トートバッグ製作中

阿佐ヶ谷カフェ「ザグリ」のトートバッグ

店内にはトートバッグをディスプレイしています。これらは全てザグリオリジナルのハンドメイド製品です。

ザグリのトートバッグ

20年以上使っているミシンが調子が出ず作ることができなかったのですがこの度ようやくミシンを新調。JUKIの職業用ミシン「SL-300EX」です。今までのバックオーダー分をようやく作ることができました。

古い同型のシュプールは修理に出しても治らず。この新しいマシンは照明はLED、サブテンション機能が追加されていたりと20年の間にシュプールの地味な進化が伺えます。

昔は某大型店にてミシンを買っていましたがいざ壊れた時の修理がもっとも重要というのに気がつき近年ではアフターサービスがしっかりしたミシン専門店にて購入しています。SL-300EXは日暮里のタケダミシンさんにて購入しました。SL-300EXはネットでは買えないミシン専門代理店販売機種になります。全てのものがネットで買える世の中ですがものによっては後々のメンテを考えてしっかりした実店舗で購入することも大事です。

 

実は購入3日目にしてカバンを2−3個縫製したところで初期不良になりすぐに出張修理対応してくれたので安心しました。しかも今までのシュプールも治していただいたので同型のミシンが2台になってしまいましたがスペアマシンとして使います。某大型店ではこちらからミシンを発送してまた送ってもらってと時間も金もかかり、しかも修理が済んだはずなのにまた調子がおかしくなり修理不能と諦めるしかありませんでした。

 

JUKI SL-300EX

このミシンはシンプルな直線縫い機能しかありません。縫い目も綺麗。

ジューキシュプールでの縫製

ポケットの裏には力布で補強。ザグリのトートバッグの布地は、表地がキバタ10番、裏地が同番または2番下、一度洗った布を使用しています。

力布

タグは革に店内設備のレーザー彫刻で焼いてます。

ザグリのトートバッグタグ

こちらはスマホケース。

小さくても精密に手作りでタグをつけてます。

スマホケースタグ

ザグリのバッグの特徴は細かいパーツに自転車用のものを使っていることです。自転車に詳しい人ならわかりますね。昔はカンパニョーロの製品も入手できたのですが今では生産していないらしく残念です。今使っているものも一部を除き生産していないものばかりなのでなくなり次第終了です。

トートバッグ持ち手

職業用ミシンの他に工業ミシンもあり、これは今はなきセイコーミシン社のTE-2型。かなり昔の型ですが前オーナーがほとんど使っていないというミント状態のを譲り受けまして要所で直線縫いマシンとして使ってます。

TE-2

セイコーミシン社のTE-2型で縫製している様子の動画。