続・明治教科書明朝完成

続明治教科書明朝パッケージ

かねてより製作中だった明朝体がようやく完成。八月八日予約開始に向けてパッケージやフォントデータの精査中です。

パッケージはレッド。M100+Y100+K15%と、少し燻んだ赤。旧漢字版にてデザイン。明治の「明」が大きな特徴。あまり使われることのない異体字。日編が「まど」に。窓から月明かりが射すのを意味する漢字。「古い時代の中国北部の黄土地帯では半地下形式の住居が多く、竪穴を中心に作られた部屋の窓は一つであり、そこから入る窓明かりを神の訪れとみたて窓のところに神を祀った。それで神のことを神明という」(白川静著常用字解・平凡社より)↓。
続明治教科書明朝パッケージ

——-
文字組資料。第一弾の明治教科書明朝と比べ大幅に旧字異体字を増やしました。例えば新潟県の「潟」はさんずいに写。これは方言漢字と呼ばれる。そのほかにも独自の資料から抽出した現代では見られない形状の漢字の数々。漢字好きな方や研究者の方にもおすすめのフォントです↓。
続明治教科書明朝

——-
平仮名は変体仮名もいくつか取り入れています。当時の活字をイメージしてまずは手書きレタリングスケッチからデザインしています↓。
続明治教科書明朝「変体仮名」

——-
文字組資料。100年以上前の教科書から内容が面白いと思った文章を文字起こし。それを続・明治教科書明朝で組んでいます。蟻の生活↓。
続明治教科書明朝文字組

——-
蛍光色で印刷した文字組み資料。特に欧文は超個性的。ゴシック調なローマン体。全て直線で構成しているのが大きな特徴です↓。
続・明治教科書明朝欧文

——-
百年以上前のカタカナはまるで漢字の明朝体のデザインでした。これは百年以上前の中学歴史教科書から。なんと「ネ」が子丑寅、子の刻の「子」です↓。
続明治教科書明朝

——-
これは、高等小学校教科書。カタカナと漢字で著された活字↓。
明治期のカタカナ

——-
続明治教科書旧字明朝カタカナ文字組見本。片仮名と云えば宮澤賢治の「雨ニモ負ケズ」が思い浮かびます↓。
続明治教科書明朝カタカナ

もうすぐ予約開始。定価12,000円(個人利用)、法人利用は30,000円です。

木工造作&ブックカフェ

脚立製作中

店内脚立製作中です。

カスタム脚立の完成↓。
脚立

店の前に置きました↓。
脚立

壁の本棚も製作しました↓。
壁の本棚

木工細工で使う螺子はいろんなサイズを使うため効率よく収納↓。
螺子セット

こういう具合に壁に本棚を作りました↓。
壁の本棚

文字の本を置いてみました↓。
タイポグラフィ本棚

狭いながらも500冊以上の本を収容することができました。ほとんどすべて文字に関するタイポグラフィ書籍です。ネットでは公開しませんが超稀少な文化財級の古書もたくさんあります。専用の脚立(有料)を使って閲覧可能なブックカフェでもあります。閲覧希望者は店内で申し出てください。

開店5日目

お祝いの花

まだ土日しか営業できてない状況ですが店内がだいぶできてきました。そしてまたまたお祝いの花をいただきました。ありがとうございます!

先週のゆうやけ市に続き今日もメニューは手描き、チョークアートです↓。
チョークアートメニュー

新メニュー生クリームたっぷりココア登場です↓。
生クリームたっぷりココア

本棚にはタイポグラフィ本を陳列。職業柄何十年もデザインや文字本を集めていましたが、今迄ほとんどを処分してしまった中、何冊が残しておいた書籍類です。中にはすごいお宝もあるのですが多分気がつく人はいないと思います。あと半世紀以上前の小型活版機や1世紀前の手動式計算機、昭和のLED電卓など貴重なモノを置いてます↓。
店内タイポグラフィ本棚

アトリエ部分には半世紀以上前の昔のミシン。足踏み式にモーターを換装した機械で現役です。革も縫えます。もう一つのアトリエには重量級の工業ミシンがありますが重すぎて店には持って来れないためこの小型機を置きました↓。
店内奥からの眺め

今日ようやくテーブルを作りました。タモ無垢材に鉄製の脚です。これで、カウンター3席、テーブル4-5席もなりました。全席禁煙です↓。
店内テーブル