自家焙煎珈琲とコーヒー豆販売

タグ: ギーセン

ギーセンW1A

ギーセン焙煎機始動

導入が決まってから約4ヶ月かかりましたがようやく新しい焙煎機が動くようになりました。何年か前に触ったことのあるオランダ製の焙煎機械、GIESEN W1Aです。タッチパネルで操作するそれは当時は使いこなせそうもなかったので国産のアナログ機で4年練習してからのタイミングでした。

図面を元に設置スペースの確保と架台の造作から始まりました。
ギーセンW1A図面

本体重量が150kgと小型の割には重いです。富士1kg機の倍はあります。焙煎豆量が100gから?通常は釜の半分位が適量と言われてますので1,000gの間違い?と思われるかもしれませんが後ほど100g焙煎してみます。電気は230Vですので家庭用コンセントは使えません。
ギーセンW1Aスペック

架台を作るのに1820mmx910mmサイズ針葉樹構造用合板24mm厚を3枚使いました。この板が今ではなかなか入手しづらく確保するのに1ヶ月以上かかりました。
ギーセンW1A焙煎機台

以前のBLOGで書きましたので詳細は省きますが焙煎機は台が要。頑丈になおかつ移動がスムーズにできるように作らなければなりません。
ギーセンW1A台

焙煎機台はスペースも有効に使わなければなりません。豆は国ごとに細かく分類し、5kgの豆袋が16個収納し、ストレスなく取り出し可能。収納豆や焙煎機台、昇圧機も含めて約300kgの重量に耐えられ、一人で移動できるように作りました。
ギーセンW1A台

200-240Vの純日本製小型昇圧機。これを使うと家庭用100Vコンセントでも230V機が動く魔法の箱です。エスプレッソマシンも主流は200V機ですので今ある100V機をバージョンアップする際はこれを使います。変圧機は構造から製造メーカーからあらゆる製品を調べつくしましたのでかなり詳しくなりました。国産の町工場製で、大陸製品をA×損で買って失敗した人が最初からこれを買っておけば良かったという優れた変圧器です。
200V小型変圧器

掌に乗るほどの小型ですがかなり重くて20kgはありそう。
昇圧機

こんな具合に焙煎機台の一番奥に収納できるようにスペースを作りました。配線が意外と邪魔になりますので取り回しも計算に入れてます。
小型昇圧機

設置から稼働まで日数がかかってしまった原因の一つであるガス。ガス管9.5mmだったのをガス施工会社に頼んで13mm管を増設してもらいましたがこれがかなり面倒で、焙煎機本体の仕様書や証明書も必要だったり想定外の障壁でした。その間に一部バラして塗装剥がし。フロントフェイスは全部黒塗装を剥がして金属剥き出し仕様に。
GIESEN W1A

剥がし終えた釜の蓋に合わせて様々な素材の六角ネジを発注。ブロンプトンやBSモールトン、ピストや小径車を散々軽量化改造していますのでネジは得意な分野です。ネジ専門店も回って計3回注文してありとあらゆる六角ネジを購入、おかげさまでこれまで異常にネジにものすごく詳しくなりました。GIESENのネジでお困りならぜひご相談ください。

車やバイクの塗装を剥がす業務用剥離剤を使って綺麗に剥がし終えた釜の蓋。このスチール素材に合わせるネジは3回換装、自転車のように軽さにこだわったチタン一択ではないので、形状、色ともベストなネジを選ぶことができました。チタンは色がほぼ選べません。
GIESEN釜

チャフコレクターのネジも純正ネジから雰囲気を合わせてスチール黒皮仕上げの六角ネジに。しかしいずれ本体の塗装も全部剥がす予定ですのでまた変えるかもしれません。GIESENサイドパネル

ロゴプレートの化粧ネジも純正がいまいちでしたのでシンプルなネジに。
GIESEN W1Aロゴプレート

さていよいよ試し焼きです。スペック通り100g焼いてみます。乳酸発酵系の特殊豆です。
GIESEN W1A100g焙煎

火力は最低出力である1%で焙煎。RORも常に表示されるので便利です。
ギーセンW1Aタッチパネル

1%でも火力は結構あります。
GIESEN W1A

約80gの豆が焼きあがりました。1ハゼが終わるか終わらないかのタイミングで取り出しましたが焼きムラもなく完了。ガス代を考えるとこんな少量ではまず焼かないですけど驚異的な性能です。富士の1kg機だとサンプルでよくもらう200g焙煎が苦手なのですがこれだとガンガンいけますね。火力は富士の2100kcalに対してW1は8000kcalありますので焙煎は全く別物です。しかも予熱がほぼ要りません。スイッチONでわずかな時間で焙煎スタート可能。
ギーセンW1A

ちなみにGIESENの最小モデルであるW1シリーズにはAUTO(ガス)、MANUAL(ガス)、ELECTORIC(電気)の3種類あります。当店のはW1Aでタッチパネルで制御します。ギーセンを購入の際、W1MにするかW1Aにするか迷うはずなので参考までに書いておきます。

 

W1Mは内圧調整や釜回転速度変更ができません。もし空気圧調整をしたければ空気圧を調整する装置アンダープレッシャーを別途オプションで付ける必要があります。釜回転数は変えれません。ちなみにギーセンジャパンのスペックページによると、

———–
W1A「パスカル単位での空気圧の調整、ドラム回転数の調整、火力のデジタル調整がAシリーズでは可能となっております。」
W1M「焙煎機の構造はAシリーズと同じですが、制御周りが異なっています。火力調整はメモリ付きのノブで可能です。空気圧の調整は出来ません。基本的に100%の風量での焙煎になります。ドラムの回転数は変更できません。クラシックなドラム焙煎機をイメージして頂ければと思います。」
———–

ということはW1Mは富士の3kg機的な仕様でしょうかね。金額も同程度です。

ちなみにギーセンは2021年8月に日本の代理店が変わりましてスペックなどがオープンになりました。
https://giesen.co.jp/products/giesenw1a

ちょうど良いタイミングで新しい代理店を通して設置することができ稼働までしっかりとフォローしていただきました。

フロントフェイスを金属剥き出し仕様にしたGIESEN W1A。いずれ本体全部色を剥がします。
ギーセンW1A

オランダGIESEN本社のW1Aユーチューブ動画↓。

 

GIESEN W1Aと富士1kg機やナナハン焙煎機とのスペックやコスト比較など、実際にそれぞれの機械を購入して豆を焙煎し続けてきた私だけがわかる一般的には知られることのない実戦的盛りだくさんな内容で開業者向け焙煎教室を行っています。とりあえずは初心者向け珈琲焙煎体験型カフェ教室に参加していただければニーズに合わせた講義内容で応相談。金額は店舗開業事業規模によって変動します。

珈琲焙煎体験型カフェ

ナナハン焙煎機

ナナハン焙煎機掃除

珈琲豆の焙煎機は定期的に掃除が必要です。コーヒー豆を焙煎する時は独特の油が出て、何度も焙煎していると内部に油がこびり付き想像以上に汚れてきます。チャフなども付着して排気パイプが詰まった状態に。そうするとまともに焙煎することができませんので汚れすぎる前に掃除しなければなりません。

焙煎機のファン部分の4つのネジを外し、モーターとサイクロンを切り離します。接続のリングパッキン部分が固着しているため当初外すのが大変でしたが何度もメンテナンスしているうちコツがわかり簡単にバラせるようになりました↓。
焙煎機のファン部分

焙煎機のサイクロン内部のパイプもネジを外して分解します。この写真は掃除後ですが掃除する前は茶色く油が固着した状態です↓。
焙煎機のサイクロン内部

バラバラに分解して掃除しました。ダンパー内部もかなり残念な状態ですので丁寧に掃除します。掃除する前はかなり汚れているため画像では見せれません↓。
バラバラにしたサイクロンとダンパー部分

モーター部分を外し、ファンも丁寧に掃除。こんなに綺麗になりました。以前はブラシなどで時間をかけてましたが最近は特殊な溶剤にて即効クリーンに。掃除する前の状態は汚すぎてとても写真は見せられません↓。
サイクロンのファン部分

 

サイクロン内部のパイプ類は毎回綺麗に磨きます。バフかけてますのでピカピカ。これで綺麗にチャフが飛んでくれます↓。
サイクロン内部バフかけ

最後に新品の排気ダクトを取り付けて完成。簡単に書いていますが分解、掃除、組立で半日はゆうにかかるという結構大変な作業です↓。
排気ダクト取り付け

焙煎教室を開催しています。こんな綺麗に掃除してあるベストなコンディションの機械で焙煎ができます。また、ナナハン焙煎機の分解清掃体験、受け付けます(有料〜一日がかりで店を閉店しての貸切となりますのでそれなりの金額ですが必要な方いらっしゃいましたらお問い合わせください)。

詳しくは珈琲豆焙煎体験ページを参照ください。

Webfont by fontgraphic & Design by zaguricoffee

ページ上に戻る