2018年11月のゆうやけ市

阿佐ヶ谷ゆうやけ市

阿佐ヶ谷名物、秋のゆうやけ市2018が11月11日開かれました。ゆうやけ市は年に2回、秋と五月頃に開かれます。このイベントはJR阿佐ヶ谷駅北口から5〜6分歩いて阿佐谷商和会を抜けた松山通り商店街で開かれます。

前回春は雨でしたが今回の秋のゆうやけ市は快晴で穏やかな天気に恵まれました。カフェ「ザグリ」はこの地に店を出して2年が経ち、ゆうやけ市は4度目の出店になります。
2018年秋のゆうやけ市「ザグリ」店舗
普段は閉まっている扉ですがこの日は全開になります。出店メニューは綿あめとチーズお菓子の創作メニュー、グリッチーズ。

2018年秋のゆうやけ市ぐるぐる回る綿あめ機
綿あめ機はザラメを熱して高速回転した金属製の皿の隙間から遠心力を使って細い糸状になった飴を綿のように噴出して作り出す構造になっています。ぐるぐる回転するこの円盤が命なのです。いつもは途中焦げ付いて悲惨な状態になってしまいます。今回は金属部分をピッカピカにコンパウンドで磨いて準備。

2018年秋のゆうやけ市「ザグリ」店舗わたあめ
コーラの新味も登場。味によって色も違います。

2018年秋のゆうやけ市わたあめ
これはラムネ味。このラムネ味は形が作りやすい方です。指先で割り箸をくるくる回して形を作ります。毎日やってれば上手になるんでしょうけどたまにしかやらないので綺麗な形にするのが難しい。

2018年秋のゆうやけ市ねぶた
毎回青森で作られたという本物のねぶたのハリボテが練り歩きお祭り騒ぎです。

2018年秋のゆうやけ市「ザグリ」店舗
今回はわたあめ機をだいぶチューニングしたおかげで4時間回しっぱなしで稼働。今までですと途中機械を掃除のため休めなければならなかったのですがチューニング効果絶大で生産性が上がりました!

阿佐ヶ谷カフェ「ザグリ」綿飴機
イベントが終わったら綿飴機は分解して皿の掃除し半年後の次回2019年春のゆうやけ市に備えて準備万端。目の細かいヤスリとコンパウンドでピカピカに磨き上げます。綿飴機はモーター部分が轆轤のように回転してくれるおかげで磨きやすい。

ゆうやけ市/阿佐ヶ谷2018春

阿佐ヶ谷カフェザグリのゆうやけ市

2018年5月13日(日)は阿佐ヶ谷名物ゆうやけ市。早いもので開店してから一年半、ゆうやけ市参加は4回目になります。ただ天気予報は15時から雨ということだったので前日に塩化ビニールのシートカバーを作っておきました。

当店は年に2回のゆうやけ市の日は入り口前回オープンカフェ仕様になります。メニューはお祭り用の綿あめとグリッチーズメイン。手書き看板は前回はテーブルの前に置きましたが人で隠れてしまうのので今回はテントの軒先に吊るし往来の人からよく見えるようにしました。流石に綿あめもだいぶ慣れてきて綺麗に作れるようになりました。
阿佐ヶ谷カフェザグリのゆうやけ市

正確に天気予報通り15時には降り出した雨。2mx2mの大型ビニールシートのおかげで雨ニモ負ケズ頑張りましたが次第に本降りになってしまい、綿あめは物理的に作ることができなくなったのでお終い。次回の秋のゆうやけ市は晴れて欲しいですね。

グリッシーニわたあめ

グリッシーニわたあめ

新メニュー「グリッシーニわたあめ」誕生。このたび業務用綿菓子製造機を導入しました。最初普通に割り箸や竹串で作っていたのですが、スティック状の食べれる素材がないかと探していてグリッシーニを思いつきました。グリッシーニとは、クラッカーのような食感の細長い素材で14世紀にイタリアのトリノで生まれたとされています。

わたあめ機
通常のザラメ以外に、グレープ、ストロベリー、ソーダ、メロン味も試し中です。このわたあめマシンでは飴玉からも作れますが、シンプルに普通のザラメが美味しいかな?

グリッシーニわたあめ
こんな具合に串まで食べれます。ポッキーやプリッツ、はたまたビーフジャーキーなど色々試しましたがグリッシーニが最適。


ユーチューブに動画アップしました。