自家焙煎珈琲とコーヒー豆販売

タグ: 組紐

座繰り器

組紐の取材されました

ラジオ番組で当店の組紐が紹介されました。
番組の中ではNAVIGATORのクリス智子さんが当店組紐作家「ひろ美」の組紐について、座繰りについて非常にわかりやすく紹介されていました。
白金のカーサデガスタさんでも組紐作品が見れるということもアナウンスしていただきました↓。
カーサデガスタヨット組紐
「座繰」は座るに繰り返すという漢字です↓。
座繰
番組内では斬新で見たことがない柄の組紐と紹介されていました。ゼブラ柄も紹介してくれていましたが、これは同じ組み柄で色違いの虎柄↓。
虎柄の組紐
クリス智子さんが「ザグリ」という言葉は初めて聞くということをおっしゃっていました。当店のお客様からもよくザグリの意味を聞かれるのでこの機会に「ざぐり」の名の由来について少し紹介します。
当店の公式ホームページABOUTでは、
「店名のザグリ(坐繰り/座繰り)とは、座って繭から糸をたぐりながら糸枠に巻き取ること、木製の歯車の付いた道具のことをさします。また、木材などを貫通させずに穴を空けることもザグリと云ひます。自分の手で何かものを作り出すという意味をこめて「ザグリ」と名付けました。」
当店保有の座繰り器
座繰り器
数年前、岡谷の市立岡谷蚕糸博物館に行きまして、「座繰り」の語源について調べたことがあります。それによると江戸時代の養蚕業では、鍋に煮た繭から手作業で絹糸を巻き取っていましたが、これに木製の歯車や滑車を付ける事によって高速化、効率化をはかれるようにした道具が座繰り器なのです。座繰り器は上州で18世紀に発明されました。写真は博物館内で写真撮影可とのことでしたのでお言葉に甘えて貴重な文化遺産類をスマホで撮らせていただきました。上州座繰り器↓。
上州座繰り器
富岡製糸場で有名な上州群馬県の座繰り器では歯車でしたがこれを滑車にして更に高速化したのが東北でポピュラーだったという奥州座繰り器↓。
奥州座繰り器
蚕蛾。こんな小さな生き物からシルク製品が生まれます。「ひろ美」の実家は農家です。子供の頃は養蚕もしていたので懐かしいです↓。
蚕
桑の葉を食べた蚕「カヒコ」が蛹化する時に繭を作り、成虫化した蛾はまた卵を産み循環する図↓。
養蚕
明治期から昭和30年代頃にかけて我が国の近代産業を支えた養蚕。横浜開港翌年の1860(万延元)年当時の日本の輸出品目は茶と生糸が主でしたがその66%が生糸でした。藩別の内わけは、奥州41%、上州20%、信州20%。1862(文久2)年には生糸の輸出比率は実に86%にものぼったということです。
手で座繰り器で取り出していた絹糸は次第に機械化が進み国内外の産業革命とともに自動化、大型化しました。写真は明治時代の自動繰糸機。基本は茹でた繭から糸を取り出す構造は手作業と変わりません↓。
繭
昭和30年代頃のニッサン自動車製の自動繰糸機。これだけ大型化が進んでも小さな繭から糸を取り出すという仕組みは変わりません↓。
自動繰糸機
単に高速化すればいいってもんじゃない発想の繰糸機の紹介文。クオリティを上げるために蚕が繭を吐くような5分の1の速度にして5倍の条数にしたという機構↓。
御法川式多条繰糸機
岡谷蚕糸博物館では機械自体が美しい筐体ばかりで見応えのある展示でした。年表なども充実し日本の養蚕業の歴史勉強が楽しめます。興味のある方はぜひ足を運んでみては↓。自動繰糸機
座繰り器年表↓。
座繰り器の歴史
木材などの素材に「貫通させずに孔を開けること」もザグリと呼びます。店内の木工作業にザグリ加工は欠かせません↓。
ザグリ作業
 
他に調べたところ海外では人名や苗字、イタリアのレストランやホテルなどに同名のZAGURIがあるようです。
 
 


ラジオ番組情報

https://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/passport/2103.html
番組名:「グッドネイバーズ」
放送局:J-WAVE(81.3)
ナビゲーター:クリス智子
放送時間:月曜日~木曜日 13時~16時
番組公式サイト
https://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/
特集コーナー:「森ビル TOKYO PASSPORT」
提供スポンサー:森ビル
時間:13時15分~13時25分
放送日:8月30日(月)https://zaguri.tokyo/wp-content/uploads/2021/09/kaiko.mov

casadegazta

組紐の可能性

6月18日に白金に新しくオープンしたチーズアイスとチーズスイーツ専門店、「CASA DE GAZTA」カーサデガスタさんの店内に飾る組紐作品を作らせていただきました。日本の伝統工芸である「くみひも」の新たな可能性を感じられる素晴らしいお仕事をさせていただき大変感謝しております。

話をいただいたのは当店の組紐を購入されたお客様。何ヶ月か前、図面とイメージを元にスタート。
CASA DE GAZTA

出来上がり完成図のイメージイラスト。組み紐との関連が全く想像つきませんでしたが「ヨットのロープ結びを組紐で作ったら面白いのでは?」というクライアントさんの発案から全ては始まりました。
カーサデガスタ

オープン前に飾られる現場の下見。この金属枠内に取り付けられます。
カーサデガスタ店内

かなりの大作でしたのでオープンには間に合わなくても構わないとのことでしたが、寝る間を惜しんで完成させることができ、オープン前日の6月17日に設営。製作期間約1ヶ月。
カーサデガスタ

ヨットにまつわるロープ結びのくみひも作品が飾られています。組紐は写真では載せないのでぜひお店に直接行ってごらんください!

カーサデガスタのホームページ

チーズスイーツやアイス、紅茶がメインですがコーヒーもあります。珈琲豆は当店ザグリ珈琲が浅めに焙煎したエチオピア産ゲイシャをフレンチプレスで抽出します。


座繰ホームページ

組紐の高台

組紐の高台製作その二

組紐の高台が完成しました。ホゾ加工やザグリ加工が予想以上に大変でしたが無事完了。

組紐の高台
下から見上げるとこういう作りになっています。

組紐の高台
上から見るとこんな感じ。

楔
ホゾ加工の繋ぎ目はそのままだとぐらつくので楔で留めます。5mm厚の桜材を切り出します。

楔
切り出した楔はヤスリで角を丸めます。

ホゾ穴加工
刃先3mmの鑿でホゾ穴加工。

楔加工
ホゾ加工を楔で留めるテスト材料。

ホゾ加工を楔で留める
楔加工試作。

ホゾ部分を楔で留める
本体部材を楔で留める。

組紐の高台
脚部分、柱部分などのホゾ加工接続部分は全て楔にて留めます。高台で組紐を組む時は糸を竹箆で打ち付ける作業を繰り返します。このため骨組みが振動で緩まないようにしっかりと楔で留める必要があるのです。

組紐の高台
レールにかまして横に這わす簗材。

組紐の高台
楔で留めているだけなので特別な工具を使わずともこのように分解、持ち運びが可能です。

思えば初めて高台を見た時、これは単純な構造なので楽勝で出来ると思ったのが始まり。予想以上に木工精度が要求される作業でしたが、高台本体はこれで完成。ほぞ加工など初めての木工でしたが試行錯誤の上できました。次はレールに乗せる細かい駒(汽車)を作る作業です。20個必要なため細かい作業が延々と続きます。

ザグリ作業の完了した木材

組紐の高台製作その一

当店では組紐を組んでいます。組紐の台は何種類かありまして、これまで丸台や角台にて組んでいましたが今後は高台にての製作もする予定で台そのものを自作することにしました。

製作をはじめてから半年が経過し、だんだん形になってきましたので木を切り出して製作している過程を紹介します。店舗のような大きな造作は大まかな部分もありましたがこの作業はかなりの精密加工が要求されました。

組紐の高台の材料
まずは40mm角の杉材を必要な寸法分電ノコで伐り揃えました。

組紐の高台の設計図
組紐の高台の設計図は手書きのメモです。この設計図に沿って木材を切り出しました。

トリマーでのザグリ作業
台のレール部分をかなり長い範囲に渡ってザグる作業はトリマーを使用。まっすぐ彫るために作業台に金折れや木材を組み合わせて1メートル位のガイドを作り正確にトリマーを動かしました。刃先がちょっとでもずれてしまうと失敗なのと木屑の出る量がすごいのと超高速回転のトリマーの爆音で簡単そうに見えますが実は過酷です。

トリマーでの溝彫り
彫った溝の縁は鑿で整えます。

ザグリ作業の完了した木材
レールを彫った木材。

次は各木材の接続部分の細工です。単純に螺子や釘で組み付ければ楽なのですが完成予定の高台は1mほどの立方体とかなり大型でスペースをとります。また、移動する必要性も考慮してコンパクトに分解組み立てができる構造が望ましいため、ホゾ穴での接続用細工です。

ほぞ穴の墨付け
ほぞ穴の墨付けをする必要があるのですが接続箇所がたくさんあり、同じ寸法で一つ一つ木材に印を付けるのは大変なのと0.5mmの狂いも許されないのでトレーシングペーパーにプリントしてスプレーノリで貼り付けました。

マルチツールでほぞ穴加工
ホゾ穴加工はトリマーではなくマルチツールを使いました。ただ、マルチツール自体も水平垂直に精密に動かすのは至難の技なので、水平垂直にスライドする専用の治具を作りました。木材や金折れを工夫し、0.3mm厚のアルミ板をスペーサーとして精度の高い加工を実現しましたがマルチツールの高速振動する刃先にアルミ板が負けてしまい表面がざらついてしまった。鉄か銅にすれば良かったのだろうと反省。

ホゾ穴加工
マルチツールで溝を貫通させたあと、鑿で彫っていきます。

ホゾ穴加工
ホゾ穴が完全に空いたら精密ヤスリにて内面を整えます。

ホゾ穴加工
正方形のホゾ穴はまずはボール盤でザグリ加工。このボール版は小型で静音、正確に垂直に穴を空けることができます。以前使っていたボール盤は狂いが激しくて使い物になりませんでした。

ホゾ穴加工
そして鑿で彫って正方形にザグリ加工。

ホゾ穴加工用治具
ほぞ部分も専用の治具を作りました。これで水平垂直を正確に伐ることができます。

ホゾ加工
角材の真ん中に1cmほどのホゾを作るため9分割にカット。

ホゾ加工
水平に伐ったあと、垂直にノコギリを当てます。

ホゾ加工
こんな具合に豆腐を伐る要領でカット。

ホゾ加工
ホゾ加工完了。

ホゾ加工
長方形の部分のホゾも同じ治具にて細工。

ホゾ加工
全く同じホゾ加工の完成。

ホゾ穴とホゾ加工
仮組み。こんな具合にホゾとホゾ穴での接続です。

高台の木材加工
高台に必要な材料切り出しが完成。材料と治具です。

組紐の高台
高台の上部分はこんな感じになります。

今後はニスを塗って細かい調整作業と組み立てです。

店のマガジン作りました!

店の本作りました。A5版16頁ミシン製本オールカラー
タイトル:”ザグリマガジン”
サブタイトル:”阿佐ヶ谷にできた小さなカフェ「ザグリ」”
古くて新しい何だか懐かしいお店。

店もこの本も全てがDIY。全商品手作りオリジナルのカフェ。


阿佐ヶ谷カフェ「ザグリ」はカフェですが飲食以外のメニューがたくさんあります。グラフィックデザイン、オーダースタンプ、セミオーダートートバッグ、特殊名刺やカード類の製作、本の出版編集、撮影、ウェブデザイン、組紐,etc…。デザイン事務所や工房としても機能しています。今回店の紹介としてチラシを作ろうとしましたが、実際作り始めると内容がありすぎてとてもA4一枚では収まらなくなったためページもののちょっとした小冊子に。

内容を決めてからデザインして2日で製本まで。もともと何百頁ものの本を全行程自前で執筆から写真撮影&DTPデータ作成まで猛スピードで作ってしまう能力があるため16頁程度の内容なら一瞬でできます。ちなみに写真は全てi-Phone撮影です。

製本はミシン綴じ。糸色は赤、青、黄、黒と試しに色々作りました↓。
小冊子ミシン綴じ

トートバッグの頁。たくさんある自転車のうち一番のお気に入りBROMPTON(ブロンプトン)のカスタムなどもやろうと思っているので少し紹介。このBROMPTONは残っているのがフレームだけというフル改造車です。現在チタン化軽量中↓。
ザグリマガジン

フォントの頁。この小冊子自体全てオリジナルフォントです。他者(社)のフォントは一切使用しておりません。よほどのことがない限り自分のフォントしか使わないデザインを徹底的に何年も続けています。もちろんこのウェブサイトもオリジナルウェブフォント表示。Wordpressプラグインも自前開発↓。
ザグリマガジン「フォント」ページ

組紐の頁。最近アニメの影響なのか組紐がブームだそうです。しかし当店はすでに15年以上も組み続けています。時々組紐の講師の依頼など問い合わせありますが現実的なもののみとりあえず話だけは聞きます。簡易組紐ディスク盤を使っての問い合わせがありますが当店ではおこなっておりません。主に丸台を使っての製作がメインです↓。
ザグリマガジン「組紐のページ」

全部自前でプリント&製本。主に飲食以外の「フォント、スタンプオーダー、トートバッグ、組紐」を注文いただいたお客様などへ進呈する予定です↓。
ミシン綴じしたザグリマガジン

最近の流れとして、iphoneで撮る→インスタにフィルターかけてup→facebookにup→ホームページBLOGにupを全てiphoneで更新スタイルをとっています。

Webfont by fontgraphic & Design by zaguricoffee

ページ上に戻る