自家焙煎珈琲とコーヒー豆販売

タグ: 焙煎体験

ザグリ珈琲焙煎教室

【初体験】コーヒーの焙煎にチャレンジ!焙煎教室体験動画

東京は阿佐ヶ谷にあるザグリ珈琲のフジローヤル1kg半熱風焙煎機を使った誰でも気軽にできる初心者向け焙煎教室体験レッスンを紹介します。珈琲生豆の座学後、実際に業務用焙煎機を使用して焙煎します。日程、時間は予約制でご都合の良い日時を選べます。

アカネ科珈琲ツリーrubiaceaefamily
↑珈琲生豆の座学ではダイヤグラムなどを用いて国別、品種別の豆の紹介〜コーヒーの味は豆がほぼ全てであることの説明。料理のように職人の腕や調味料でなんとかなる世界ではありません。素材である豆で決まり、その豆の美味しさを焙煎で引き出し仕上げることがこの焙煎教室体験で学べます。

Historic Distribution of Arabica
↑Historic Distribution of Arabicaマップポスター。人類の歴史の中でアラビカ種のコーヒーがどのように伝わってきたかの図。以前は口頭だけで説明していましたがSCAのコーヒー世界地図を用いて一目でわかります。

ザグリ珈琲の本棚

ザグリ珈琲の本棚
↑日本で出版されている焙煎に関する本はほぼ全てコンプリートしています。その中から良書のみを店内本棚に選書。STANDART MAGAZINE全号、SCA資料など国外の焙煎関連書籍、江戸時代〜昭和期の貴重な日本の珈琲関連資料など。

ザグリ珈琲の焙煎教室基本原理
↑焙煎の基本原理など。

 

ザグリ珈琲の焙煎教室ドリッパー
↑焙煎教室後は自分で焼いた豆をマールクーニックカット刃または、富士珈機製グラインド刃業務用R-440or家庭用R-220でドリップ抽出。焙煎が体験できるだけではなく希望があればドリッパーやグラインダーも様々な機種で体験できます。国内外の代表的な円錐形ドリッパーのリブ形状を実際に観察しながらどのドリッパーがコーヒー抽出にどんな影響をもたらすか。豆、焙煎の次は、水、グラインド、ケトル、抽出、珈琲液、器、etc..ただの流行りや格好だけではなく珈琲の味やユーザーの抽出環境にフォーカスした内容です。

ザグリ珈琲の焙煎教室の使用機材フジローヤルR-101
↑このフジローヤルR-101焙煎機を使います。

焙煎教室感想
↑2021年8月参加者の感想1。

ザグリ珈琲の焙煎教室感想
↑2021年8月参加者の感想2。

ザグリ珈琲の焙煎教室感想
↑2021年8月参加者の感想3。

ザグリ珈琲の焙煎教室感想
↑2021年8月参加者の感想4。

初心者向け焙煎体験教室は当初1時間を予定していましたがドリップ教室も兼ねているととても60分では収まらずしばしばタイムオーバー。ですので1.5時間になりました。時間に余裕があれば2時間以上になる事も。

【初体験】コーヒーの焙煎にチャレンジ!

2021年8月10日、ヤッホーカレンさんが焙煎教室体験を動画にしてくださいました!

焙煎教室動画の中で水分量12%の500gの珈琲豆が焼くと2割ほど減って410g程度になると話しています。しかし500gx0.88で440gでは?こうした素朴な疑問も教室に参加すると納得できます。そしてそこからなぜ業務用でなければならないのかなどを誰にでもわかりやすく解説していきます。

東京杉並区は阿佐ヶ谷のカフェ「ザグリ珈琲」の珈琲豆焙煎体験教室レッスン

初心者向け珈琲豆焙煎体験教室レッスン

富士ローヤル1kg機

2019焙煎体験教室開催

阿佐ヶ谷のカフェ「ザグリ」では焙煎体験教室レッスンを行なっています。

珈琲豆の焙煎を業務用機種を使ってやってみたい方、自分で焙煎した珈琲が飲みたい方、お客様に振るまいたい方(個人商用問わず)、自分で焙煎した豆をプレゼントしたい方、焙煎機の購入を検討している一般の方や店舗をお持ちの方、カフェ開業を目指している方、珈琲豆のネット通販を検討している方、etc..に向いています。

業務用焙煎機を使って焙煎します。

ガスコンロで鍋やフライパン、手網などでの焙煎と業務用焙煎機械との違い、簡易な手回し焙煎器や、サイクロン(チャフ分離集塵器)がない焙煎器との違いなど簡単に解説しながらのワークショップです。

 

焙煎機図面

開業者向け受講生には珈琲豆焙煎に関する情報なども共有します。焙煎機の購入を検討をしている方には朗報です。

2020年秋よりフジローヤル1kg機R-101での焙煎教室に変更となり、開業者向けと初心者向けに分岐しました。
珈琲豆焙煎体験ページを参照ください。

焙煎塾

珈琲豆焙煎塾開催中

この記事は2019年に書いたものです。現在はナナハンでの焙煎教室は開催しておりません。

当店では東京産機製750g焙煎機(ナナハン焙煎機)を使った焙煎体験のできる焙煎塾を、ご要望があれば開催中です。本日のお客様は阿佐ヶ谷界隈でカフェを開きたいと考えている方が焙煎機を試してみたいということで来店。

サンプルロースターでの焙煎は慣れているということで、普段焙煎している豆を持ち込んでのご参加です。この焙煎機の性能や使い方の説明をしてからの焙煎↓。
750g焙煎機の焙煎塾

焙煎塾ではザグリオリジナルのこのような焙煎記録表を使っての進行です↓。
750g焙煎機の焙煎塾

焙煎中。同時期に2つ3つの複数の作業のため気が抜けません↓。
750g焙煎機の焙煎塾

一度目はガス圧高めの短め焙煎、2度目はガス圧低めで長時間焙煎。浅煎りが好みということで浅めに。1時間程度で終了↓。
750g焙煎機の焙煎塾

焙煎教室

電話、直接、メールにて日程をご予約ください。
当日、氏名などを記入願いますので匿名や身分を隠してのお申し込みはご遠慮ください。

所用時間90分
朝9:00〜10:30(平日)
朝9:00〜10:30(土日祝祭日)

事前説明
・焙煎機の紹介〜焙煎の仕組み
・焙煎プロファイル説明

珈琲生豆は当店で用意します。
300g焙煎

1回目:中深煎り
2回目:中煎り

中深煎りを1杯抽出し、試飲。
仕上がりは各約250g弱で計500g前後
持ち帰れます。

ナナハン焙煎塾

珈琲豆焙煎塾

ナナハン焙煎機の焙煎体験レッスンのご案内

業務用小型焙煎機を使い始めてその安定した焙煎性能のおかげで品質の高い珈琲豆を適切に煎れば美味しい珈琲ができるのがわかってきました(もちろん失敗した時もあります)。当たり前なのですが美味い豆はよほど焙煎に失敗しなければ美味しく煎ることができます。反対に駄目豆はどう焙煎しても美味しくなりません。コーヒーも農産物ですのでこの理論は果物でも米でも当てはまることだと思います↓。

ナナハン焙煎機でロースト

 

ナナハン焙煎機はたぶん誰でも直感的に焙煎しやすい機械ですので、これを使った焙煎塾を始めてみようと思います。焙煎機を買う際にやっぱりどうしても高い買い物ですので事前に体験してみたいという欲求がありました。また、手網などでご自分で焙煎する人もいますがなかなか業務用焙煎機が気軽に使えるような場はないかと思いまして↓。
ナナハン焙煎塾

 

基本的な焙煎機の構造の解説と使用豆の説明↓。
ナナハン焙煎塾

 

珈琲豆に関してはいろんな情報が錯綜しており、用語も難解、味に関しても覚えるのが大変なため、自己流にて体系立てて理解しやすくなるような資料を作成中です。仮に「焙煎部」にしていますが「珈琲豆焙煎塾」にするか検討中です↓。
珈琲メニュー

 

焙煎教室

詳しくは珈琲豆焙煎体験ページを参照ください。

Webfont by fontgraphic & Design by zaguricoffee

ページ上に戻る