BOOKANDMARKET2017

学芸大学BOOKANDSONS

昨年に続いて東横線学芸大学駅近くにある、タイポグラフィ古書店「BOOK AND MARKET2017」に参加させていただきました。
BOOKANDSONS

http://bookandsons.com/blog/shop-info/book-and-market-2017.php

「業界で活躍中のクリエイターや個性的なショップが、愛用の品やオリジナルグッズ、家具からワケあり品まで大放出」という趣旨の一日イベントです。今回初めて自家焙煎の豆を販売させていただきました↓。
ザグリの自家焙煎豆

ザグリオリジナル組紐製品たち。ピアスや帯締め類↓。
BOOKANDMARKET2017ザグリブース

測量野帳やカメラ類など↓。
BOOKANDMARKET2017ザグリブース

様々な書体の欧文鉛活字をたくさん持って行きました。全てヴィンテージの一点ものという貴重な品。まさか買う人はいないだろうと飾りのつもりで置いてたらほとんど売れてしまいました↓。
鉛活字
鉛活字

BOOK AND SONSという店は、文字に関する書籍がたくさん置いてあるという珍しい本屋さんです。昨年はザグリ店主が作っている「明治教科書明朝」のイベントを行いました。そして明治教科書明朝初期型を販売させていただいてました(完売)↓。
明治教科書明朝

http://bookandsons.com/blog/shop-info/fgp_event.php

また、ザグリ店主が10年以上前に出した著書「ヘルベチカの本」も古書として置いてます。既に絶版の貴重な本です↓。
ヘルベチカの本

明治教科書明朝の購入ユーザーさんも何人かブースにきてくださり充実した一日でしたが来年はもっと違う展示にしようと楽しみが増えました。

クリスマスリース

クリスマスリース

クリスマスリースを作りました。苔でシンプルに。天然素材ですのでフカフカです。既製品だと思うようなのがなかったので自作です↓。

 

クリスマスリース

 

1995年頃からはよく水草で水景として使われているリシア(和名カズノゴケ:英名Riccia fluitans)で作りました。水に漬けると生き返ります↓。

リシア

リシアはウキゴケの一種でよくその辺で見かけます。土の上に生えていたり湧き水など綺麗な水の流れには群生している場合もあります。昔水草水槽を作っていた頃よく田舎の田圃や河原などに採集しに行ったものです。

リースは希望があればお作りすることも可能です。大きさによって価格は違いますので店頭でお問い合わせください。

ゆうやけ市/阿佐ヶ谷2017秋

阿佐ヶ谷カフェ「ザグリ」

11月12日(日)は阿佐ヶ谷カフェ「ザグリ」のある松山通り商店街で阿佐ヶ谷名物「ゆうやけ市」が開かれました。昨年秋と今年の初夏に続いて3度目のゆうやけ市。時間は午後1時〜6時まで。

普段は珈琲などの飲み物ですがこの日はお祭り限定メニューです。グリッチーズ、ココア、わたあめの3種類。グリッチーズはチーズベースのザグリオリジナル創作おやつ。ココアは朝泡だてたばかりの生クリームたっぷり。わたあめは前回に続いて2度目。店は全開状態で、手書きの看板などでお祭り感を演出↓。
阿佐ヶ谷カフェ「ザグリ」のゆうやけ市

この年に2回の阿佐ヶ谷のお祭り、普段はそれほど人がいないのにこんなにたくさんの人出です。店の前から阿佐ヶ谷駅方面↓。
阿佐ヶ谷ゆうやけ市

こちらは駅とは逆の方向。青森のねぶた祭りで一日中こんな感じで賑わってます↓。
阿佐ヶ谷ゆうやけ市

ねぶたの山車↓。
阿佐ヶ谷ゆうやけ市ねぶた

わたあめは子供に大人気。何時間も回しっぱなしで全く手を休める暇がなかったほど忙しい日でした。グリッチーズは密かな人気おやつ。ココアはお祭り価格です↓。

阿佐ヶ谷カフェ「ザグリ」

おしまい。シャッター閉めました。昨日まで3日かかってシャッターのペンキ塗りをしてました↓。
阿佐ヶ谷カフェ「ザグリ」

当初シャッターは金属むき出しでサビ止めのグリスをコーティングしていたのですが油の匂いと汚れが目立ってきたのでエポキシ系のサビ止め効果のある水性塗料で塗りました。塗り始めの様子↓。
シャッターペンキ塗り

次回ゆうやけ市はまた来年。

2017年5月のゆうやけ市

阿佐ヶ谷カフェ「ザグリ」の阿佐ヶ谷ゆうやけ市でのカップわたあめ

阿佐ヶ谷名物ゆうやけ市2017が5月14日開かれましたので開催情報です。ゆうやけ市は年に2回、秋と五月頃に開かれます。阿佐ヶ谷には他にも名物パールセンターの七夕祭りや、駅周辺の飲み屋街スターロードのイベントなどがありますが、ゆうやけ市はJR阿佐ヶ谷駅北口から5〜6分歩いて阿佐谷商和会を抜けた松山通り商店街で開かれるイベントです。

松山通りは別名「旧中杉通り」とも呼ばれます。一方通行の道路ですが以前はバスも通行していたようです。

「松山通り」という名前は、この辺りに昔松林があったことに由来するそう。

松山通りを通るバスは昭和21年12月1日に阿佐ヶ谷駅から中村橋まで運行開始。 1981年3月の新しい中杉通り開通によってバス通行は終了。

ゆうやけ市は平成十二年六月第一回開催ですから歴史は浅いですが、今回で59回目だそうです。

そんな阿佐ヶ谷の商店街にあるカフェ「ザグリ」は入り口部分が開閉可能なように作り込んでます。ゆうやけ市や季節気候によっては全開なオープンカフェになります。
阿佐ヶ谷ゆうやけ市

店の前には針葉樹の24mm厚合板パネルを切り出して作った簡易テーブルを設置。
阿佐ヶ谷ゆうやけ市

業務用わたあめ機を買ったのでワタ菓子作りです。イチゴ、パイン、メロン、グレープ、ソーダ味と豪華に5種。左端に見えるのは阿佐ヶ谷ゆうやけ市開催情報のチラシ。
阿佐ヶ谷ゆうやけ市

ゆうやけ市は13時から18時まで。こんな感じで終始お祭り騒ぎ状態。
阿佐ヶ谷ゆうやけ市

阿佐ヶ谷ねぶた。何往復も練り歩きます。ゆうやけ市は何千人も来るイベントだそうです。
阿佐ヶ谷ゆうやけ市

最初は難しかったわたあめ作りもさすがに100コを超える分量を作っていたらプロ並みに上達しました。カップに詰めるアイデアも斬新かと思います。ザグリ謹製「カップわたあめ」。子供達にはソーダ味が大人気ですぐ売り切れ。
カップわたあめ

次回第60回阿佐ヶ谷名物「ゆうやけ市」は今年の秋2017年11月12日(日)に開催されます。ZAGURIではまた綿飴を出す予定です。

 

第60回阿佐ヶ谷名物「ゆうやけ市」開催情報

七五三だよ!ゆうやけ市

日時:平成29年11月12日(日)午後1:00〜6:00

新メニュー「グリッチーズ」と「カップわたあめ」

グリッチーズ

ザグリオリジナルおやつメニューができました!阿佐ヶ谷カフェ「ザグリ」では、おやつや飲み物など日々当店独自のものを考案しています。明日5月14日の阿佐ヶ谷のお祭り、「ゆうやけ市」用に限定プライス300円でdébut!

グリッチーズ

グリッシーニとチーズのハーモニー、その名も「グリッチーズ」。ザグリオリジナルレシピです。クセになる美味しさ、サクサク食感、いくらでも食べられるヘルシーさ、ビールのおつまみ、子供のおやつにetc..。
グリッチーズメニュー
メニューは手書きレタリングです。

カップわたあめ
なんと!わたあめを透明カップに入れました★ザグリ謹製おしゃれな「カップわたあめ」。カフェでわたあめってどうですか?懐かしくもあり、見慣れないカップ入りなのですごくおしゃれ。口の中でサクッと溶ろけます。本格的な業務用綿菓子製造機で作っています。

カップorグリッシーニわたあめ
わたあめはグリッシーニ巻き又は、カップ入りがセレクト可能!

南アルプルの天然水出し珈琲
ザグリでは通常営業時は米国エバーピュア社製強力浄水器を通した美味しい水を使用していますが今回のゆうやけ市では、南アルプスの天然水出し珈琲でおもてなし。ポタポタと気の遠くなる時間をかけて丁寧に抽出し珈琲豆本来の旨味を引き出すと云う大変てまひまのかかったアイスコーヒーです。昔風の云い方で「ダッチコーヒー」、今風で「コールドブリュー」。お祭り価格の完全赤字な300円で提供!。

アイスミルクココア
そして、アイスミルクココア。榛名産生乳と純正ココアパウダーを使用した自然な美味しさ。

お客様に美味しいものを提供したい一心で日夜ザグリだけのオリジナルメニューを開発しています。阿佐ヶ谷にお越しの際はぜひお立ち寄りください!

*店内メニューは通常価格となっております。

グリッシーニわたあめ

グリッシーニわたあめ

新メニュー「グリッシーニわたあめ」誕生。このたび業務用綿菓子製造機を導入しました。最初普通に割り箸や竹串で作っていたのですが、スティック状の食べれる素材がないかと探していてグリッシーニを思いつきました。グリッシーニとは、クラッカーのような食感の細長い素材で14世紀にイタリアのトリノで生まれたとされています。

わたあめ機
通常のザラメ以外に、グレープ、ストロベリー、ソーダ、メロン味も試し中です。このわたあめマシンでは飴玉からも作れますが、シンプルに普通のザラメが美味しいかな?

グリッシーニわたあめ
こんな具合に串まで食べれます。ポッキーやプリッツ、はたまたビーフジャーキーなど色々試しましたがグリッシーニが最適。


ユーチューブに動画アップしました。

一日フリマに参加しました。

阿佐ヶ谷カフェ「ザグリ」オーダースタンプ

2016.12.10:学芸大学BOOK AND SONSにてフリーマーケット出展しました。

古いカメラや電卓、オリジナル文具やカスタム文具、手作り名刺スタンプ提案などを出店。

その中で大変好評だったオリジナル名刺スタンプサービスのご案内です。マンツーマン形式でご来店のお客様へのカスタムオーダー名刺です。珈琲一杯サービス付き。

詳しくはザグリ来店時にお尋ねください。

各種紙材名刺

 

BOOK AND MARKET
http://bookandsons.com/blog/shop-info/book-and-market-2016.php

ゆうやけ市2016

黒板作り

開店してからというものまだ店内造作中で休日しか営業できていませんが2016年11月13日の今日は阿佐ヶ谷名物、「ゆうやけ市」というお祭りですのでお店を開けました。

まずは看板の用意。前日に浅草橋や合羽橋に黒板を見に行きました。赤と茶色と黒が欲しかったのですが思うようなのがなかったので画材屋で水張り用パネルを買って黒板用ペンキで塗って手作り。

早朝のゆうやけ市。誰もいません。開催情報を知らせる横断幕↓。
ゆうやけ市

白墨で看板ラフ。懐かしい。チョークを使うなんて何十年ぶりでしょうか↓。
チョークで看板描き

黒板にはあまり描いたこともないのでこんなに描くのは初めてですね。合羽橋で飲み物材料の仕入れやら仕込みやらでパツパツのスケジュールでしたが2時間位で3枚即興手描き↓。
チョークで看板描き

こんな感じで店の前に吊るしました↓。
チョークで看板描き

次はメニュー描きです。手書きでメニューを描くのなんて初めてです。定規で線を引いて下書き↓。
チョークでメニュー描き

下書きをベースに描きこんでいきます。レタリングです。懐かしい↓。
チョークアートメニュー

ポスカの細字ペンで飾りケイなど描きこみました↓。
チョークアートでメニュー

ラテとメニュー↓。
看板メニュー

3色の手作り黒板に白墨でメニュー完成。最近ではチョークアートというらしいです↓。
チョークアート看板

阿佐ヶ谷の旧中杉通り(松山通り)、ゆうやけ市の2016年。店の前は終日こんな感じでお祭りモード↓。
2016年ゆうやけ市

お客さんが入っている様子を外から客観的に見ました。入口全開放モードで店内丸見えな日↓。
ゆうやけ市

今日は用意したココア100杯以上完売でありがとうございます!

店じまいした後のお店の様子↓。
カフェ・ザグリ

今後ともカフェ「ザグリ」をよろしくお願い致します。

次回第59回阿佐ヶ谷名物「ゆうやけ市」は来年の春2017年5月14日(日)に開催されます。

2017年秋の阿佐ヶ谷名物「ゆうやけ市」は今年の秋2017年11月12日(日)に開催されます。

第60回阿佐ヶ谷名物「ゆうやけ市」開催情報
七五三だよ!ゆうやけ市
日時:平成29年11月12日(日)午後1:00〜6:00

他店イベント/FGP明治教科書明朝 展示

明治教科書明朝ポスター

店主です。カフェ工事と並行して、目黒区内にて文字のイベントをやっています。

この催しは文字作りから始まり、ポスター作り、本作りとかなりの年月かかってます。100年プロジェクトとして始めています。

明治教科書明朝ポスター
7月25日〜31日開催です。学芸大学BOOK AND SONSにて
FGP明治教科書明朝 展示

明治教科書明朝と展示物
展示台には百年以上前の貴重な歴史的資料ばかり。すべて店主の私蔵品です。

明治教科書明朝平仮名
それにしても美しいこの平仮名。百年以上前の活字をベースに新たにフォントとして作らせていただいてます。

明治教科書明朝
ポスターはB0サイスと巨大です。横1030mmx縦1456mm。

これらの資料類はブックカフェとして店舗にて閲覧可能になる予定です。