自家焙煎珈琲とコーヒー豆販売

タグ: オーダースタンプ

コーヒー豆袋

画期的な珈琲豆パッケージ

昨年作った珈琲豆のパッケージデザインをバージョンアップしました。焙煎した豆を販売するには基本的には最低限次の情報が全て必要です。

—————
豆の精製種類
WashedかNaturalか?
マンデリンはWashedかSumatraか?
コスタリカはWashedかYelow or Red or Black Honneyか?
—————
焙煎度合
Light Medium Dark
を目盛でcheck
—————
豆の原産国 or 品種
日本語表記&英語表記
—————
豆の状態
豆のままかドリップ用か?
—————
容量
100/150/200/400グラム
—————

以上の情報をわずか3cm角のハンコの中に収めました。

一般的にはチェーン店や資本力のある個人店ではパッケージ業者などへ何千あるいは何万枚単位(倉庫必須)で印刷ロット発注するか、小規模な個人店では自前でインクジェットプリンタやラベルプリンタあるいは手書きするのかが普通ですが当店では自前のオーダースタンプで文字(フォント)そのものから作るため豆の種類が多くてもスタンプによってコンパクトに手際よく完結します。

彫刻したコーヒー豆のスタンプ。微細な文字でもきちんと再現されています。
コーヒー豆パッケージオーダースタンプ

店内CO2レーザーで彫刻しているところ。
CO2レーザーで彫刻しているところ

新しく作った珈琲豆のオーダースタンプ。
オーダースタンプ

今のところ豆は15種類あります。いつでも追加できるようにフォーマットルーチンデータ化しており整然と美しく揃ったカタカナフォントは昭和初期のカタカナ意匠の流れを組むデザインを独自に設計しました。面白いことに歴史ある老舗喫茶店のロゴにも大東亜戦前の片仮名意匠の影響を今でも散見できます。当店の文字は日本語でありながら欧文のアセンダーとディセンダーを作り出すことによってグリフ判別できるという手法をとっています。
珈琲豆のスタンプ

無地のパッケージにスタンプしたところ。
パッケージ袋にスタンプ

豆の精製種類、焙煎度合い、銘柄日本語英語表記、豆の状態、容量(100,150,200,400g)がなんと3cm角の世界に展開されます。今までは豆の状態と容量が別表記でしたが一つにコンパクトにまとめました。マンデリンとコスタリカなど特殊な精製法の国はウォッシュトとナチュラルではなくイレギュラーで作っています。
珈琲豆パッケージラベル

珈琲豆のおしゃれなパッケージデザインは普通は印刷ロット発注やら種類やら諸々考えると在庫スペースやコストがかなりかかりますが当店の考案したこのオリジナルスタンプシステムはスタンプ代は最初にかかりますが、豆袋は好きな無地の製品を必要な時に必要なだけ買えばいいだけです。ランニングコストや在庫スペースを考えると画期的です。もしこの仕組みを使いたい珈琲豆店様がいらっしゃいましたらご相談ください。

詳しくは
オーダースタンプ
をご覧ください。

テイクアウトカップ

新テイクアウトカップ

コーヒーテイクアウトカップをリニューアルしました。これまでの4色展開から5色展開へ。ベースとなるカップはシンプルな白。様々なテイクアウトカップを試していますがたぶん今回のカップは一番のお気に入り。
テイクアウトカップ

繊細な色合いのスタンプインクで押しています。ZGRCというのはザ、グ、リ、コーヒーの頭文字。ロゴデザインも刷新しました。直線的なオリジナルフォントです。
テイクアウトカップ

背面には住所、URL情報の自前オーダースタンプ。赤ですが微妙な珊瑚色というオレンジ系のインク。1mm天地ほどの微細な文字でも潰れずにデザインしているのが特長です。この文字は新開発のフォントです。英文字のようなデザインのカタカナです。
テイクアウトカップ

黒いスタンプ。
テイクアウトカップ

茶色いスタンプ。
テイクアウトカップ

グリーンのスタンプ。
テイクアウトカップ

ピンクのスタンプ。桃色。
テイクアウトカップ

ブルーのスタンプ。藍色。
テイクアウトカップ

カップ専用の蓋も紙製で環境に優しいものです。昔の卵ケースのような優しい風合いの微妙な質感の白で美しく手触感も最高。カップは分厚いのでスリーブ要らず。
テイクアウトカップ

こんな具合に5種類の色展開。カップの内側は植物由来のコーティングでこれまた環境に優しい製品。
テイクアウトカップ

さらにコーヒーの種類もスタンプ化。今まではMTテープに手書きでした。
takeoutcup

15種類のコーヒースタンプ。磁石でコンパクトにまとまります。
マグネット型スタンプ

磁石なので適当にくっつけて、ドリップ時にカップへスタンプ。スタンプは小さくて落とすとなくしたり置き場に意外と困るものですが画期的な発明ですね。

日本語英語の2ヶ国語表記。

こんな具合に彫刻しています。小さくても美しく読める文字です。

半導体レーザー、二酸化炭素レーザーと2種類のレーザー彫刻機を使い分けます。半導体、二酸化炭素の特徴、メリットデメリット、コスト面など熟知しております。機械導入で検討、試したい方がいれば有料レッスン提供可。8,000円/時間

オーダースタンプ

領収書スタンプ

領収書スタンプ

当店のメニューの一つであるオーダースタンプは今まで既製品の領収書に押せることを前提にしていました。
領収書

今回新しくレーザー彫刻でスタンプ式の領収書をデザインしました。レーザーは今年導入した最新型二酸化炭素方式。今までのダイオード型に比べると何十倍もの速度で彫刻してくれます。

サイズは小3cmと大4cmの2サイズ展開。小さい方はなんとか書き込めるギリギリのサイズ。4cmの方は書きやすい。
領収書

既製品の領収書はあまり選択肢がないのですがメモ帳であればなんでも領収書に早変わり。こんなに領収書になるなんてまるで夢のようです。
領収書スタンプ
領収書スタンプ

領収書

スタンプ式にしたため押せればなんでも領収書になりますがメモ帳やメモパッドなどが領収書に早変わり。動画にしてみましたのでぜひご覧ください!

オーダースタンプを注文していただいた方専用の領収書スタンプ、ぜひ如何でしょうか?当店のオーダースタンプ のオプションメニューです。

オーダースタンプ

オーダースタンプ

オーダースタンプ

当店はカフェですが、オーダースタンプなどの文字を主体としたカスタム製品を作っています。本日はそのオーダースタンプの使用事例などを紹介いたします。

市ヶ谷に今年できたスイーツのお店、「TAMAGOCOCCO」さんから依頼を受けてスタンプを作りました。ロゴは既にあるとのこと、住所情報や電話などを配置して意匠化しました。
オーダースタンプ
完成したのはこのように3cm角のゴム印。正確にはシリコン製レーザー彫刻スタンプ。

オーダースタンプデザイン
内容を元に30mm角の中に配置してデザインしました。

オーダースタンプの文字
スタンプは非常に小さな文字で作ります。画数によっては漢字は潰れてしまうためこのように簡略化します。

オーダースタンプ用フォント
読める範囲にて略字化。フォントはオリジナルで作っているFGミライゴシックベース。通常、スタンプを作る際は手描きあるいは既存のフォントをライセンスをクリアした上で製品化しますが、当店は文字そのものからレタリング&フォント化しているため独自の微細で繊細なオーダースタンプを作ることが可能です。

オーダースタンプ印影
英文字で1mm、漢字で約2mmという小ささ。

オーダースタンプでコーヒー豆パッケージ
これは当店での使用事例。コーヒー豆の茶袋に店名情報などをスタンプ。

オーダースタンプでショッピングバッグ
コーヒー豆などの商品を入れるショッピングバッグにスタンプ。

コールドドリンクにオーダースタンプ
なぜ、30mm角なのかという実例。アイスコーヒーなどのコールドドリンク類のテイクアウトカップにスタンプ。市販の40mm角丸型シールにちょうど収まるサイズなのです。

スリーブにスタンプ
ホットコーヒーなどのテイクアウトカップのスリーブにスタンプ。

ショップカードにオーダースタンプ
厚紙に押印してショップカードとして。

名刺にオーダースタンプ
ボードにスタンプして名刺代わりにも。

丸い紙にオーダースタンプ
黒い厚紙を丸くカットして白インクでスタンプ。

オーダースタンプでショップカード
地図を彫ってショップカードとして。

領収書印としてオーダースタンプ
なぜ、30mm角なのかという実例。市販の領収書全てにちょうどバランスよく押せます。

以上、パッケージの印刷代、カード類、領収書にも使えることを考えると恐ろしくコスパ高し。

オーダースタンプ事例
オーダースタンプは文字だけでなくイラストなども可能です。

オーダースタンプ印影
この細かさをご覧ください。文字の画数と骨格の太さ、紙の繊維、表面の状態、インクの種類、ゴムの圧力、日々の使用用途と印影を考慮するとほぼ限界かもしれません。

当店は多くの文字遺産資料を保有しています。パソコンのパの字やワープロも存在しない昭和初期頃には既に紙への印字の限界まで挑戦した超絶職人が幾人も存在していました。マッチ箱の大きさに百人一首を全文字書かれた印刷物もあります。そうした資料をリスペクトしつつも現代の技術を融合させた商品がオーダースタンプです。
謄写版
この画像は水谷清照発行の頁の一部、小針美男作の美しく微細な2mm角本文組手描き文字はとても人間技とは思えない芸術作品。昭和20年代。昔は上手に文字が書けないとデザイナーになれなかったのです!

オーダースタンプの価格や注文方法などはオーダースタンプページをご覧ください。

オーダースタンプ

オーダースタンプ

当店のメニューの一つである「オーダースタンプ」。これまでいくつか注文いただいてまして、基本的にはカタカナでの表記でしたが、この度漢字にも対応しました。

オーダースタンプ

3cm角のシリコンゴムにレーザーで彫刻しますが2ミリ程度の極小サイズの文字の漢字ともなると画数が多いのは物理的に限界があるため、避けてきましたが漢字そのものを簡略化して作ることにより綺麗にスタンプ表示可能です。

オーダースタンプ

高円寺の美容院さんから注文いただきました。「東京都」、「高」の漢字を簡略化し細かいサイズでの押印可能に。

 

オーダースタンプ

美容院の名刺代わりの他、領収書印やショップカードなどでの流用可。

簡略漢字フォント

スタンプ用のデータを詳細に作り込むことにより、下手な活版印刷よりも綺麗なゴム印ができます。フォントそのものから作っている当店独自の商品となっております。

この商品は非常に細かい文字表現となりオリジナルフォントをベースにデザインしているため、持ち込みデザインには対応しておりません。その場合はお見積りとなります。

オーダースタンプの価格や注文方法などはオーダースタンプページをご覧ください。

阿佐ヶ谷カフェ「ザグリ」オーダースタンプ

一日フリマに参加しました。

2016.12.10:学芸大学BOOK AND SONSにてフリーマーケット出展しました。

古いカメラや電卓、オリジナル文具やカスタム文具、手作り名刺スタンプ提案などを出店。

その中で大変好評だったオリジナル名刺スタンプサービスのご案内です。マンツーマン形式でご来店のお客様へのカスタムオーダー名刺です。珈琲一杯サービス付き。

詳しくはザグリ来店時にお尋ねください。

各種紙材名刺

 

BOOK AND MARKET
http://bookandsons.com/blog/shop-info/book-and-market-2016.php

Webfont by fontgraphic & Design by zaguricoffee

ページ上に戻る