cafeカウンター材仕上げ

オスモカラー

無垢材カウンターの表面仕上げです。国内外のニスやウレタンラッカー、オイルステインなど様々な塗料を試していましたが色がイマイチだったり油の匂いがきつかったりで珈琲の味を損なわないようなものはないかと探していました。

オスモ
自然の木の良さはそのままに撥水性、防汚性、耐久性、メンテナンス性などにも優れている面からオスモカラーに決めました。この種類は塗膜も固く輪染みもつきにくくカウンター材に向いている、匂いも気になりません。ドイツ製で一般的な塗料に比べてコストも高いのですが、無垢材も高かったのでそれに見合った選択です。

オスモカラー
ツヤ消しタイプと3分ツヤがありましたが、3分ツヤタイプに。ショールームで詳しい説明を聞く事ができいろんな木材への塗料サンプルも見ることができ、お試し小袋サンプル塗料で実物の木材で事前に試せたのが大変参考になりました。

オスモカラー
仕上がったカウンター。塗り方も簡単、スポンジ状のハケで綺麗に塗りました。

オスモカラー
棚もオスモカラーで仕上げ。

カウンタージョイント部分
L字カウンタージョイント部分。400番ベルトサンダーで研磨したので真っ平らですべすべ。

ジョイフル本田
カウンター材のサイドで急遽タモ材が必要になりました。注文すると2週間はかかるためジョイフル本田にあったことを思い出し勝田まで。

ジョイフル本田
しかしここの木材売場コーナーの規模には圧倒されます。東京などの店舗とは比べ物になりません。

圧力計
圧力ゲージなども様々なサイズが並んでいてびっくり。

有圧換気扇
有圧換気扇もたくさん。都会のホームセンターではなかなかこれだけのバリエーションはありません。

カフェカウンター造作中

L字型ジョイント接続カウンター

注文していたカウンター材が届きました。

tamo1
5cm厚の重量級のタモ無垢材。一人では持ち上げることができないほどの重さ。たぶん7〜80kg位。

タモ無垢材図面引き
カウンター材のL字型ジョイントを自分で加工します。垂直直角に計って印を付けるための道具「シンワ測定 一発止型定規 アルミ 62113」。これはものすごく便利です。厚みのある木材にも正確に線が引けます。

タモ無垢材カウンターL字ジョイント部分
精密に木材にスミ入れ。

ザグリ
垂直に孔を空けるために「SK11(エスケー11) 垂直ドリルガイド DS-70
を使用した工作。こうした補助がないと人間の手ではドリルの回転に負けて曲がってしまうのです。

ザグリ加工
これだけの厚みのあるのタモ材は大変高価です。やり直しのきかない作業のため気を使います。

タモ材ザグリ
横孔空けは精度の要求される作業でしたが無事精密なザグリ孔空け成功です。50mmの半分の25mmの位置に横に貫通する全ネジを通して、両サイドからジョイントボルトで締めるための孔です。

L字型ジョイント接続
L字型ジョイント接続。何十KGもあるため大変な作業でしたが接続成功。ガッチり組まれました。

L字型ジョイント接続カウンター
仮設置完了。ブロック積みの土台にビクともしないどっしりとした作りのカウンターに。カフェっぽくなってきました。客席側からは見えない部分ですが、カウンターブロックの裏側も綺麗に左官仕上げしています。

カウンターの上に置いてありますがレベルを見るために非常に便利なメジャー「タジマ スラントレベルコンベ19 5.5m 19mm幅 メートル目盛 SLL19-55BL」コンパクトに水平も調べられるため大活躍です。

次は表面仕上げですが、続きは後日。

カフェカウンター設計中

カウンター材シュミレーション

カウンターを考え中です。カウンターというのは店の真ん中に位置するため店の顔とも云え、非常に重要な役割をはたすと考えます。大きな造作となるためやり直しが効かず機能的にもデザイン的にも失敗できません。カウンターなどの大型設備は通常は専門家に発注するところですがこれもカフェオーナーが自力で造作施工します。

50mm厚みタモ材
いろんな板材を見て回り、この木材が色あいや木目の感じがよさげです。厚みは50mmというのが空間全体のバランス的にベスト。

マホガニー
色の濃い木材サンプルも検討用に購入。

木材に印
木材はザグリで孔を空けてつなぎますが、練習のため50mm厚の端材でシュミレーションすることにしました。

ドリルに垂直ガイド
電動ドリルに垂直ガイドを取り付け。

ザグリで孔開け
ドリルにザグリ刃を取り付けて垂直に凹面を作ってます。ドリルでまっすぐ垂直に孔を空けるというのはドリルの回転の力も加わるため手作業では不可能です。そこでこうした矯正ガイドなどが役立つのです。

ジョイント加工
カウンターコーナー部分はL字型につなぎますのでこうした接続用の孔を空けます。

ジョイント金具
木材をつなぐ専用のジョイント金具です。ホームセンターでは売ってないのでネットで探して購入。しかし届いたものは通常のボルトになっていて、どう考えても物理的にもザグリ孔には入りませんのでボルトの頭をカットしました。

カウンター材ジョイント
カウンター材ジョイントの完成です。

カウンター材シュミレーション
L字ジョイントカウンター部分模型。相当重量のあるカウンター材を乗せるため、頑丈に積み上げたブロックが威力を発揮します。

これで本番用カウンター発注できます。2m超え50mm厚みの無垢の板材は非常に高価なため失敗は許されないので試作でした。

カフェカウンター施工中

カウンター裏セメント塗り

カウンター
鉄筋削り中。カウンターの天板を乗せるのに、水平を出す作業。削っては天板置いて傾きを治しての作業で半日かかってしまいました。こういう作業、毎回、破片や火花が飛び散って熱くておそろしくてビビりながらの作業です。

サンダーの刃
金属カット用のサンダー替え刃が半分位の直径に、コンクリート削りダイヤモンドホイール2つの刃はほとんどなくなりました。こんなに減るほどの作業量です。

カウンター裏セメント塗り
カウンター裏セメント施工。

カウンター裏
カウンターはお店の真ん中に位置し、大変重要な役割をもつものと考えてます。表面は完成していたのですが、どうも裏側が気になってましたのでセメントを塗ることにしました。お客さんからは見えない部分ですが手抜きしたくはありません。

カウンター裏
表面と同じように白ペンキ仕上げ。

一斗缶ペンキ
一斗缶ペンキ使い切り、二缶目突入。一斗缶で100㎡塗れる計算なのですが、天井から床、壁、カウンター、扉としっかり3度塗りしているため減りが早い。

カフェカウンター周り基礎完成

カウンターとステンレス壁面完了

店主です。少し間が空いてしまいました。店舗造作があまりにも大変な作業なのと、他にやらなければならないデザインの仕事などが多すぎてBLOGを書いているどころではありませんでしたがようやくカウンター基礎が完成しました。

溶接中
カウンターキッチンのブロック積みがまず難関でした。ホームセンターでブロックを30コ位買って軽トラで運んで一段づつセメントで積んで行き、3回に分けて1週間かけ計80コあまりのブロックを積み鉄骨を溶接しながらという作業。溶接機を買い1週間かけて執念で積み上げました。

一つ目に買った交流式溶接機というのがいまいち使いづらく、二台目の半自動型MIG溶接機にて作業。溶接機もピンキリで奥が深い。

ステンレス貼り
厨房の背面壁のステンレスは厨房業者さんにお願いしました。レーザー水準器で測りながら大変そうで丸一日かかりました。

作業中の様子
作業中。

カウンターとステンレス壁面完了
カウンターとステンレス壁面完了。溶接ができるようになったので自転車加工の巾も広がりそうです。自転車のカスタマイズなどもいろいろやってます。

カウンターキッチン仮積み

店舗図面

店舗図面

ブロック塀をとりあえず20コ買い、仮に積んでみました。ホームセンターで軽トラ無料貸し出しだったので助かりました。実物大設計でより正確な寸法が追えるようになったので材料の精査。

ブロック塀

床埋め込みコンクリアンカー12本、鉄芯16本、ブロック計77コ必要。メインカウンターは6段重ねで120cm弱の高さに。キッチンカウンターの背面は2mハイトまでステンレス板を貼ることにしました。

キッチン設備図面