2017年秋の創作メニュー

阿佐ヶ谷カフェ「ザグリ」の抹茶のババロア

東京は今年はほとんど雨ばかりでしたがようやく晴れの日がきました。でも風が冷たく阿佐ヶ谷にもだんだんと冬が近づいてきた気がします。

店のカフェメニューも温かいものを中心に考えている今日この頃です。阿佐ヶ谷カフェ「ザグリ」の献立は全てがオリジナル。

抹茶ババロアという創作スイーツが完成しました↓。

阿佐ヶ谷カフェ「ザグリ」の抹茶のババロア

このように不思議な形状をしたスイーツです。ベースは泡だてた生クリームに抹茶とゼラチンとシュガーを溶かしたミルクを加え混ぜて冷やし固めました。小豆と生クリーム、ミニミントをアクセントとし、おしゃれなジグザグ型に作ったチョコレートには自家焙煎した粗挽き珈琲豆を練りこんでいるのでコーヒーがほのかに香ばしい。ジグザグ形状は湯気の立ちのぼる様子を想定しています。抹茶と珈琲とカカオの融合↓。

阿佐ヶ谷カフェ「ザグリ」の抹茶のババロア

抹茶ババロアは和風な感じにもよく似合います。店頭にはエノキ、カエデ、クマシデなどの小さな盆栽を飾ってますがこれらは非常に腕のたつ盆栽作家さんの作で枝ぶりに大自然の息吹きを感じます。そろそろ紅葉の時期です↓。

阿佐ヶ谷カフェ「ザグリ」の盆栽

珈琲豆は毎朝店内で焙煎しています↓。

阿佐ヶ谷カフェ「ザグリ」の自家焙煎珈琲

 

寒い季節はやっぱり温かいココア。北海道産の純生クリームを泡だててたっぷり使用。こんなに贅沢なココアは当店自慢の一品です↓。

阿佐ヶ谷カフェ「ザグリ」のココア

阿佐ヶ谷カフェ「ザグリ」のおすすめ!甘酒は天然麹自家発酵。やさしい甘さは砂糖いっさい不使用で米と米麹だけです。基本はノンアルコールですのでお子様にもOK。東京の地酒「屋の守」純米酒配合のアルコールバージョンもあります。甘酒にぴったりの梅干しは昔ながらの天日干しで五年位寝かしたもの↓。

阿佐ヶ谷カフェ「ザグリ」の甘酒

自家焙煎の看板を新しく作りました。チョークで描いてます↓。

阿佐ヶ谷カフェ「ザグリ」の自家焙煎看板

 

カフェなのに甘酒があったり梅干しがあったり意外性のあるメニューもありますがこんな感じで地味に新メニューが少しづつ増殖中です。

かき氷「巨峰」

阿佐ヶ谷カフェザグリのかき氷

阿佐ヶ谷カフェ「ザグリ」のかき氷、8月の抹茶練乳に続いて9月に「巨峰」が登場。店主の実家が果樹園農家ですのでそこで採れた新鮮な葡萄をベースに作ってます↓。

巨峰のかき氷

巨峰のかき氷のチョークアート看板です↓。

巨峰のかき氷チョークアート

巨峰から丹念にソースを手作りし、こんな具合に大粒の巨峰を贅沢に仕込んでいます(実際は中に入ってます)↓。

巨峰のかき氷

 

天気のいい日は売り切れになってしまうことも↓。

巨峰のかき氷チョークアート

 

抹茶のかき氷は抹茶練乳に続いて抹茶と小豆のかき氷も登場。練乳チューブが丸ごと1本付いてくる練乳MAXも大好評↓。

巨峰のかき氷チョークアート

新鮮な巨峰がとれる時期限定。9月いっぱいか10月にできるかどうか。

巨峰のかき氷

 

かき氷の暖簾も入り口につけたのでカキ氷をやってる感がわかりやすくなりました↓。

阿佐ヶ谷カフェザグリのかき氷

 

阿佐ヶ谷カフェ「ザグリ」のかき氷をぜひお試しください。

DJI SPARKでの北海道空撮

djispark空撮

店主はカメラが趣味の一つなのでアナログカメラからデジカメまで様々な機種を持っていますが、最近DJI製の最新コンパクトドローン「DJI SPARK」を手にしてからというもの、デジカメよりも完全にドローン空撮に興味が移ってしまいました。

 

これは実際手した人にしかわからないかと思いますが、空飛ぶデジカメor iPhoneと例えるのが一番適切でしょう。まずホバリングが安定しているので初心者でもコントロールしやすい。

djisparkのホバリング

動画はこちら。日本海の焼尻島に向かって飛ばして戻ってくる様子。

そして持ち運びがコンパクト。この写真は社外品のケースですが送信機と充電器、本体など全部詰め込んだ状態。充電池は5つ入りました。プロペラガードも入りますが、基本的に外で飛ばす分にはガードは必要ないかもしれません。iPhoneなどのスマホやタブレットをコントローラーに挟んで使っています。
djisparkセット

あとはドローンをコントロールするためのアプリが使いやすい。これは他のドローンにはない特徴かと思います。飛行履歴やどの場所で撮ったか、飛行禁止区域で飛ばそうとするとアラートが出て来たりとこれはもはやおもちゃではなくGPS付きの精密機械、高性能の無人飛行機かと思います。一度安い小型ドローンを買って失敗したのでこのDJIドローンの素晴らしさが身にしみてわかります。
djigo4

東京では飛ばせないなど制約も多いですがここまでよくできたドローンだとデジカメ以来の革命的な商品なのではと思います。今回DJI SPARKを持って北海道の旅に行って来ましたが完全に鳥の目線になれました。

機体のマイクロSDに録画した生HD動画を繋げてユーチューブにアップ、音はYOUTUBEの音源で尺と同じ長さのを適当に選曲。

北海道の牧草ロール。

北海道の向日葵畑。

北海道の丘。

軽い動画はインスタにもいくつかアップしています。DJI GO4というドローン用のアプリがこれがまたよくできていて撮ったその場で自動的に動画を作ってくれたりアナログで作り込んだり音をつけてくれたり思いのままで手軽にインスタなどのSNSにアップロード可能。このアプリはドローンの動画だけではなくiPhoneで撮った動画も編集できます。

———

9月12〜13日の北海道はあいにく3日間とも土砂降りの雨。時には集中豪雨でほとんど飛ばせない状況でしたが小雨の合間を見てフライト。主に観光客のいない場所を探して悪天候の中、旭川から稚内までの長距離ドライブでしたが、全く人がいない状況でしたので思いっきり飛ばせました。

次はどこかの紅葉を撮ってみたいです。

 

——————-

本づくり研究所さんから取材されました

本づくり研究所

阿佐ヶ谷に住む友人から、近所に雰囲気のあるカフェがオープンしたと連絡を受けた研究員。さっそくホームページをチェックすると、そこには一目でワクワクするような近未来感が漂っていました。うーん、明らかにただ者ではない。よくよく調べてみると、なんとフォントの専門家が運営しているお店だと判明。フォントとカフェ、なんと不思議な組み合わせ!

さっそく取材許可を申込み、店主でありデザイナーの大谷秀映さんにお話を伺いました。

本づくり研究所

 

「たとえばこの「明治教科書明朝体」は、明治時代の教科書に使われていた字体を復刻させたもの。明治は専門の職人が手間暇をかけたぜいたくな時代なんです。大正や昭和に入ると、新聞や書籍でも読みやすいようにとか、大勢の手が入って可読性が高まり、クセがなくなっていく。もちろんそれも正しい進化なんですが、文字自体の味という意味では圧倒的に明治時代のほうが上ですね。理科の教科書に使われている図には、銅版画でつくられたようなものもあります。お札の肖像画なみに精密に描かれていてものすごく美しいんですよ。」
本づくり研究所

最近は明治教科書明朝も書籍などで目にするようになりました。写真は書籍『木佐木日記』(中央公論新社)。
本づくり研究所

他にもお店について色々と話していますのでぜひチェックしてみてください!

http://lab.p-press.jp/report/report37.html

 

ウェブマガジンから取材されるのは昨年のお店ラボに続いて2回目です。プレスページにまとめていますのでご覧ください。

*取材は2017年6月頃時点での内容です。その後スムージーやかき氷など取材当時にはなかったメニューなどもあります。お店のメニューはさらに増加中ですので中央線沿線に来たらぜひ阿佐ヶ谷のカフェ「ザグリ」にお越しください。

DJI SPARK

DJI SPARK

カメラは好きなのでアナログからデジカメまで様々な機種を持っています。撮りためた写真はこれまでに出版しているフォントの本のビジュアルや文字イメージ写真として使っています↓。和文フリーフォント集

山や牧場、海や街で主にキヤノンやSONYなどのフルサイズデジカメやiPhoneやiPadで撮ったりしていました。こうした山や田園風景などの写真を撮るのにフルサイズ用の広角レンズの新しいのを探しはじめていました↓。

和文フリーフォント集

高原の牧場の写真。これはマイクロフォーサーズで撮った画像↓。

和文フリーフォント集

 

しかし色々調べているうちにドローンの方が面白そうというのに気がつきまして、DJI SPARKという機種を買いました。一度安いミニドローンを買って操縦不能で墜落させたことがあるので安定性とアプリで定評のある、またカメラにスタビライザーがついているという理由でDJIに。動画の滑らかさでいうと3軸4KのMavic Proの方がいいというのは理解していますがもうすぐ新型のmavic pro platinumがリリース予定とのこと、それまでのつなぎと練習を兼ねて2軸ジンバルdji spark comboに。プロポ(コントローラー)が付いているのが魅力。飛ばすのも驚くほど簡単ですがアプリの設定や、バッテリーのファームウェアアップデートが最新でないとフライトしてくれないのが少し面倒。パケット代が心配です。

DJI SPARK

 

初フライトでテストを兼ねて信州方面へ。あいにく山は土砂降りの雨だったので麓に降りてきて田園風景を撮影。鳥瞰図動画が驚くほど簡単に撮れます↓。

DJI SPARK空撮

 

カメラを真下に向けることも可能↓。

DJI SPARK空撮

 

山梨リニア実験線にて。ここは店主の実家の果樹園付近。大変景色のいいところですが、リニアが開通する頃を見越してこうした公園が整備されているのかリニア見学の櫓までできていました。ドローンで見るとこんな具合に一望できます↓。

DJI SPARK空撮

リニア実験線。10年後に運用される頃には多分屋根は塞がれるのでしょうけど車体が見えるように透明のガラスかアクリルで作って欲しいですね↓。

DJI SPARK空撮

こんな具合に巨大な前方後円墓の頂上から撮っています。電池が切れそうになると自動的に離陸地点に戻ってきたり、ホバリングしてくれたり特別な操作スキル要らず。初めて触っても飛ばせるという驚異的な機種↓。

DJI SPARK空撮

インスタで動画見れます。

 

DJIの製品はOSMO MOBILEに続いて2台目ですが動画の編集も勝手に音楽入れたりアレンジしてくれたりとこんなに簡単でいいのかと思いました。思えば九十年代に初めてデジカメを触った時以来の画期的な製品ではと感じています。DJI SPARKは入門機種なので電池の持ちや動画の質など不満はあるけどインスタなど小さな画面では高画質は不要なのでこれでいいのかもしれませんがいずれはINSPIRE 2など上位機種が欲しくなってくる気がします。

 

続・明治教科書明朝発売されました

続・明治教科書明朝フォントCD-ROM

阿佐ヶ谷カフェ「ザグリ」はカフェですが、古い明朝体などのフォント(文字)製作所でもあります。百年以上前、たくさんの明治時代の教科書を所有しています。教科書専門の古書店でもあります(ほとんど非売)。

 

そうした貴重な資料活字を元に現代流にアレンジして蘇らせた明朝体フォント、明治教科書明朝を開発しています。今回その第二弾である、「FGP続・明治教科書明朝CD-ROM」が発売されました。

続・明治教科書明朝CD-ROM

第一弾では主に明治期の特徴を色濃く残すような書体を目指しましたが、第二弾ではさらに広範囲に教科書活字資料を精査した中から、現代文で組んでも読みやすいような活字を中心にデザインしています。続・明治教科書明朝CD-ROM

 

漢字は第一弾に比較して異体字を増やすと同時に、現代の漢字辞書では取り扱いのない旧字を、明治時代当時の複数の教科書を徹底的に調べ上げ、旧字化しています。

続・明治教科書明朝CD-ROM

 

続・明治教科書明朝でカフェ店舗のメニュー作り。このフォントは旧字版と新字版、ポテったエフェクトの蜻蛉(カゲロフ)バージョン。阿佐ヶ谷カフェ「ザグリ」ではこの夏、かき氷を始めました。巨峰は店主の実家の山梨の果樹園直送。

続・明治教科書明朝フォント

こちらは桃と甘酒のスムージー。天然麹を毎日自家発酵し氷結した甘酒と、葡萄と同じく果樹園直送桃をバイタミックス(Vitamix)で砕くという非常に手間のかかったオリジナルスイーツです。手間やコストを考えるとおそらく他所には絶対真似できないでしょう。スムージー作りも当初は国産のブレンダーを使用していましたがパワーが足りないのでブラウンなどのW数の大きいミキサーにしましたがそれでも作るのが大変だったので、バイタミックス(Pro500)にしたところミキシングがスムーズになりました。

続・明治教科書明朝フォント

 

続・明治教科書明朝はJustmyshopにてお求めください(特別優待割引)。

https://www.justmyshop.com/camp/fgpmeijizero/

 

阿佐ヶ谷のカフェ店舗「ザグリ」でも購入可(定価販売)

新フォントでのチョークアート

チョークアート

当初、割と複雑なコテコテの絵柄で描いていたチョークアートですが最近はシンプルになりつつあります。新しく描き直すと消えてしまうものなので毎回スマホで記録しています。

先日までクルクルした丸っこい文字で描いていましたが今回からはシャープで独創的なフォントとして。

チョークアート

ナイフのような明朝体のような鋭利なデザインです。特にアルファベットの「A」など特徴があります。

チョークアート

こちらは「鱗」などの飾りがないバージョン。

チョークアート

元となった新フォント。名前はまだありません。

新フォントラフ

阿佐ヶ谷カフェ「ザグリ」の店主はフォント作家でもあります。これまで文字関連の著書がいくつかあります。フォント文字書籍としてはベストセラー本となっております。以下のアマゾンリンクは「続・和文フリーフォント集」です。

店内でも販売していますので必要な方はお声がけください。

かき氷「いちご練乳」

阿佐ヶ谷カフェ「ザグリ」のカキ氷

阿佐ヶ谷カフェ「ザグリ」のかき氷メニュー第一弾が完成しました。鋼(はがね)の刃を京都産天然砥石で研ぎ上げ、キョンセーム革で刃先を整えています。機械は手回し式かき氷機中部製「初雪」HA-110Sです。氷は店内浄水設備で電解水素水(150ppb前後)をマイナス20度で凍らせたものを数時間かけて温度を上げて溶かしてから削っています。
ザグリのかき氷

苺で手作りソースを作りました。今いちごが手に入るのは珍しいらしく東京では今年最後だそう。間に合ってよかった。
苺

苺

これが完成したザグリ特製「いちご練乳かき氷」。カタチを綺麗に盛るのではなくなるべくフワフワ感を出すため、基本的には削った氷の積もるままに任せます。
いちご練乳

練乳は生乳や生クリーム、糖分などを配合して煮詰めた自家製練乳と市販の練乳をミックス。

青いハーブティー

バタフライピー

新メニュー、「ブルーミラクル」タイ産のハーブ、バタフライピーにアップルピールなどをブレンドしたフルーティな味わいのハーブティーです。
ブルーミラクル

青い色はブルーベリーなどと同じ天然色素。無着色、ノンカフェインのハーブティーです。ザグリでは店内浄水設備抽出の電解水素水で数時間かけて水出し抽出、ほんのり甘いお飲み物に仕上げました。レモン汁を混ぜるとピンク色に染まります。色が変化する原理は理科実験リトマス試験紙で同じみのアルカリから酸性に変化するためです。「おっ(青)か(赤)さん(酸)せい」って習いましたが、「信号機が青色から赤色に変わるのは賛成」とか覚え方は色々あるようですね。