自家焙煎珈琲とコーヒー豆販売

タグ: 焙煎

ギーセンW1A

ギーセン焙煎機始動

導入が決まってから約4ヶ月かかりましたがようやく新しい焙煎機が動くようになりました。何年か前に触ったことのあるオランダ製の焙煎機械、GIESEN W1Aです。タッチパネルで操作するそれは当時は使いこなせそうもなかったので国産のアナログ機で4年練習してからのタイミングでした。

図面を元に設置スペースの確保と架台の造作から始まりました。
ギーセンW1A図面

本体重量が150kgと小型の割には重いです。富士1kg機の倍はあります。焙煎豆量が100gから?通常は釜の半分位が適量と言われてますので1,000gの間違い?と思われるかもしれませんが後ほど100g焙煎してみます。電気は230Vですので家庭用コンセントは使えません。
ギーセンW1Aスペック

架台を作るのに1820mmx910mmサイズ針葉樹構造用合板24mm厚を3枚使いました。この板が今ではなかなか入手しづらく確保するのに1ヶ月以上かかりました。
ギーセンW1A焙煎機台

以前のBLOGで書きましたので詳細は省きますが焙煎機は台が要。頑丈になおかつ移動がスムーズにできるように作らなければなりません。
ギーセンW1A台

焙煎機台はスペースも有効に使わなければなりません。豆は国ごとに細かく分類し、5kgの豆袋が16個収納し、ストレスなく取り出し可能。収納豆や焙煎機台、昇圧機も含めて約300kgの重量に耐えられ、一人で移動できるように作りました。
ギーセンW1A台

200-240Vの純日本製小型昇圧機。これを使うと家庭用100Vコンセントでも230V機が動く魔法の箱です。エスプレッソマシンも主流は200V機ですので今ある100V機をバージョンアップする際はこれを使います。変圧機は構造から製造メーカーからあらゆる製品を調べつくしましたのでかなり詳しくなりました。国産の町工場製で、大陸製品をA×損で買って失敗した人が最初からこれを買っておけば良かったという優れた変圧器です。
200V小型変圧器

掌に乗るほどの小型ですがかなり重くて20kgはありそう。
昇圧機

こんな具合に焙煎機台の一番奥に収納できるようにスペースを作りました。配線が意外と邪魔になりますので取り回しも計算に入れてます。
小型昇圧機

設置から稼働まで日数がかかってしまった原因の一つであるガス。ガス管9.5mmだったのをガス施工会社に頼んで13mm管を増設してもらいましたがこれがかなり面倒で、焙煎機本体の仕様書や証明書も必要だったり想定外の障壁でした。その間に一部バラして塗装剥がし。フロントフェイスは全部黒塗装を剥がして金属剥き出し仕様に。
GIESEN W1A

剥がし終えた釜の蓋に合わせて様々な素材の六角ネジを発注。ブロンプトンやBSモールトン、ピストや小径車を散々軽量化改造していますのでネジは得意な分野です。ネジ専門店も回って計3回注文してありとあらゆる六角ネジを購入、おかげさまでこれまで異常にネジにものすごく詳しくなりました。GIESENのネジでお困りならぜひご相談ください。

車やバイクの塗装を剥がす業務用剥離剤を使って綺麗に剥がし終えた釜の蓋。このスチール素材に合わせるネジは3回換装、自転車のように軽さにこだわったチタン一択ではないので、形状、色ともベストなネジを選ぶことができました。チタンは色がほぼ選べません。
GIESEN釜

チャフコレクターのネジも純正ネジから雰囲気を合わせてスチール黒皮仕上げの六角ネジに。しかしいずれ本体の塗装も全部剥がす予定ですのでまた変えるかもしれません。GIESENサイドパネル

ロゴプレートの化粧ネジも純正がいまいちでしたのでシンプルなネジに。
GIESEN W1Aロゴプレート

さていよいよ試し焼きです。スペック通り100g焼いてみます。乳酸発酵系の特殊豆です。
GIESEN W1A100g焙煎

火力は最低出力である1%で焙煎。RORも常に表示されるので便利です。
ギーセンW1Aタッチパネル

1%でも火力は結構あります。
GIESEN W1A

約80gの豆が焼きあがりました。1ハゼが終わるか終わらないかのタイミングで取り出しましたが焼きムラもなく完了。ガス代を考えるとこんな少量ではまず焼かないですけど驚異的な性能です。富士の1kg機だとサンプルでよくもらう200g焙煎が苦手なのですがこれだとガンガンいけますね。火力は富士の2100kcalに対してW1は8000kcalありますので焙煎は全く別物です。しかも予熱がほぼ要りません。スイッチONでわずかな時間で焙煎スタート可能。
ギーセンW1A

ちなみにGIESENの最小モデルであるW1シリーズにはAUTO(ガス)、MANUAL(ガス)、ELECTORIC(電気)の3種類あります。当店のはW1Aでタッチパネルで制御します。ギーセンを購入の際、W1MにするかW1Aにするか迷うはずなので参考までに書いておきます。

 

W1Mは内圧調整や釜回転速度変更ができません。もし空気圧調整をしたければ空気圧を調整する装置アンダープレッシャーを別途オプションで付ける必要があります。釜回転数は変えれません。ちなみにギーセンジャパンのスペックページによると、

———–
W1A「パスカル単位での空気圧の調整、ドラム回転数の調整、火力のデジタル調整がAシリーズでは可能となっております。」
W1M「焙煎機の構造はAシリーズと同じですが、制御周りが異なっています。火力調整はメモリ付きのノブで可能です。空気圧の調整は出来ません。基本的に100%の風量での焙煎になります。ドラムの回転数は変更できません。クラシックなドラム焙煎機をイメージして頂ければと思います。」
———–

ということはW1Mは富士の3kg機的な仕様でしょうかね。金額も同程度です。

ちなみにギーセンは2021年8月に日本の代理店が変わりましてスペックなどがオープンになりました。
https://giesen.co.jp/products/giesenw1a

ちょうど良いタイミングで新しい代理店を通して設置することができ稼働までしっかりとフォローしていただきました。

フロントフェイスを金属剥き出し仕様にしたGIESEN W1A。いずれ本体全部色を剥がします。
ギーセンW1A

オランダGIESEN本社のW1Aユーチューブ動画↓。

 

GIESEN W1Aと富士1kg機やナナハン焙煎機とのスペックやコスト比較など、実際にそれぞれの機械を購入して豆を焙煎し続けてきた私だけがわかる一般的には知られることのない実戦的盛りだくさんな内容で開業者向け焙煎教室を行っています。とりあえずは初心者向け珈琲焙煎体験型カフェ教室に参加していただければニーズに合わせた講義内容で応相談。金額は店舗開業事業規模によって変動します。

珈琲焙煎体験型カフェ

阿佐ヶ谷カフェ「ザグリ」のナナハン焙煎機設置

珈琲豆焙煎機の設置

阿佐ヶ谷カフェ「ザグリ」では2017年のこの秋、コーヒー豆の焙煎を始めます。

焙煎機についてはここ数ヶ月間、主に小型機種の体験焙煎や選定をしていました。

フジローヤルのディスカバリーや1kg焙煎機、ワイルド珈琲のアポロ、完全熱風式小型焙煎機や海外からも取り寄せようかとも思いました。しかしガス火力を使う製品のためメンテナンスや安全性、今後のことも踏まえ安心の日本製品、評判も良いワイルド珈琲さんのナナハン焙煎機に決めました。

まず一番決め手になったのはその焙煎豆の容量とサイズ、筐体のデザイン、値段感。1kg釜使用で火力が4000キロカロリーと他社製では1kg釜であっても2000キロカロリーの機種もある中、余裕の火力性能です。2000キロカロリーガスバーナー2連仕様。最小300グラム豆〜最大900グラムの珈琲豆の焙煎が可能ですが推奨は500〜800グラムが安定とのこと↓。
ナナハン焙煎機寸法図

店内が狭いため、カウンター袖にちょうどよく置ける唯一の機種がナナハン焙煎機でした。据付図面を描き、シュミレーション↓。
ナナハン焙煎機据付図

ちなみに他に検討したマシンはこちら↓。
フジローヤル1kg焙煎機
フジローヤルを置くには改装工事が必要。機械、金属感が好きなデザイン。


ギーセンは大掛かりな改装工事が必要。何バッチか試し焙煎させていただく機会がありましたが、日本の焙煎機のようにダンパー操作がなく、機械内部気圧(パスカル)を見ながら排気と火力をコントロールするという焙煎でした。しかもモータースピードも変えられる。パソコンと直結していて過去の焙煎データと照合しながら独逸シーメンス製の操作パネルでコントロールというハイテクマシンは目から鱗でかなり勉強になりました。一番小さな2KG機でもかなり大きくナナハンの3倍はあります。釜は小型ですがサイクロンを内蔵した一体式構造のため大型のようです。メンテナンスもしやすそうな作りで何よりもデザインがいい。残念ながら大きすぎて物理的に店には置けないとの判断で導入見送り。もしもっと大きな店舗スペースであれば導入したいマシンです 。

DIEDRICH
2021年追記。デードリッヒIR-2.5。DIEDRICHはもうひと周り小さいクーリングモーターの付いていないIR-1もありそちらがだいたいナナハン位のサイズ感(値段は倍以上)
です。ドイツっぽい名前ですがアメリカ製。釜を温めるバーナーが斜めになっていて赤外線バーナー加熱方式だそうです。DIEDRICHで焙煎している店はいくつか飲みに行きましたがVINTAGEマシンで深煎りの印象を持っていました。しかし思いのほか浅煎りが得意なマシンでした。

————
ナナハン設置に戻ります。
重量約50kgの筐体を据付るための台をDIYで製作。頑丈な24mm厚の針葉樹集成材を切り出し箱型に工作↓。
ナナハン焙煎機据付台

店内L字型カウンターをコの字型カウンターに改装。カウンター袖の幅が25cmしかありませんがなんとナナハン焙煎機の土台のゴム足幅が23cmなのでぴったりです。まるでこのカウンターに乗るために作られたような絶妙なサイズ感↓
ナナハン焙煎機据付カウンター

ワイルド珈琲さんが早朝から据付工事にいらしてくれまして無事設置完了。エバーピュアの浄水器が少し隠れてしまいましたが仕方がありません↓。
ナナハン焙煎機設置

浅草橋のワイルド珈琲店舗に直接出向いて購入後のサポートもしっかりしていそうだったのも決め手です。何度かテスト焙煎をしていただき微調整完了後自分でも焙煎。横浜のカリタ(Kalita)本社でこの焙煎機を使った焙煎教室にも参加し味や操作感は体験済みです↓。
ナナハン焙煎機

ナナハン焙煎機の特徴

【火力が強い】
・従来の小型焙煎機では火力不足から満足いく焙煎が難しい。
・ナナハン焙煎機は4,000Kcal、一般的な1kg焙煎機は約2,000Kcal。

【排気が強く、細やかな調整も可能】
・ブロワー(強制排気)
・ダンパー(排気微調整)を装備。

【音が静かで煙が少ない】
・近隣の住宅に迷惑をかけない
・設置環境が容易

【耐久性】
ナナハン焙煎機はメイドインジャパン。がっしりと作ってあり、一生使える焙煎機。作りもシンプルで壊れる構造ではなく故障も少ない。

基本装備:排気用サイクロン・微圧計・豆温度計・排気アナログ温度計・排気ファンインバーター・排気ダンパー・急速冷却・自動点火インバーター

2020年夏:追記
3年使いこなしてきましたがこの度、売却することになりまして使い方などのBLOGをアップしました。外観からは見えない内部構造や排気流などを図解してます。導入検討している方にはたいへん参考になるかと思います。
ナナハン焙煎機の構造と掃除

2020年秋:追記
ナナハン焙煎機は売却しフジローヤル1kg焙煎機に買い換えました。
フジローヤルR-101 1KG機導入、設置、組立て

焙煎教室のご案内

2021年秋:追記
ギーセンW1Aを追加しました。初心者向けの手軽な焙煎教室、開業者向けに分岐しました。
珈琲豆焙煎体験

ナナハン焙煎機図面

焙煎機検討

ここ数ヶ月、というか店をオープンさせる前からコーヒー豆の焙煎機の導入を検討していました。焙煎機はどれも巨大で諦めていましたがいろんなカフェを回ったり調べているうちに小型で高性能の焙煎機があるのを知りました。そうした焙煎機で焙煎した珈琲は十分美味しいのでいつかは導入したいと考えていました。

 

しかし阿佐ヶ谷カフェ「ザグリ」は店内が狭いため置く場所を考えなくてはなりません。フジローヤルの1kg焙煎機も検討していましたがどうしても置き場所の確保のため座席を潰さなくてはなりません。そこで幅25cm×奥行き1mほどのカウンター袖に置くことにしました。この場所に設置するとなると機種が限定されます。ネットで買えるような安価な手回し式やサンプルロースター、海外製品も全て調べつくしました。性能的に200g小型焙煎機のディスカバリーが順当かなと計画。ディスカバリーは格好も良いです。

カフェ「ザグリ」の焙煎機を置くスペース

 

 

これは1ポンド(500g)焙煎のアポロ。都市ガス、プロパンガス、カセットコンロガスの3方式が選べるという優れもの。

アポロ焙煎機

 

750gのナナハン焙煎機。

ナナハン焙煎機

 

 

ナナハン焙煎機色違い。この焙煎機は小型ですが4000キロカロリーと火力が強力です。この写真は横浜のカリタ本社の焙煎塾に参加した時のもの。焙煎塾は予約が必要ですが親切丁寧に機種について学ぶことができ、500gの焙煎を体験することができます。この焙煎機で自分で焙煎した豆が思いのほかうまかった。しかしサイズ的にうちの店に置くには無理かもしれません↓。

ナナハン焙煎機

焙煎機の構造は「直火式」、「半熱風式」、「熱風式」の3種類があります。それぞれ様々な小型焙煎機の実機で焙煎体験や焙煎した豆を吟味して検討中です。小型としては画期的という完全熱風式というのも見に行きスッキリとした雑味のない味わいが魅力的でした。「完全熱風式」か「半熱風式」か最後まで悩みましたが「半熱風式」の都市ガスタイプに。

設置場所の寸法が微妙ですので焙煎機の図面を元にミリ単位での検討中。

ナナハン焙煎機図面

どの焙煎機にするかはまだ内緒ですが、発注したのでこれから製作に入るとのこと。約1ヶ月後位に仕上がってきます。阿佐ヶ谷カフェ「ザグリ」では10月位から自家焙煎を始めます。

小型の焙煎機を検討している方、スペースの限られた店へ小型焙煎機の導入を予定している方、ぜひ参考にしてください。続く。

Webfont by fontgraphic & Design by zaguricoffee

ページ上に戻る