自家焙煎珈琲とコーヒー豆販売

タグ: コーヒー豆

ピーベリー

ロブスタとピーベリー

新しい珈琲豆を焙煎しました。ロブスタ種とピーベリーです。
ロブスタとピーベリー
合わせて専用のパッケージスタンプを作成しました。

ロブスタ&ピーベリー
印影。

ロブスタ&ピーベリー
左がロブスタ、右が小粒なピーベリー。ロブスタはかなり深めに焼いてます。2ハゼが終わる手前位、フレンチです。ブレンドやエスプレッソ用を想定して焙煎しましたが、そのままシングルオリジンでもいけます。カフェイン強めでガツンとくる印象です。ロブスタはインドネシア産、ピーベリーはブラジル産です。ピーベリーはスッキリした軽い印象です。スペシャルティコーヒーではないですが個性的な豆です。

珈琲豆パッケージ

コーヒー豆のパッケージデザイン

焙煎をはじめてかれこれ三年近く経ちます。珈琲豆のパッケージデザインは都度手書きしたり印刷してました。

豆の種類を定番化しておらず、袋類も試行錯誤でしたがようやく豆もパッケージ仕様も決まってきました。

・豆の銘柄(数種類、生成方法)
・グラム容量(100g,200gなどの種類)
・豆のままかドリップ用に挽くのか
・店名ロゴ
・店の住所、電話、URL

をパッケージ表示するにあたり、

これまでラベルプリンターを導入したりイラレで作ったデータを都度シール印刷して切った貼ったといずれも手間でした。かといって専門会社にロット印刷発注は豆の種類分を考えるとかなりのコストと保管場所の確保が必要です。

そこで、以前から当店でのメニューの一つである半導体レーザーでの精密彫刻スタンプ展開にし全コーヒー豆のラインナップと上記要素を全て満たすシステムを構築しました。

コーヒー豆のパッケージ
こういう具合にスタンプで押します。下手な活版より綺麗どころか、オフセットやインクジェット印刷なんかより美しい。擦れ具合がなんともいい味を出しており、珈琲豆も美味しそう。

容量と豆の状態はチェック式。事前にスタンプしておき販売時に書き込み。

珈琲豆スタンプ
こんなに小さな文字で作りこんでます。

珈琲袋
パッケージは様々な種類を試しましてその場で袋詰めしてタイで留める方式が当店のスタイルに合っていました。

コーヒー豆のパッケージ
袋はクラフト紙。白いのもあり。しかもコスパよく今まで使っていた袋の半値以下でスタンプのデザインが映える。

コーヒー豆のパッケージ
容量は100g,150g,200gのチェック式。精製方式はウオッシュトかナチュラルかで定番化しようとしてましたがハニープロセスが追加で急遽コスタリカのみ2種類に。

コーヒー豆パッケージのデザイン
フレンチプレス用に挽く要望もあるため、豆、ドリップ、フレンチプレス、エスプレッソの4種類のチェックボックスにしました。

コーヒー豆のパッケージ印
今回作成したスタンプシリーズ。フォントは専用に開発したオリジナル文字が基本です。2ミリ程度の天地の微細なサイズでもくっきり印字されるよう作ってます。

綺麗に彫刻するには半導体レーザーの性能にもよりますがもっとも重要なのは文字です。

オーダースタンプのページはこちら

—————–

焙煎塾

珈琲豆焙煎塾開催中

この記事は2019年に書いたものです。現在はナナハンでの焙煎教室は開催しておりません。

当店では東京産機製750g焙煎機(ナナハン焙煎機)を使った焙煎体験のできる焙煎塾を、ご要望があれば開催中です。本日のお客様は阿佐ヶ谷界隈でカフェを開きたいと考えている方が焙煎機を試してみたいということで来店。

サンプルロースターでの焙煎は慣れているということで、普段焙煎している豆を持ち込んでのご参加です。この焙煎機の性能や使い方の説明をしてからの焙煎↓。
750g焙煎機の焙煎塾

焙煎塾ではザグリオリジナルのこのような焙煎記録表を使っての進行です↓。
750g焙煎機の焙煎塾

焙煎中。同時期に2つ3つの複数の作業のため気が抜けません↓。
750g焙煎機の焙煎塾

一度目はガス圧高めの短め焙煎、2度目はガス圧低めで長時間焙煎。浅煎りが好みということで浅めに。1時間程度で終了↓。
750g焙煎機の焙煎塾

焙煎教室

電話、直接、メールにて日程をご予約ください。
当日、氏名などを記入願いますので匿名や身分を隠してのお申し込みはご遠慮ください。

所用時間90分
朝9:00〜10:30(平日)
朝9:00〜10:30(土日祝祭日)

事前説明
・焙煎機の紹介〜焙煎の仕組み
・焙煎プロファイル説明

珈琲生豆は当店で用意します。
300g焙煎

1回目:中深煎り
2回目:中煎り

中深煎りを1杯抽出し、試飲。
仕上がりは各約250g弱で計500g前後
持ち帰れます。

焙煎記録表

焙煎記録表

ナナハン焙煎機を導入しテスト焙煎を始めています。

ナナハン焙煎機でロースト

焙煎する時は焙煎記録表というのをその都度記録していく必要があります。これはナナハン焙煎機の豆温度パネル↓。
ナナハン焙煎機の豆温度パネル

他の焙煎機も基本的には同様。フジローヤル1kg焙煎機の温度パネル↓。
フジローヤル1kg焙煎機

高価な焙煎機にはデータロガーが付いている機種もあり自動で時間経過温度などを記録してくれますが当店ではアナログで手書きです。
しかし焙煎記録表の既成のものがどうにも記入しづらいのでオリジナルで作りました↓。
焙煎記録表

1分おきの温度の記録をとっていくのが基本になります↓。
焙煎記録表

珈琲豆の焙煎をする時は同時にやることがたくさんあります。図と操作レバーなどの文言の統一を考えて初心者にも理解しやすいように図解入りで作成。特に初めて焙煎機に触る人にもわかるように配慮↓。
焙煎記録表

こんな感じで完成。このプロファイルに書き込みながら焙煎していこうと思います↓。
焙煎記録表

阿佐ヶ谷カフェ「ザグリ」では今後ナナハン焙煎機の体験焙煎を予定しています。開始時期は未定ですが興味のある方はお問い合わせください。

Webfont by fontgraphic & Design by zaguricoffee

ページ上に戻る