメを触った時以来の画期的な製品ではと感じています。DJI SPARKは入門機種なので電池の持ちや動画の質など不満はあるけどインスタなど小さな画面では高画質は不要なのでこれでいいのかもしれませんがいずれはINSPIRE 2など上位機種が欲しくなってくる気がします。