長年(約5年)使っていたMacBookProが壊れてしまいました。工事中あまりにも過酷な中、粉塵に内部をやられたのかOSが起動しなくなり、移動中に液晶が割れました。大事に使っているつもりですがMacBookProが壊れたのはこれで3回目です。

そこで最新型のMacBookPro13(512GB/16GBM/USキー、タッチバーモデル)を買ったのですが、今まで付いていたUSB-Aポートやデジカメの画像取り込みに便利だったSDカードスロットが廃止され、両脇に小さなサンダーボルト3ポートが計4つあるだけ。マグネット式の電源も廃止され、このThunderbolt3ポートを使えとのことです。しかしこの小さいポートのおかげでこうしたシンプルで薄い筐体のデザインを実現しているのでしょう。

そのままではDVDも外付けSSDもSDもHDMIも何も接続できないのでDOCK(ハブ)を買うしかありませんが調べてもMacBook用のUSB-C対応の製品はあるもののサンダーボルト3規格のものがありませんでした。

待つこと数ヶ月、予約購入していた待望のハブ「ハイパードライブ」が届きました。「HyperDrive: Thunderbolt 3 USB-C 2016 MacBook Pro Hub」Late 2016 Model。
USB-Cハブ「HyperDrive」

HDMI、USB-C以外にもSDカード、MicroSDカードスロット、USB3.0ポートなど必要な機能が全部揃っており、ないのはEthernetハブ位ですが使う場面はほとんどないので必要ナシ。

HyperDriveは現時点でサンダーボルト3に対応している数少ないマックブックプロ用ハブです。データ転送速度50Gb/sと超高速で、しかもMAX100W。ハブを通さない直接続と同じ状態での充電が可能。
ハイパードライブ

MacBookProのポートに合わせて2つのコネクタがあります。見えないところにロゴがあるのが素晴らしい。現ハブ製品全て調べたのですが他のUSB-Cハブは目立つところに変なデザインのロゴがあって肝心のMacBookPro筐体の美観を損ねます。
HyperDrive

HyperDriveは色も純正のスペースグレイとぴったり。しつこいようですがロゴがないのがMacの美観を損ねません。
HyperDrive

これで1世代前のMacBookProシリーズと同じポート環境になりました。新型のMacBookProは従来モデルのような数種類のポートがないので現時点でHDやSDなどを接続するにはUSB-C(またはThunderbolt3)変換アダプタを用意する必要があります。

hyperdrive

スペック

Thunderbolt 3によるフルスピード充電、HDMIポートやSD&microSD、USB-CやUSB 3.1ポートが全部手に入る。 HDMI出力は4K(30Hz)対応で、Thunderbolt 3では1x5k,2×4K出力、40Gb/sでの高速データ転送、100W充電が可能。USB3.1・USB-Cは5Gb/s、SDカードスロット104Mbpsという最強スペック。

  • HDMIポート × 1(1080p@60Hz / 4k@30Hz)
  • Thunderbolt 3ポート × 1(5Kx1 / 4Kx2 / 40Gb/s / 100W)
  • USB-Cポート × 1(5Gb/s)
  • Micro SDカードスロット × 1(104MBb/s)
  • SDカードスロット × 1(104MBb/s)
  • USB 3.1ポート × 2(5Gb/s)

 

HyperDriveはKICKSTARTERにて出資を募った製品です。

現在USB-CからUSB-Aへのアダプタはいくつも出ているのでそれらを買えばいいのですが、Thunderbolt3変換アダプタは存在しません。同じ形状のUSB-Cが選択肢になります。ハブでThunderbolt3に対応している製品は2017年3月末時点でTUNEWEAR ALMIGHTY DOCK TB1とこのHyperDriveのみです。TB1はわかりませんが、HyperDriveは4月3日発売予定です。
アマゾン↓。


困った!ハードシェルケースが干渉して使えない

ポリカーボネート製などのハードシェルケースは、形状によってはハブが使えないことが判明しました。
ハードシェルケース

際までカバーしているケース
ハードシェルケース

カッター程度では切断加工が無理のようで、精密ノコギリで切断しヤスリで削り加工しました。
ハードシェルケース加工
同じ問題でお困りの方、本体とカバーをお持ちいただければその場で加工いたします。カフェですけどあらゆる工具を取り揃えております。

ハードシェルケース切断加工サービス

ハードシェルカバー切断加工料金:1,000円〜(素材によってはお断りする場合もございます・大まかな加工となりますので、完璧な加工をお望みの方はご遠慮ください)。お飲み物などを飲んでいる間30分位で加工可能です。
*珈琲などの飲み物は別料金となります。店主不在の場合は対応不可ですので電話やメールなどであらかじめご相談ください。


8月19日追記:公開以来何人かのお客様のケース加工をさせていただきました。ポリカーボネイト製であればほぼ問題なく切断加工が可能ですが、お越しいただく際は事前にメール添付でケース形状の写真を送ってください。

info@zaguri.tokyo