自家焙煎珈琲とコーヒー豆販売

タグ: コーヒーグラインダー

富士ローヤルR-440

珈琲グラインダーレストア4

ヴィンテージグラインダーの分解清掃作業の続きです。ついでに同時代のKTC、TONE工具類も同時進行で掃除。

74年型のR-440は、足部分をつけたままペンキ剥離しまして、その後で足を外しました。接続部分はかなり錆が酷い状態でした↓。
R-440

歯もつけたままでしたので外して掃除↓。
R-440

前から気になっていた古い工具類もついでに掃除することにしました。多分60年代頃のKTCソケットレンチ。存命であればもう100歳以上になる老人からいただいたものです。大東亜戦争にも電気技師として派兵されたというからその頃のものかもしれないけどかなり年季の入った工具です↓。
KTC工具

ソケットも中身も錆錆。
KTC

剥離剤でワイヤーブラシでゴシゴシ↓。
KTC

こちらはTONEの小型ソケットレンチセット。ほぼなんて書いてあるかがわかりません↓。
TONE

あらかた塗装を落としたところでクレンザーでひたすら磨きます。目の荒い普通のクレンザーの方が捗ります↓。
KTC

TONEの小型ソケットの内面は錆錆。工具類は比較的綺麗でした↓。
TONE

今までは業務用の缶入り剥離剤を使っていましたが、約1年ぶりに缶を開けたところ固着して使えなくなっていたため今度からはスプレー式にします。剥離威力はほぼ変わりませんがスプレー缶なのでちょっとした剥離作業にも便利↓。
TONE

R-440の歯。結構錆びてます↓。
R-440

グラインダー歯は研磨剤でやるわけにはいかないので錆取り溶剤を使います。つけてから長時間放置すると熱を持ち、火傷しそうに熱かったので適宜時間放置してから拭き取ると錆が取れます↓。
サビ取りクリーナー

パーツやソケット類を溶剤で錆落とし後、高濃度重曹水に一晩浸け置き。朝見たらこんなに綺麗になってました。引き上げたらすぐ錆が始まるので一つ一つ出して水気を完全に切り、防錆油などを塗ります↓。
グラインダー歯掃除

一通り錆落として綺麗になった工具とR-440の歯↓。
R-440と工具

R-440の歯はここまで外すのは結構大変ですが頑張りました。一号機はここまでばらさなかったのでいずれやらなくてはならない↓。
R-440の歯

R-440の歯とマキタの古いスパナ。鉄の素材感に共通するものがあります。カット歯とは全く違う形状。いずれドイツ製マールクーニックEK43sの鋳鉄カット歯との比較検証をやります。ちなみに工具にはこだわりがあり、ドイツ製クニペックやウェラなどのツールを使っていますがKTCやTONEなど日本製は古いのが素晴らしい↓。
R-440の歯とマキタのスパナ

KTCソケットレンチと工具箱。箱はざっくりと荒研ぎ状態。これから仕上げます↓。
KTC工具

TONEの刻印が浮き出てきました。TONEにしてもKTCにしてもこの時代のものは箱の刻印がかっこいい↓。
TONE

仕上がったKTCとTONEのソケットレンチと富士珈機R-440。同時代の製品達ですが鉄の素材感がお揃いです。この時代の重厚で頑丈、現代のものにはない独特の雰囲気↓。
KTC工具と富士珈機R-440

富士珈機グラインダーR-440分解掃除組み立てに必要な最低限の工具類。頑丈なスクレイパーは歯や本体カバーをトンカチでコツコツ外すのに必須。バイクや自転車修理工具などとも共通。グラインダー本体はエンジンシリンダーブロックに似てます↓。
工具類

研磨作業は手作業でもできないことはないですがインパクトドライバーとワイヤーブラシがあった方が1000倍位は捗ります。本体と台座足を外すのにはスパナでも小型であれば可能ですが写真のような13mmのソケットレンチがあった方が外れやすいです↓。
研磨工具

研磨作業の動画をアップしました。ザグリ珈琲チャンネルというYOUTUBEチャンネルを作りましたので是非登録してください!

珈琲グラインダーレストアはまだまだ続きます。これで2台目ですから3、4、5台目と早く最終目標である5台目に到達したいです。今のところ進捗状況は25%位。

ナイスカットミル

ナイスカットミル可変速化

数年前まで使っていたナイスカットミルですが、メインのカット刃マシンEK-43のほかグラインド歯のR-440も稼働し、不要になったため売ることにしまして、最後にスピードコントロールテストというのを紹介したいと思います。ナイスカットミル本体への改造を加える事なく低速化できるため、静電気を抑えるのにもたいへん有効です。

写真左から、Kalitaナイスカットミル、富士珈機R-440(60年前のヴィンテージ)、マールクーニックEK-43S、エスプレッソ用マッツァーミニ↓。

電動コーヒーミル

ナイスカットミルは5年ほど前に新品で購入しましたがその後、ネクストGという機種になりナイスカットミルは廃盤になりまして新品未使用では当時の定価の倍ほどのプレミアが付いているようです。ネクストGは「セラミック刃、静電気除去器、ナイスカットミルの半分ほどの遅いモーター回転」などにより静電気を抑えることができるようになったらしいです(持ってないのでなんとも言えないですが調べた限りでは)。さらに最近、見た目がナイスカットミルに似ているナイスカットGという機種が出現した模様でこちらもナイスカットミルよりも少し回転速度が遅く、静電気は抑えられているようです。確かにナイスカットミルを使っていると、静電気で飛散な状態だからモーター回転速度を落とした新機種を投入したのでしょう。

悔しいのでナイスカットミルのモーター回転速度を遅くする器具を自作してみました↓。

ボリュームつまみはギターのエフェクター用。ナイスカットミルの100V-120Wモーターを制御できるものを組み合わせますが意外と実証実験してみないと思うようには動かず、これは3例目にしてようやく細かく微調整が効き、手の平にすっぽり収まるほど、或いはコーノ式円錐ドリッパー名人1人用に乗るほど小型↓。
コーノ式ドリッパー

 

オリジナルナイスカットミルの半分以下の回転、手挽きミル並みの遅い速度でも回転ムラがなくスムーズに回せます(組み合わせ基盤によっては回転ムラが起きる場合もあります)。これは新型のネクストGやナイスカットGにはできない芸当で、古いナイスカットミルだけができる優れもの。本当はこの機構をナイスカットミルに穴を空けて組み込む予定でいましたが、ヤフオクで売ることになったので中止。

コーヒー粉はどれも見た目は変わらず。味チェックはしてないですが、回転速度が遅い分摩擦熱は抑えられているかと思います。遅いと静電気も起きにくく、音も静か↓。

ユーチューブに実験動画をアップしました↓。

当店の「コーヒー豆購入のお客様」へはこの他にもドリップ抽出方法など様々な情報を共有しています。

追伸:最近コーヒーに詳しい方が増えていますがたまにEK43をナイスカットミルと間違える人がいます。コンビニに並んでいるような最近増えているコーヒー雑誌にはよくナイスカットミルが載ってますが確かに雑誌写真で見ただけではEKとほぼ同じに見えます。ところが実際はこんな感じで大きさが全く違うのがお分かりいただけたでしょうか?。コンビニに並んでいるようなコーヒームック本の出版物はほとんど日本製老舗ブランドの広告が入っているためか進歩のない製品ばかりですが世界的にはどんどん面白いグッズが出てきています。当店では最新のコーヒーグッズなども私が興味があれば展示販売していますので店頭で聞いてください。
EK43とナイスカットミル

ちなみに今回作ったコントロール機器は富士珈機R-440(350W)にも有効ですが、ナイスカットミルほど細かい速度調整はできません。EK43(1300W)には全く効き目なし。

 

fuji R-440

珈琲グラインダーレストア3

約1年半ぶりにコーヒーミルのレストアに着手、3台ある富士珈機製の50年以上前の機種の1台を完成させました。

塗装を剥がすのにはかなり苦労しましたが、裏蓋を外すのには塗装を剥がさないとネジが出現しないなどこの機械特有の分解のしにくさ。裏蓋はきっちり締まっており、一度取り付けると外すのには写真のような刃先の鋭い工具でトンカチで少しづつ外します↓。
R-440

裏蓋を研磨している様子。結構凹んでいた箇所があり、裏側から木槌で叩いて成型しました↓。
FUJI R-440

特にモーター部分は分解する必要はありませんでしたがかなりきつく締まっていたためネジ山を潰してしまいました↓。
FUJI R-440

本体の足を外して下から見た図↓。
R-440

潰したネジを新しいのにし、新しくネジ切りをしている様子↓。
ネジ切り

本体は12kg位はあり、元々付いていた60年ほど前のゴム足は完全に潰れていました。新しくエラストマー製の硬質ゴム足を装着↓。
R-440

電源スイッチ部。年代によって違うようですが初期のモデルはJIMBO製。分解時にどの線がどこに繋がっていたかメモするのを忘れましたが回路図を見て再接続↓。
R-440

だいぶ隙間が空いたり、スイッチ金具がはみ出ていて残念な感じです。塗装やシールが厚盛りになっていた製品状態では気になりませんでしたが金属剥き出しでは不恰好です↓。
R-440

そこで、電源スイッチ回路を1974年製のR-440についていた松下電気製に変えることにします。線をつなぐ位置と数字番号がJIMBOとは一致しないので注意が必要でした↓。
R-440

松下製に再接続。電源コード類も新しいのに変換↓。
R-440

松下製を本体に装着。JIMBOに比べて小振りです↓。
R-440

主電源スイッチ周り完成。オリジナルに比べてスマートです。しかし、1974年製の方は部品がなくなってしまいましたので後々考えねばなりません↓。
R-440

コード穴のゴムプッシュも新品に交換。秋葉原の電材パーツ店を一日かけて全てのネジなどの細かい部品類を調達した一昨日を思い出します↓。
R-440

R-440は年代によって部材や形状が変わります。久しぶりに確認したのでどれがどの部品だったか思い出すのにひと苦労↓。
R-440

R-440初期型の銘板は真鍮製。70年代のアルミ製に比べると重厚です。これだけで価値がありそう↓。
R-440銘板

R-440本体足の後ろ部分に付ける東芝製モーターの銘板。本来はリベットで打ちつけられ外すのに大変だったためプラスネジに変更。スマホ用の微細なネジの再利用です↓。
R-440型番

本体上部の型番銘板もプラスネジで取り付け↓。
R-440

完成。豆ホッパーは使いません。オリジナルのステン直管で内部は螺旋構造につきスムーズな豆投入を実現。隣のマールクーニックEK-43Sとお揃いです!。EKのフラット型鋳鉄カット刃は1300Wのパワーでガーッと一瞬で挽くのに対して、昔ながらの日本の喫茶店仕様富士珈機グラインド刃はトルクのありそうな350Wモーターでガラガラとゆっくりすり潰します。回転が遅い分、EKに比べて静電気が少ないです。ちなみにEK43は、高速回転すぎて凄い静電気でしたが20m以上のアース線を外の地中に埋め込み限りなく静電気を抑えてます↓。
R-440

後ろからのアングル。TOSHIBAモーターの刻印がかっこいい!EKはシールなのが残念。。↓。
R-440とEK43S

というわけでヴィンテージグラインダー再生計画第一弾完了。次は1974年型R-440です。

コーヒーグラインダー

珈琲グラインダーレストア

古い昭和時代の珈琲グラインダーを入手しました。フジローヤルのR-440という現行機種でもある業務用です。

フジローヤルR440とマールクーニックEK43S

全部分解中です。
フジローヤルR-440分解

赤い塗装を剥離。
Fujir440

モーターバラし。
フジローヤルR-440グラインダー

銘板を剥がしました。古い機種はリベットで何箇所も頑丈に打ち付けられ外すのに苦労しました。
フジローヤルR-440

脚も外しました。重いはずです。なんと鉛でできてました!
フジローヤルR440

外した銘板。
フジローヤルR440

塗装を剥がすと美しい真鍮が姿を現しました。昔から古いレンジファインダーライカタイプのレンズや自転車、腕時計などを分解レストアしてますが決まって銘板や刻印が美しい。最近の機種は銘板が樹脂製だったりシールだったり残念な仕様ですがこのフジローヤルR440の銘板は感動ものです。
フジローヤルR440

新旧、大小グラインダー勢揃い。豆によって使い分ける予定です。
コーヒーグラインダー

Fujiroyal-r440

刃物を磨く12000番相当の超微粒子研磨剤でピッカピカに磨き上げた真鍮製銘板。シリアルまで刻印になっている初期型銘板はもはや芸術品レベル。後年のものや現代の銘板は印刷になってしまっているのが残念。

古いフジローヤルよりももっと古い今はなきメーカーのビンテージグラインダーも入手。この銘板はフジのものより刻印が深く素晴らしい。
ビンテージグラインダー

グラインダーレストア改造は続きます。店内では分解された進捗状況がご覧になれます。

 

 

Webfont by fontgraphic & Design by zaguricoffee

ページ上に戻る