自家焙煎珈琲とコーヒー豆販売

タグ: デザイン

ザグリ珈琲の著作

新著作書籍のご紹介

新しく著作の本が発売されましたので紹介します。自家焙煎コーヒーの店ではありますが、今までにデザインに関する著作がいくつかあります。

翔泳社からこのたび「デザイン3000」という本が出ました。10何年か前に出版された「レイアウトデザインのアイデア集」というデザイナー向けの本の中身を強化した内容です。
デザイン3000

主にこんな具合に誌面レイアウトサンプルを並べています。これは実際に作った人にしかわからないかと思いますが一面一面をきちんとデザイン的に精査して内容を想定したつくりでして簡単に見えますがかなり手の込んだ内容です。
デザイン3000

20年以上前から主にデザインや文字に関する本をいくつか書いています。デザイナーでもありますので基本的には自分でイラストレーターやフォトショップ、インデザインなどを使ってDTPデータまで作ります。これらは自分の手元にある著作です。この他にもフォント本などがありましたが紛失したのがあるため紹介できません↓。
ザグリ珈琲の著作

これは2004年に出した「ヘルベチカの本」。世界中で使われていてMACなどのパソコンにも入っている書体について書いた本です↓。
ヘルベチカの本

延々とヘルベチカ書体についての解剖論的な内容で書いてます↓。
The Helvetica book

前述の「デザイン3000」の元となった本。パラパラめくるだけでアイデアが湧き上がるデザイナー向けの内容でして好評で何回も増刷されたようです↓。
レイアウトデザインのアイデア集

中身は延々とレイアウトサンプルなどを配置しています。特に文章はなくイラストレータでの絵柄だけです↓。
レイアウトデザインのアイデア集

10年以上前に書いた、というか作った「和文フリーフォント集」。文字の本としては日本で最も売れた本になります。表紙はこの本を購入するような読者が作りがちなゆるーいデザイン↓。
和文フリーフォント集

フォントサンプルの使い方事例とフォントデータのCD-ROM収録です。一部のフォントは自分で作っています↓。
和文フリーフォント集

数年前に出した「ジュームラ デザインブック」。CMSという管理画面による編集操作でWEBサイトを作るハウツー本です。「Joomla!」CMSは会員登録が可能なオープンソースプログラムです。今までにいくつかのサイトを構築していましたが数十万人規模の会員数も管理していまして大変便利なシステムです。もしそうしたサイトがご希望でしたらご相談ください↓。
ジュームラ デザインブック

設定の仕方などを解説。執筆当時のソースのバージョンは古いですが今でも基本は同じです↓。
ジュームラ デザインブック

和文フリーフォント集が好評で第二弾も作りました。「続・和文フリーフォント集」この本では7割位は自分で作ったフォントの収録。表紙をはじめ全てCGで自分で合成しています↓。
続・和文フリーフォント集

航空機の窓から撮った写真と模型の組み合わせでフォトショップで合成。まるで本物が飛んでいるような画像。一ページ一ページを何日もかけて作っていたのでできるまでに10ヶ月だったか半年だったかかかりました↓。
ゼロ戦

こちらは本ではありませんがCD-ROMのフォントパッケージ↓。
明治教科書明朝

主に明治時代の教科書に使われていた活字などをベースに新たに現代に甦らせたフォントです。ザグリ珈琲でも販売していますので必要な方はお声がけください↓。
明治教科書明朝

その他現在、新たに文字の本を作る予定で進行中ですが他の業務が忙しくてなかなか手をつけられていません。

珈琲豆パッケージ

コーヒー豆のパッケージデザイン

焙煎をはじめてかれこれ三年近く経ちます。珈琲豆のパッケージデザインは都度手書きしたり印刷してました。

豆の種類を定番化しておらず、袋類も試行錯誤でしたがようやく豆もパッケージ仕様も決まってきました。

・豆の銘柄(数種類、生成方法)
・グラム容量(100g,200gなどの種類)
・豆のままかドリップ用に挽くのか
・店名ロゴ
・店の住所、電話、URL

をパッケージ表示するにあたり、

これまでラベルプリンターを導入したりイラレで作ったデータを都度シール印刷して切った貼ったといずれも手間でした。かといって専門会社にロット印刷発注は豆の種類分を考えるとかなりのコストと保管場所の確保が必要です。

そこで、以前から当店でのメニューの一つである半導体レーザーでの精密彫刻スタンプ展開にし全コーヒー豆のラインナップと上記要素を全て満たすシステムを構築しました。

コーヒー豆のパッケージ
こういう具合にスタンプで押します。下手な活版より綺麗どころか、オフセットやインクジェット印刷なんかより美しい。擦れ具合がなんともいい味を出しており、珈琲豆も美味しそう。

容量と豆の状態はチェック式。事前にスタンプしておき販売時に書き込み。

珈琲豆スタンプ
こんなに小さな文字で作りこんでます。

珈琲袋
パッケージは様々な種類を試しましてその場で袋詰めしてタイで留める方式が当店のスタイルに合っていました。

コーヒー豆のパッケージ
袋はクラフト紙。白いのもあり。しかもコスパよく今まで使っていた袋の半値以下でスタンプのデザインが映える。

コーヒー豆のパッケージ
容量は100g,150g,200gのチェック式。精製方式はウオッシュトかナチュラルかで定番化しようとしてましたがハニープロセスが追加で急遽コスタリカのみ2種類に。

コーヒー豆パッケージのデザイン
フレンチプレス用に挽く要望もあるため、豆、ドリップ、フレンチプレス、エスプレッソの4種類のチェックボックスにしました。

コーヒー豆のパッケージ印
今回作成したスタンプシリーズ。フォントは専用に開発したオリジナル文字が基本です。2ミリ程度の天地の微細なサイズでもくっきり印字されるよう作ってます。

綺麗に彫刻するには半導体レーザーの性能にもよりますがもっとも重要なのは文字です。

オーダースタンプのページはこちら

—————–

Webfont by fontgraphic & Design by zaguricoffee

ページ上に戻る