阿佐ヶ谷カフェ「ザグリ」のかき氷メニュー第一弾が完成しました。鋼(はがね)の刃を京都産天然砥石で研ぎ上げ、キョンセーム革で刃先を整えています。機械は手回し式かき氷機中部製「初雪」HA-110Sです。氷は店内浄水設備で電解水素水(150ppb前後)をマイナス20度で凍らせたものを数時間かけて温度を上げて溶かしてから削っています。
ザグリのかき氷

苺で手作りソースを作りました。今いちごが手に入るのは珍しいらしく東京では今年最後だそう。間に合ってよかった。
苺

苺

これが完成したザグリ特製「いちご練乳かき氷」。カタチを綺麗に盛るのではなくなるべくフワフワ感を出すため、基本的には削った氷の積もるままに任せます。
いちご練乳

練乳は生乳や生クリーム、糖分などを配合して煮詰めた自家製練乳と市販の練乳をミックス。